資金繰り

資金操りの基礎知識!会社の倒産を防ぐために経営者が把握するべき資金操り管理

資金繰りと危機回避のテクニック

会社の規模が大きくなるのはそれだけ利益が出ている証明でもあるので誰もが安泰だと思うでしょう。

しかしそのような状況でも倒産してしまったというケースがあるのも現状です。 原因はいくつかありますが、その一つに資金操りの失敗が挙げられます。

会社が倒産するかしないかの分かれ目になると言っても過言ではありません。

今回は会社の経営にすごく重要な資金操りについて解説していきます。

資金操りとは?

会社を設立して経営するとさまざまな利益を得られますので多額のお金が入ってきます。 しかし利益を得るためにかかる経費もありますので出ていくお金もあります。

入ってくるお金と出ていくお金を上手にコントロールして会社の経営状態が赤字にならないようにすることが大切です。

このお金を管理することを資金操りと呼ばれていて会社経営でしっかりしなければいけません。

資金操りをしっかりしていればお金の出入りを常に把握することができますので経費が高くついたときでもスムーズに対応することができるのです。

経営状態が良い会社は資金操りをしっかりしている傾向がありますのでこれから会社を設立しようと考えているなら意識してみて下さい。

資金操りとキャッシュフローの違いとは

資金繰りが厳しい理由が重要

資金操りに関する用語はいくつかありますが、キャッシュフローという言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

