ビジネスローン

ビジネスローン(事業者ローン)とは

銀行融資がおりない、審査が通らない、という場合でも別の資金調達方法があります。

特に最近は事業者ローン(ビジネスローン)のサービスが充実してきていますので、法人企業の資金調達方法の1つとして確立してきました。

ビジネスローンは、銀行融資の審査に通らない中小企業などの金融の補完として、資金調達に苦しむ経営者のために融資を行う重要な役割を担っています。ビジネスローン会社はリスクなどを金利に上乗せしますので、銀行融資と比べると資金調達コストが上がる点はデメリットです。一方、審査が柔軟で融資まで早い点や無担保・無保証人で融資が可能な点はメリットと言えます。特にここ数年でビジネスローンに対する経営者の意識も良くなり利用者も増えてきました。使い勝手の面からも上手に活用すれば効果的な資金調達手段になってきました。

元々、事業者ローンとビジネスローンは厳密には違いがあり、区別されていましたが、最近は厳密に区別せずにビジネスローンという言い方が浸透してきたようです。ここでは主にビジネスローンとして記載します。

ビジネスローンは、経営者や個人事業者を対象としたローンで、無担保、第三者の保証人なしで融資を受けられる資金調達方法です。

ビジネスローンは、事業者向け貸金業者による「中小規模事業者」「自営業者」を対象に、不動産などの物的担保を取らずに、小口・短期で融資を行うサービスです。ビジネスローン会社は、銀行から一旦低利で資金を受けた上、これに一定の利ざやと貸し倒れのリスクを見こんで金利を設定し、中小企業に融資を行っています。

ビジネスローンの注意点

  • 金利が高めに設定されている
  • 利便性が良く、審査結果が出るのが早い
  • 資金の使用用途が限定されない場合もある
  • 無計画に長期利用すると、利息が膨れ上がる可能性がある

ビジネスローンの上手な活用方

  • 事業が好調になった時には、真っ先にビジネスローンの追加返済を行う
  • 短期融資と短期返済を繰り返すことで、無用な利子の増加を防ぎつつ利用する
  • ローンカードは携帯せず、必要な時のみ必要最低金額にて利用する

ビジネスローンの審査から契約の流れ、メリットなどビジネスローン総まとめ

自営業者や中小規模の会社を経営する方にとって事業資金をどのように確保するかは頭の痛い問題です。銀行からの融資よりも利率が高いものの、比較的審査がシンプルで早期の融資が見込めるビジネスローンの利用が有効な場合があります。

比較的融通が利きやすいビジネスローンは事業資金の確保に使いやすく、決算が赤字であっても融資を受けられる可能性があるなどメリットが多く存在します。事業資金調達に頭を悩ませる自営業者や会社経営者のためにビジネスローンの詳しい内容や審査に通過するポイント、契約の流れなどを紹介します。

人気の事業者向けローンはこちら
⇒ビジネクストの詳細ページへ

ビジネスローンの特徴とは?

ビジネスローンは銀行の事業融資より利息が高く、審査は単純化されているのが特徴です。

銀行は未回収リスクを避けるため、融資審査の際に綿密な事業計画の提出を求め入念に審査を行います。

審査を厳しくし未回収リスクを未然に回避することで低金利が実現可能となりますが、突発的な資金調達には不向きであると共に、銀行からの借入は使用用途が限定的であることから利用する事業資金の幅が広い場合は使い辛い側面もあります。

ビジネスローンの審査は事業計画ではなく「決算書」の内容などから融資の可否を判断し、融資に対する返済能力があり事業を継続できるかどうかを焦点に審査を行う傾向にあります。

このため審査は短時間で済むケースが多く、即日融資が可能なビジネスローンも存在します。

また、利用用途の範囲を広くすることで積極的な借入を促しています。

積極的な借入を促すと、どうしても未回収リスクが生じてきます。

ビジネスローンの利息は貸し倒れが生じることをあらかじめ織り込んだ設定が行われるため、銀行融資よりも高金利となっています。

ただし、ビジネスローンでも銀行系金融機関が運営するサービスと消費者金融のノンバンク系のサービスでは内容が異なります。

審査が厳しいほど利息が低く抑えられるため、マネースケールにあわせて利用することが重要だと言えるでしょう。

ビジネスローンと事業者ローンの違いとは?

