資金調達ガイド

徹底解説!キャッシングとカードローンの違い

 

キャッシングとカードローンとでどのような違いがあるのか疑問に思ったことはないでしょうか。

現在では多くの場合、ほぼ同一のもの、類似したもの、という旨の解説がなされる場合があります。

結論としては、クレジットカードを用いた借入のことをキャッシング、融資機関からの借入することをカードローンと呼ぶのが適しているといえるでしょう。

とあるカードブランドでは、カードローン専用と、クレジットカードを用いたキャッシングを明確に区別しています。

このキャッシングとカードローンとの違いについて解説していきます。

キャッシングとカードローンとの違いの概要

キャッシングとカードローンについて、実質同様のものと解説しているサイトも多いですが、事実その両者には共通点が多いのも事実です。

前置きしたようにクレジットカードを用いた借入のことをキャッシング、融資機関からの借入のことをカードローンと称します。

しかし、いずれの方法もカードを用いて借入する点では共通しています。そこで、両者の違いをもう少し詳しく見ていきましょう。

キャッシング

クレジットカードにはキャッシングと呼ばれるものが機能として附帯しています。

そもそもキャッシングとは、クレジットカードのキャッシング機能を用いて借入をすることを指します。

クレジットカードを申し込む際に、キャッシングを付けるか否かを選択できるのが通常ですが、申込み当初に付けていなくても手続をすることによってキャッシングが可能になります。

キャッシング機能で利用できる金額のことをキャッシング枠と呼び借入の限度額を意味します。

このキャッシング限度枠は審査時点で確定しますが、審査結果が良ければ良いほどキャッシング限度額は高くなります。

キャッシング枠があれば、その限度額の範囲内で提携ATMや銀行振込などで随時借入が可能になります。

よって、キャッシングは、キャッシング機能のあるクレジットカードさえあれば急遽資金が必要になった際に即時に借入可能です。

そして、海外旅行中に現金がなくなった際にもこうしたキャッシング機能が役立ちます。クレジットカードがあれば、海外でキャッシング可能な提携ATMさえあれば借入可能です。

なお、通常、海外で現金を調達しようとすれば両替をしなければなりません。その場合は手数料が必要ですが、キャッシングの場合はこの手数料が安いため、海外では両替よりもキャッシングのほうが圧倒的に便利といえます。

海外に頻繁に訪れる人であれば、キャッシング機能のあるクレジットカードはとてもオススメとなります。

従来のキャッシングの返済方法は、借入した月の翌月に一括返済することが通常でしたが、現在では分割返済に対応しており、元金及びこれに応じた利息を口座引き落としによって支払うことが可能です。

そして、繰り上げ返済も可能ですので資金に余裕がある際には積極的に返済していきましょう。

キャッシングはクレジットカードに付帯されている機能ですが、本来はショッピング枠がクレジットカードのメイン機能になっています。

ショッピング枠とは、現金を用意していなくても買い物が可能になるというもので、分割返済か一括返済かを選択できるというメリットがあります。

クレジットカードによっては、ポイントの付与やその他のサービスがつく場合があります。

このようにクレジットカードは現金がなくてもショッピングが可能であったり、借入ができるなど幅広い用途があり、その点がカードローンとの違いです。

カードローン

カードローンという言葉は、貸金業法改正により消費者金融などのノンバンクに対して上限金利が引き下げられるとともに、貸金業法により総量規制が法定されたために、貸金業法の適用を受けない銀行によって従来消費者金融が行ってきた無担保融資であるキャッシングに銀行が乗り出してきたことに由来しています。