キャッシュとはお金、フローとは流れという意味ですので簡単に言うとお金の流れになります。

資金操りは会社のお金の出入りを管理していくものですので同じようなものにも見えます。

しかし資金操りとキャッシュフローは違いがありますので注意しなければいけません。

実際にどのような部分が違うのか解説していきます。

リスク管理があるかどうかが違う

資金操りとキャッシュフローは会社のお金の流れを把握することでは共通しています。

しかし資金操りはお金の流れを把握して出費に対応できないことがないようにやり繰りすることも含まれています。

キャッシュフローに関してはお金の流れを把握することを意味しています。

リスク管理の有無が違いと言えるでしょう。

会社の未来を考えているかどうかが違う

資金操りはお金の流れを把握して出入りを予測していきます。

今までの実績だけでなく今後、どのようにお金をやり繰りをしていくかも考えられているのです。

キャッシュフローはお金の流れを把握して結果を報告するものですので未来より過去の実績と言えます。

そのため会社の未来を考えられているかどうかも違いになります。

資金と利益の違い

資金と利益は資金操りの際に会社にお金が入ってくるイメージを持たせる用語と言えます。

確かに同じような意味で捉えてしまう会社の経営者も少ながらずいます。

しかし違いがあるのでしっかり把握しておかなければいけません。

経営面で重要になってきますので違いについて解説していきます。

利益は会社が儲けたお金

会社に入ってくるお金は営業活動によって生み出された売上の他に配当金などもあります。

その際に経費がかかりますので出ていくお金もあります。

会社に入ってくるお金から出ていくお金を差し引いた金額が儲けとなります。

この儲けた金額を利益と呼ばれていて多ければ多いほど会社の業績が良いと言えるでしょう。

資金は事業に必要なお金

資金は会社が事業を進めるために必要なお金です。

事業を始めるときは開業資金、事業を継続するときは運転資金が必要になりますが、これらが該当します。

そのため利益が出ている会社でも資金が不足すると事業を進められなくなり急転して赤字になる可能性があります。

会社を経営していくときは資金不足にならないようにすることが大切です。

黒字倒産とは?起こらないようにするための対策

損益計算書では黒字でも倒産してしまう会社があります。 このケースは黒字倒産と呼ばれます。

これはお金の仕組みによるものですのでしっかり把握することで理解できます。

ここでは黒字倒産が起こる理由と注意したいポイントを解説していきます。

資金不足が黒字倒産を引き起こす

商品の売買やサービスの提供などで利益が出ると会社にお金が入ってきます。

順調に売上があって利益が出ている状態でも注意するべき点があります。

それは、手元現金が不足しないかどうかです。

通常、収入と費用の入出金のタイムラグがあるため、売買取引のお金の受け渡しが完了するまでの間に資金不足が発生する可能性があります。

商品やサービスを販売する時、商品を用意するために仕入れなどの費用をかけて、商品を売って販売代金を受け取ります。

法人間の商慣習として、お金の受け渡しは現金ではなく売掛金が多いため、販売代金は1ヶ月から3ヶ月ぐらい後になります。

これは帳簿上で売上が計上されても、手元に現金がない状態です。

この時に、仕入れなどの費用を支払うための現金を用意できていれば問題ありません。

しかし、費用を支払う必要がある時にその分のお金を調達できない場合は資金不足となります。

売上げは後から入る予定でも、出費が多くなって支払いできなくなると資金ショートの状態で倒産に追い込まれてしまいます。

このように売上げがあって帳簿上は黒字でも、手元の資金不足が発生するケースの場合、黒字倒産となります。

自己資本比率が低くならないように注意

倒産する確率が高い会社が自己資本比率が低いと言われています。

一般の企業が資金調達をする場合は株主からの出資と銀行など金融機関からの借入が基本です。

自己資本比率が低い会社は出資より借入の方が多い状態になってしまっています。

そのため黒字倒産が起こらないようにするには借入の割合を減らして負債を少なくすることが重要なポイント。

そうすることで自己資本比率が高くなり黒字倒産のリスクを回避することができます。

資金操りの悪化はどのような原因がある?

営業活動や商品開発などに力を入れていると周囲が見えなくなることも少なくありません。

そのため資金操りが悪化していても気づかないことがあります。

実際に支払いをしなければいけなくなった時に資金が不足していることに気づくと慌ててしまいます。

3か月後までの支払いが可能な状況であれば正常に資金操りが行われていると言えるでしょう。

しかし3ヶ月先の資金繰りが難しい状況の場合は注意しなければいけません。

資金操りが悪化する原因をいくつか挙げていきますので該当している場合はすぐに改善しましょう。

最大の原因は赤字経営

会社の経営状態が赤字になっている時は利益が低下しています。

そのため会社に入ってくるお金も少なくなってしまうため、必要な資金を調達しなければいけません。

長期間続いてしまうと資金がどんどん減ってしまいますので自然と不足してしまいます。

資金操りの悪化を防ぐには経営を黒字化させることが大切です。

売上を伸ばすだけでなくコスト削減にも力を入れると効果的です。

以下が基本的な改善方法です。

  • 無駄な人員や経費を削減
  • アウトソーシングの活用
  • 仕入コストを下げる

このような部分を実践するとコスト削減できますので資金操りの悪化の改善にも繋がっていきます。

投資に失敗

会社の利益を上げるためにさまざまな投資をすることもあるでしょう。

設備投資、不動産投資などをして実際に多額の利益を出した会社も少なくありません。

しかし失敗してしまうと資金不足に陥るリスクもあるので注意しなければいけません。

  • 設備投資:商品の売上の確実性を確認してから行う
  • 不動産投資:空室が多くならないように行う
  • 投資をする際は借入をしない

このような点を意識すると投資で失敗する可能性を下げられますので資金操りが悪化するのも防げるでしょう。

売掛債権の貸し倒れ

会社が事業を進める時はクライアントと取引をすることが多いです。

しかし取引の最中にクライアントが倒産、音信不通になるなどの事態になることもあり得ます。

そのためコストはかかっているけど会社にお金が入ってこない状態になり資金不足になってしまうのです。

  • 取引するクライアントの与信審査を実施
  • 売掛金の状況を常に管理
  • 売掛金回収の強化

このような部分を徹底しておくことで対策することができますので意識してみて下さい。

条件が悪い借入をしている

事業継続のために多額の資金が必要になることがあります。

そのため借入をしなければいけない状況になることがあるでしょう。

しかし条件が悪い借入をしていると返済が多くなりますので自然と資金が減ってしまいます。

  • 金利の引き下げ
  • 返済期間な見直し

このような部分を改善していくことで条件の良い借入が出来るようになります。

資金操りが悪化するのを防ぐことにも繋がっていきますので意識してみて下さい。

資金操りの管理がいい加減

資金操りが正常な会社は管理をしっかりしています。

資金操り表を作成してどのようにすれば悪化しないかを常に考えているのです。

逆に資金操りが悪化している会社は管理がいい加減な部分があります。

現在どのような状況になっているのかを把握していないため危機的な状況になったときに初めて気づくのです。

※資金繰りが苦しい状況を未然に防ぐための方法をチェックしておきましょう。

>>資金繰りが苦しい状況を未然に防ぐ方法

資金操りの管理方法は?