ビジネスローンと事業者ローンの違い

一般的にノンバンク系列が運営するローンを「ビジネスローン」と呼び、銀行系の会社が運営しているものを「事業者ローン」と呼んで区別する傾向にあります。

自営業者や中小企業経営者など事業を営む方に向けたローンという事もあり、事業者ローンの使用用途は事業に限定されているものがほとんどです。

ビジネスローンもその名のとおり、ビジネスに利用する事業資金のためのローンとなります。

ビジネスローン審査のポイントとは?

これまでにキャッシングやローンの経歴もなく、返済のスケジューリングが整っているにも関わらずビジネスローンの審査に通らないケースも少なからず存在します。

審査に通らないケースは「何が問題でどのように対策を立てていけば良いか?」を事前に知り対策を行うことで審査に通過しやすくなりますので、しっかり確認して下さい。

キャッシングやローンなどの経歴と対策

国内の金融機関が関わる全てのキャッシングやローンなどの取引情報は日本情報信用機構(JICC)やCICなどの信用情報機関に登録されます。

これまでの金融取引で金融事故を発生させた経験がある場合は、一度自身の信用情報を確認する事も必要になるかも知れません。

自身の信用情報に不安があるものの運転資金調達が必要な場合は「保証人」をつけることを検討してみましょう。

保証人が探せない場合は信用保証協会に保証を依頼することも1つの方法です。 信用保証協会の保証を受けられればビジネスローンなどの融資の審査が通過しやすくなります。

なお、信用保証協会に保証を依頼すると保証料が発生しますが、資金不足による倒産リスクを解消するためには有効な手段の1つですので積極的に活用すべきでしょう。

その他、保証人をつけたくない場合などでビジネスローンを利用しにくい場合に以下の方法も検討してみてはいかがでしょうか。
最短即日という資金調達もありますので上手に活用すれば強い見方になるでしょう。

【1】ファクタリング(資金調達ガイドの無料診断)
売掛金を現金化する【ファクタリング】で最短即日の資金調達が可能です。

【2】ビジネクスト
こちらは上限1,000万円まで融資可能で非常に人気のあるビジネスローンです。

【3】ビジネスパートナー
まさにビジネスの味方。上限500万円まで融資可能で審査のスピードが早いことで人気のビジネスローンです。

決算書、事業計画書や資金計画書などの書類

一般的に融資の審査には、次に挙げる書類の提出を求められます。

  • 法人概況説明書
  • 勘定科目明細
  • 貸借対照表
  • 損益計算書
  • 販売費一般管理費明細
  • 製造原価報告書
  • 株主資本変動計算書

また、金融機関によっては事業計画書や資金計画書などの書類が必要となる場合があります。特に高額な借入を行う場合は確定申告書の提出が必須だと言えます。

決算書などの審査で重視されるポイントは次のとおりです。

  • 会社の経営状態、財務状況など
    →財務内容は健全か、またはビジネスとして今後明るい見通しがあるか
  • 返済能力
    →会社の経営者に返済能力があるか、返済原資はあるか、融資の希望額は妥当か
  • 借入資金の使途
    →ビジネスのどのような部分に使う予定か
  • 保証人の有無、担保の有無
    →担保は十分か、保証人がつく場合は保証人に返済能力はあるか

このように事前に書類審査のポイントを押さえておくだけでも審査の結果が違ってくる可能性があります。今後ビジネスローンを申し込む際には審査のポイントを押さえた上で早めに準備しておくことをおすすめします。

事業を立ち上げてからの年数

いわゆる「業歴」と呼ばれるもので、当然の事ながら1年、2年と長く経営を続けることで自身の信用度も高まっていきます。事業を継続できるという事は「安定した経営を行っている」ということになりますから、信用が高まります。

残念ながら業歴が1年に満たない場合は確定申告書の提出が難しい事などを理由に融資を断られる可能性が高いと言われていますが、1~2年の業歴で利用できるビジネスローンも登場しています。