つまり、カードローンという名称は銀行によるものなのです。

実際、銀行では「◯◯カードローン」という名称を謳っていることが多いです。

カードローンといいつつも、その利便性から機能としては従来のキャッシングに近いものといえます。

なぜなら、銀行が個人を対象とした担保なしの融資を行うようになった理由には、もう一つ大手の消費者金融を傘下にしていることも大きいといえるからです。

個人を対象とした融資方法が得意な消費者金融のノウハウを獲得したともいえます。

また、こうした事情を受けて、消費者金融も銀行同様に従来のキャッシングをカードローンと自称するようになってきました。

そのため、より一層キャッシングとカードローンとの線引きがあいまいになってきているといえるでしょう。

カードローンは、銀行や消費者金融などの金融機関から担保なしで借入することを指し、発行されたカードを用いてATMや銀行振込を利用することによって借入可能です。

カードローンではデフォルトで分割返済できるほか、資金に余裕がある際に返済日前に繰り上げ返済を行うことも可能です。

無論のこと、一括返済もシステム的に不可能ではありません。

そして、カードローンはその時点での借入限度額の範囲内で、何回でも借入や返済が可能であり、キャッシングと比較してもフレキシブルであることが特徴です。

限度額以内であれば、随時ATMなどを用いて借入が可能です。

借入の際には、ATM以外にもキャッシュディスペンサーや窓口を利用しての借入も可能です。

カードローンはクレジットカードと比較すれば低金利といえます。上限金利では大差ないものの、下限金利では明確に違いがあります。

キャッシングでは、キャッシングでの借入の他、ショッピングでも使えます。また、諸々のサービスが充実している点も特徴ですが、金利についてはカードローンのほうが優越しているといえるでしょう。

しかし、借入限度額が低ければ、適用される金利はキャッシングと異なるところはない場合が多いようです。

金利面のほか、限度額が高額であることがカードローンのメリットです。

消費者金融でも何百万円にも上りますが、銀行であればトップクラスのもので1000万円の場合があります。

それに対してキャッシングの借入限度額は、多くとも50万円に留まるのが通常です。

そのために、結果としてカードローンの資金使途のほうが幅広いというわけです。

何らかの事情で大金を要する場合に適しているのがカードローンです。

ただ、カードローンは消費者金融や無人契約機から受ける印象から悪いイメージを持たれている場合が多いようです。

現在では、従来に比べてそのような印象は払拭されつつありますが、人によってはカードローンに従来の印象どころか、さらなる憶測を有している人もいないではないために、カードローンが即刻借金と思い込まれてしまいます。そのために、安心感という観点からはクレジットカードのほうが良いという考え方があります。

カードローンの特徴として、そのほか細かい点としては、遅延損害金がクレジットカードに比べれば低い傾向があります。

キャッシングとカードローンとで借入方法や返済方法の違いはあるのか

キャッシングとカードローンとでは、一体どちらが適しているかを見極めるためには使い勝手の点から検討してみることも重要です。

その使いやすさにつき、借入時点と返済時点とに分けて考えてみましょう。

・キャッシングの借入方法

キャッシングでは、提携ATMかキャッシュディスペンサーを用いて借入金額を引き出します。提携ATMを使うのはカードローンでも同様です。キャッシングでは借入金額に応じた若干の手数料を要する場合が多いです。

これ以外には、電話連絡やインターネット上からの申し込みによって振込依頼をする方法があります。この方法であれば手数料がかかりませんからオススメです。大手のクレジットカード会社であれば、この方式に対応しているようですね。

・キャッシングの返済方法

キャッシングの返済方法には、大きくわけると一括払いとリボ払いとに分かれます。一括払いは、借入した日から締切日に至る借入金額と利息に相当する分を、その翌月に口座引き落としされるというものです。

これに対してリボ払いとは、都度借入残高によって返済額が決定されるというもので、決まった額が口座引き落としされます。

このリボ払いの特徴としては、一括払いに比べて支払の負担が軽減される分、返済が長期化します。なかなか完済に至らないばかりか借入総額がふくらんでしまうことが懸念されますので注意が必要です