正常な資金操りをしていくには会社のお金の収支のバランスを確認することが大切です。

会社のお金の収支のバランスは資金操り表を作成することで確認することができます。

資金操り管理について見ていきますので参考にしてみて下さい。

資金操り表の重要性

会社の経営状態が赤字になっていても資金があれば対応できますので倒産することはありません。

逆に黒字になっていても資金が不足しているとすぐに対応できませんので倒産することもあり得ます。

黒字倒産が起こるのを回避するために資金操り表を作成して確認しておくことが重要なのです。

作成しておけば資金が底をつく前に対策できますので安全な会社経営に繋がっていきます。

資金操り表の項目について

資金操りは会社のお金の流れを把握することですので資金操り表の項目は大きく分けると収入と支出の2つです。

さらに細かく分けると以下のようになります。

収入

  • 現金売上
  • 売掛金回収
  • 手形期日入金
  • 手形割引
  • 借入金
  • その他(受取利息、配当金など)

支出

  • 現金仕入
  • 買掛金支払
  • 支払手形決済
  • 人件費
  • その他経費
  • 支払利息
  • 固定資産購入
  • 借入金返済
  • その他支出

資金操り表の作成方法は?

資金操り表を作成する時はいろいろと手間がかかり難しいイメージを持つかもしれません。

しかし資金操り表を作成する目的などを理解していればそれほど難しいものではありません。

最近では今まで作成したことがない人に作成させている会社も増えてきています。

資金操り表を作成する時のポイントをいくつか挙げていきますので参考にしてみて下さい。

収支の内訳を分かりやすくする

資金操り表は項目を大きく分けると収入と支出になります。

しかしこれだけでは収支の内訳が分かりません。

そのためなぜ月ごとにプラスになったりマイナスになったりするのか予測するのも難しいです。

資金操り表はお金の流れをしっかり把握するものなので収支の内訳を分かりやすくすることが大切になってきます。

以下のように分けると分かりやすくなります。

  • 経常収支(事業による収支)
  • 設備収支(設備の投資や売却)
  • 財務収支(金融機関からの借入や返済)

多桁式出納帳に整理する

会社の資金は現金、普通預金、当座預金などさまざまな形で出入りします。

そのため帳票を別々にしなければいけなくなり見にくくなってしまうことも少なくありません。

会社の資金の流れを把握するためには見やすさも重要になってきますので一体となった帳票をした方がいいです。

現金、普通預金、当座預金のそれぞれの出入りを記録した帳票を一体化した多桁式出納帳に整理すると見やすくなりますので管理も楽になるでしょう。

経営計画を明確にする

資金操り表は実績表だけでなく予定表も作成する必要があります。

予定表を作成するためには今後、会社がどのような方向に進んでいくのか決めておかなければいけません。

そのため経営計画を立てて明確にしておくこともポイントの一つ。

  • 今後3ヶ月ぐらいは忙しくなるので〇人増員する
  • 新しい商品の生産のため〇月に設備投資をする

このような形で計画を立てておけばスムーズに作成することができます。

各部署と情報を共有しておく

資金操り表を作成するときは各部署にも聴取する項目があります。

そのため情報を共有しておけばスムーズに作成することができます。

逆に情報を共有していないと作成するのに手間がかかってしまう可能性があります。

各部署との関係性を良くしておくことも必要でしょう。

※資金繰りが厳しいと感じた時の対策と4つの改善方法はこちらより

>>資金繰りが厳しいと感じた時の対策と4つの改善方法とは?

常に資金操りを意識することが大切!

ワークスタイルの多様化により会社員から起業する人が増えてきています。

実際に経営者として新たにスタートする人もいるのではないでしょうか。

しかし会社員から起業する場合資金操りに関してあまり意識していなくていろいろな問題に直面することも少なくありません。

売上を伸ばすことばかり考えてしまうのが要因ですが、注意しなければいけません。

会社の経営には資金操りは欠かせないものですので常に意識して資金不足にならないようにしていきましょう。

※資金繰りのための方法として最適なものを選ぶのが大事です。

>>28種類の資金調達方法はこちら

資金繰り関連記事一覧

資金繰りが厳しい時の対策と4つの改善方法!&支払いの優先順位

sikinguri-kibisii

資金繰りが厳しいと感じた時にどうしたらいいでしょうか?精神的に追い込まれてしまう可能性もありますので、まずは平常心を心がけて対策を検討しましょう。ここでは、資金繰りが厳しい時の対策について詳しく解説します。資金繰りが厳しいと感じた時は原因を把握しよう!事前に資金繰りの備えをした上...続き