業歴を伸ばしつつ、事業者ローンを申し込む段階で確実に審査を通過できるよう早めに事業を軌道に乗せたいところです。

無理な申請をしない

返済が困難なほどの借入を行おうとすれば審査で落ちるのは当然です。また既述の通り業歴が重視されるため、ある程度実績を作ってから申し込むなどの工夫が必要になる場合もあります。

足りない部分がある場合は事業主を連帯保証人にするなど、別にリスクを負う必要がありますが、事業主の所得が多く安定した返済が見込めるのであれば、高額な融資も受けやすくなります。

注意したいのは、不利な状況を隠して審査を受けることです。

ビジネスローン業者は金融のプロであり、情報に不備や矛盾があればいち早く察知します。

行動が悪質であればその後の取引で不利益を得る可能性もあるため、誠実に対処することが肝心です。

税金滞納などの問題があれば、まず問題解決を優先に解決を行いその後に審査を受けるべきでしょう。

またあとから交渉することを前提に、小額融資で審査をパスするという方法もあります。

業歴同様、滞納なしで返済を続ければ金融機関からの信用が得られますので、そうした積み重ねで信用を得たのちに上限額のアップや、金利を交渉するのも交渉テクニックの1つに挙げられます。

ビジネスローンの業者間の金利を比較し、乗換えを視野に交渉を迫るのもおすすめです。ただし、実際に乗換えを行うとビジネスローン業者の系列金融機関などが全て利用不可になる可能性もあるため、あくまで交渉の糸口とし活用する程度に留めておくべきでしょう。実際に乗換えを行なう際は、こうしたリスクを踏まえた上で行うようにして下さい。

一般的なローンとビジネスローンの違いやメリット・デメリット

ローンの違いやメリット・デメリット

一般的にローンと言えば、車や住宅などをイメージするかもしれません。またはごく個人的なキャッシングやカードローンなどをイメージする方もいるでしょう。

ビジネスローンはそれらの一般的なローンとは根本的に性質が異なります。

一般的なキャッシングやカードローンなどは生活資金を前提としており、事業の為に利用する事は基本的にできません。また個人的な使用用途を前提としている以上、利用限度額も低めに設定されています。

一方、ビジネスローンは使用用途が基本的に事業に限定されています。

しかし完全に事業用かと言えばそうでもなく、例えば自宅を拠点に経営を行う自営業者の方などのために生活資金としても使用できるサービスも存在します。

しかし、ビジネスローンの利用はビジネスのために使用するのが本来の姿ですので、事業の運転資金やつなぎ資金として利用することが基本になります。

ビジネスローンは借入上限額が高い

ビジネスローンは、自営業者または中小規模の会社を経営する方を対象とするローンですので、運営資金調達に対応できるよう他のキャッシングやローンと比べても高額な借入が可能となっています。

ビジネスローンの具体的な利用上限額を挙げると500~1,000万円まで借入る事ができるプランも存在します。

この利用上限額の設定は会社運営を行う経営者にとって貴重な資金調達手段になり得ると言えます。    

資金繰りの改善や設備投資などに利用できるという面で幅広い用途での活用が期待できるのではないでしょうか。

自営業者にとっては経営を安定させるための「つなぎ資金」として活用する事も可能なローンだと言えます。

例えば以下のサービスはいま非常に人気になっています。

  • ビジネクスト
    こちらは上限1,000万円まで融資可能で非常に人気のあるローンです。
  • ビジネスパートナー
    上限500万円まで融資可能で審査のスピードが早いことで人気のローンです。

個人事業主でも審査はとおりやすい?

個人事業主の審査

個人事業主として起業した方は、特に資金調達に頭を悩ませる機会が少なくないのではないでしょうか。中小企業よりも更に小規模の場合、本格的な事業計画が後回しになりがちです。個人事業主にとって資金の確保は死活問題ですが、計画的な資金調達が難しいケースも考えられますので、その際はビジネスローンが有効な場合もあります。

資金調達先として候補となるローン形態としては個人で利用可能なキャッシングやフリーローンなどがありますが、個人用のローンは使用用途が限定されるため自由度が低いデメリットがあります。

業歴が浅い場合は売上の計上も少ないことが考えられますので、融資の審査を通過し難いと言えます。

しかし、ビジネスローンは次に説明する総量規制の対象から外れる為、一定の条件をクリアすれば審査も問題なく、個人向けのキャッシングやローンより融資を受けられる可能性が高まります。

赤字決済でも審査を通過できるビジネスローンも存在する?