当然ながら、一括払いを選択しておいたほうが利息の支払を極力抑えることが可能です。

なお、借入当初にリボ払いを選び、一括返済できるような収入が生じた際に完済する手段もあります。

どのようなクレジットカード会社でも繰り上げ返済は可能ですので、一括返済ではないとしても早めにできるだけ多くの金額を返済するようにしましょう。

・カードローンでの借入及び返済方法

カードローンでは、キャッシングと同様の借入手段に加えて、各業者の実店舗にて用意されている専用のATMを用いた借入も可能です。

カードローンのうち、消費者金融であれば自動契約機の傍にあるか併設してあるために、審査に通過しカードをもらい受け次第、即座に現金を手にすることが可能です。

この専用ATMは、一部の業者は24時間対応しているほか、それ以外であっても早朝深夜を除けば利用可能です。

他方、銀行による専用ATMは、平日の営業時間近辺の時間帯であれば手数料無料であるものの、土日祝日などの対応時間外の場合、手数料が必要です。

カードローンでも提携ATMがあります。銀行やコンビニなどに設置しているATMを用いることになりますが、提携しているATMは各社に応じて異なります。

カードローンでは、インターネットバンキングによって借入や返済を口座振込によって依頼できる場合が多いです。

インターネット上では、各取引状況などを把握することも可能です。インターネット上での手続であるために、場所を問わず24時間対応可能です。

キャッシングとカードローンでの金利の違い

キャッシングとカードローンとでは、金利が異なります。特に下限金利では顕著です。しかし、消費者金融に限っていえば上限金利のみに照らせば大差ないのです。

この点、カードローンで借入できる金額は、審査によって大きく左右されてきますのでクレジットカード同様の金利が適用されることがほとんどです。

しかも、初回借入時には概ね上限金利が適用される借入額になるのが通常です。

キャッシングでは借入限度額が50万円程度ということもあり、低金利で借入することは難しいといえますが、カードローンであっても当初は数十万円しか借入できないこともあり、キャッシング同様の金利である上限金利が適用される傾向が多いです。

銀行の扱うカードローンであれば、上限金利は低いものの、審査が厳格であったり時間がかかってしまいます。

金利の安いショッピング枠

クレジットカードには、キャッシングのほかにもショッピング枠が存在しています。

ショッピング枠の金利は、銀行カードローンのそれと比較しても大差ありません

分割返済する分利息が生じるのはキャッシングやカードローンと同様ですが、一括返済であれば手数料がかかりません(分割返済2回まで手数料不要のクレジットカードもあります)。

無論のこと、3回以上の分割になると利息が生じるのが通常です。リボ払いに充当する金額が多ければ多いほど利息が高額になってきます。なので、さほど大金でない買い物であれば分割返済せずに一括返済したほうがいいでしょう。

最後に

現在ではカードローンとキャッシングとの違いはほぼないといっても過言ではなく、クレジットカードを用いた借入のことをキャッシングと称するのが相当かも知れません。しかし、キャッシングという言葉に慣れ親しんだ世代にとっては、カードローンよりもキャッシングのほうがしっくりくるかもしれません。

キャッシングとカードローンのいずれも特徴的なメリットとデメリットがありますから、これらを踏まえた上で巧みに利用することを心がけましょう。

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

こんなお悩みを抱えてはいませんか?
こんなお悩みを抱えてはいませんか?
  • 今すぐに1,000万円の事業資金が必要…
  • つなぎの資金を調達したい…
  • だれに相談すれば良いのだろう…

そんな経営者さまでも大丈夫!!
10万~3億円の事業資金を
最短即日で調達可能です!!

今すぐに資金繰りを改善しませんか?
あなたの資金調達可能金額はいくら?

今すぐかんたん無料診断!!
【無料】資金調達金額を診断する

無料診断後、あなたに最適な
資金調達可能の優良企業をご紹介させていただきます。
もちろん、手数料など一切の費用は要りません!!

今すぐお金が欲しい!資金調達診断