資金調達方法3つのファイナンスとメリット・デメリット

sikintyoutatu-houhou-fainance

「事業拡大に伴う追加投資」・「売掛債権の流動化」・「金融機関の評価スコアの向上」など資金調達に迫られる理由は様々です。資金調達方法として銀行からの融資やビジネスローンの利用が知られていますが、実はこれ以外にも資金調達方法は多く存在します。事業者間の生存競争が激化する現在、1つでも...続き

イベント成功のカギを握るのは資金調達!イベントの資金調達方法とは?

sikintyoutatu-ibento

日本にもイベントカルチャーが定着したと言えるほど全国各地で季節を問わずさまざまなイベントが開催されるようになりました。イベントを主催する経験が身近になったと言える時代です。イベントオーガナイザーとなる以上は主催するイベントを成功させたいと思うものですが、イベントプロデュースの専門...続き

資金繰りサポートを行うコンサルタントとは?深い知識と豊富な経験で力強くサポート!

ikinguri-konsarutanto

事業運営を行っている方にとって事業資金の資金繰りは永遠のテーマだと言えますが、なかには「資金繰りがうまくいかない」と頭を抱え四苦八苦しながら資金繰りを行っている方もいるのではないでしょうか。経営者の肩に重くのしかかる会社存続のための資金繰りをサポートし、時には事業運営方法の改善点...続き

起業時や起業後にはお金の問題が山積み!起業とお金の関係とは?

okane-kigyou

起業・独立するには起業資金・設備資金・運転資金などのお金が必要です。また、それらのお金とは別に生活を維持する生活のためのお金も必要です。個人起業も法人設立での起業も起業直後から軌道に乗れないケースは多々ありますが、起業・独立後は全てのお金を自分で賄う必要があり起業にはお金の問題が...続き

増資による資金調達は本当に有効な手段?新規株発行で資金調達を行う増資とは?

sikintyoutatu-zousi

事業規模拡大の際の資金調達手段として「金融機関からの融資」と「新規発行株による増資」などの手段が挙げられます。融資に対しては返済義務が発生するのに対し新たに発行した自社株の販売で資金調達を行う増資には返済義務がなく、経営者にとって増資は魅力的な資金調達手段に映るのではないでしょう...続き

資金調達成功のカギは調達手段の比較・検討!業態や事業規模別の最適な資金調達手段とは?

sikintyoutatu

資金繰りに追われない安定した事業運営の実現には、円滑な資金循環による健全なキャッシュフローの維持が必要です。円滑な資金循環には必要に応じた資金調達が求められ、資金調達は経営者にとって重要なテーマだと言えます。資金調達手段はアセットファイナンス・デッドファイナンス・エクイティファイ...続き

借金で補うのがベスト!効果的な企業資金と起業直後の運転資金調達とは?

kigyou-syakkin

起業し独立を目指す人口は年々増加していますが、自己資金のみでの起業は簡単ではなく「いかにして起業資金を調達するか」が起業する際の大きな障壁だと言えます。しかし現在はさまざまな資金調達手段が存在し、以前よりも起業資金調達に多様性が生まれたことが起業志向の高まりを後押ししているのでは...続き

事業生命を左右する?健全なキャッシュフロー実現には資金繰りの管理が欠かせない!

sikinguri-kanri

円滑に事業運営を行うためには常に「健全なキャッシュフロー」を保ち続ける必要がありますが、起業直後や業績が芳しくないなどの理由で資金繰りに頭を痛めている方が少なくないのではないでしょうか。資金調達を行うにしても少しでも有利な条件の資金調達手段を選択するためには、時間的余裕が欲しいも...続き

運転資金の確保にお困りではないですか?

  • 支払いサイトが長いため資金のやりくりに苦慮している…
  • 売掛金を少しでも早く回収をして運転資金にあてたい…
  • 急な支払いが発生したため運転資金が足りなくなりそうだ…
調達可能な目安額をかんたん無料診断

御社が調達可能な目安額をかんたん無料診断!!

日々、全国各地の社長様がぞくぞくと診断中!!

  • 診断数700件超
  • ご相談件数No.1

下記フォームの項目を選択して送信するだけ!
いますぐ無料診断をお試しください。

5秒でわかる!

かんたんな質問に答えるだけで、いくら資金調達できるかすぐ分かります。
10万~3億円の事業資金を最短即日で調達可能です。

【無料】資金調達金額を診断する

プライバシーポリシーはこちら

今すぐお金が欲しい!資金調達診断