既に紹介したとおりビジネスローンは「事業計画」ではなく「決算書」の内容を見て返済能力を確認するのが一般的です。

個人事業主であれば「確定申告書」や「納税証明書」などを求められるケースもあり、融資額や利息を決める重要な要素となっています。

赤字の場合でも審査に通ることもあります。税金対策のために計画的に赤字を計上することは珍しくなく、経営上重要な戦略になることもあるからです。

しかし、決算書が赤字の状態で審査を受ける場合にはリスクも生じます。

銀行系など審査が厳しいビジネスローンでは審査落ちの可能性があるだけでなく、他のビジネスローンの利用の場合も利息の上昇を招く原因となりかねません。

リスクが高まれば貸し倒れのリスクを考慮し利息を上げるのがローンの基本です。赤字で節税ができても、利息の面で出費が増える可能性もあることを理解しておく必要があります。

融資を受けることを前提として事業計画を立てる際は、赤字が節税以外にもたらす効果についても知っておくのがおすすめです。

赤字よりも審査落ちの理由になりやすいのは「税の滞納」です。

税金滞納の記録があればそれだけ審査落ちの可能性が高くなります。納税証明書などの記録提出を求めるビジネスローンも存在するため、税金の滞納がある場合には納税証明の必要がないビジネスローンを利用するなど工夫が必要です。

ビジネスローンは総量規制の対象外である

総量規制は貸金業法で定められたもので、キャッシングやローンの利用で「利用者の年収の1/3以上の融資は受けられない」ことになっています。

一部例外を除き、銀行系の金融機関にもこの法律が適応されているのが現状です。
しかし総量規制は事業資金には適応されない為、事業資金として利用するビジネスローンは基本的に年収の1/3上でも融資を受けることが可能です。

もちろん、他の事情も考慮し審査されるので一概に借りる事ができると断言はできませんが、総量規制の適応外であることは非常に気心強いのではないでしょうか。

ビジネスローンと事業者ローンの種類と特徴

以前はビジネスローン・事業者ローンと言えば、ノンバンク系や銀行系融資の極限られたもので、数も多くありませんでしたが、現在では金融機関が続々と参入し一口にビジネスローン・事業者ローンと言っても幅広い商品がラインナップされています。

そのビジネスローン・事業者ローンについて特徴を1つずつ詳しくチェックしていきましょう。

銀行系の事業者ローン

最も一般的なのは銀行が取り扱う事業者ローンです。銀行が取り扱っている安心感、そしてブランド力から非常に人気を集めています。一度は耳にした事があるであろう大手メガバンクから地方銀行まで事業者ローンを取り扱う銀行は多く、更にその中でも利用者のニーズに合わせて幅広いプランが用意されています。

比較的低金利に設定されていますが厳しい審査が行われるため利用するためにはそれなりの準備をして臨む必要があります。
融資には「事業融資」もありますが、ビジネスローンとの違いは審査のハードルの高さにあると言えるでしょう。

銀行子会社が運営する事業者ローン

金融企業であったものが銀行に吸収・合併されたのが銀行の子会社です。事業者ローンをはじめ、様々なキャッシング・ローンを運営し融資までの期間が非常に短いのがメリットです。

また、インターネットや電話、郵送などの「無店舗型」で申し込みできる事が他とは違う強みでしょう。しかしながら審査は親会社の銀行規定で行われるため、審査の緩さを期待して申し込むのは避けるべきです。

信販系ローン

信販とはクレジットカードを取り扱っている会社の事で、一般的に名前の知られた企業が多いため、安心感という面では銀行系の事業者ローンに負けません。銀行系の事業者ローンに比べれば融資を受けやすいものの、決して審査が甘いわけではありません。

しかし審査方法は銀行に準じているとは言え実質別の会社が運営しているということで契約までのスピードに期待する事ができます。

事業者ローン専門の会社

事業者ローンを専門に取り扱う専業会社も存在します。専業はネット完結を売りにしており、審査もスピーディに行われる事が多く銀行に出向く時間がない方にとっては非常におすすめです。

ただし、数こそ少ないのですが稀に闇金のような悪質な業者も存在しますので、申し込みの際は事前に入念な調査が必要です。

ノンバンクが取り扱うビジネスローン

ノンバンクとは預金などの銀行業務を行わない会社で、ビジネスローンや資金の貸付が主な業務です。銀行など他の事業者ローンと比べ融資までのスピードが武器となっていますが、貸し倒れ等のリスクを避けるために金利は高めに設定されます。

ビジネスローンの契約の流れ

ビジネスローン契約の流れ

ビジネスローンの契約までにはいくつか段階がありますが、大まかに分けると「申し込み」「審査」「結果」となります。
ここでは上記3つを含めたビジネスローン契約の流れを詳しく紹介します。

ビジネスローンの申し込み

ビジネスローンを扱う会社によって多少の違いはあるものの、申し込み方法には直接店頭で申し込む方法、ネットや電話など対面せずに申し込む方法の2つに分けられます。

前者は比較的時間に余裕があり、ビジネスローンについてあまり詳しくない方におすすめです。後者は既にビジネスローンに対する知識がある程度あり、自分に合った商品を的確に選べるような方に向いていると言えます。

また、システムが発達した現在では自身の年収やキャッシング・ローン経歴などを提示するだけで即座に融資可能かどうかの判断ができる簡易判断システムを取り入れる会社が増えました。
これによって融資を受ける側は希望するローンの利用額、返済シミュレーションを大まかに把握する事ができるようになっています。

安心して融資を受けたい場合や、スピードを重視したいなど自身のスタイルに合わせた資金調達方法を選ぶことが最も重要だと言えます。

ビジネスローンの審査

他のローン同様、信用情報を元に審査が行われますが、銀行の事業融資とは異なり比較的スピードを重視するビジネスローンは独自の審査基準があり、スコアリングシステムと呼ばれる方法を採用するのが一般的です。

決算書など融資を希望する事業者が提出した書類を元にデータで分析を行い、融資可能かどうか、返済能力の有無などを即時に導き出すスコアリングシステムは融資を行う側、利用者双方にメリットがあります。
スコアリングシステムの詳細な内容は非公開のため詳しく内容を把握するのは困難ですが、一般的な融資の基準と同じと考えて良いでしょう。

ビジネスローンの審査結果

ビジネスローンの審査は早い場合1日で完了する場合もありますが、1週間程度が目途となります。この点は銀行融資と比べてスピード感があります。
審査結果の通知は電話が基本ですが、他人に知られたくない方も存在するため現在ではメールやチャットなどで柔軟に回答を行う会社もあります。

無事融資まで辿りつければ問題ありませんが、万が一融資を断られた場合はどうすればよいでしょう。

ここで注意するべきは複数の申し込みや連続での申し込みは避けた方が良いという事です。一般的なキャッシングやローンなどと同じで、ビジネスローンも申込者信用情報を詳しく確認します。

ローンの申し込み履歴が短期間で複数ある場合は、今後の審査にマイナスの影響が出る原因となるため、慎重に進めるべきでしょう。

ビジネスローンの審査や契約の流れまとめ

ビジネスローンには幅広い商品があり、契約内容も一見複雑です。しかし少しずつ知識を蓄えていけば理解できない内容ではありません。

資金調達は急を要する場合もありますので資金の用途のほか、金額や融資までのスピードを含めてノンバンク系のビジネスローンにするのか、銀行系の事業者ローンを選ぶか選択肢が分かれますので、自身の用途にあった選択を行いましょう。

既に経営を行っている方はもちろん、これから事業を立ち上げようと思っている方は早めにビジネスローンについての認識を深めておくことが肝要です。

※事業者ローンを利用しにくい場合に以下の方法も検討してみてはいかがでしょうか。

最短即日という資金調達もありますので上手に活用すれば強い見方になるでしょう。

【1】ファクタリング(資金調達ガイドの無料診断)
売掛金を現金化する【ファクタリング】で最短即日の資金調達が可能です。

【2】ビジネクスト
こちらは上限1,000万円まで融資可能で非常に人気のあるビジネスローンです。

【3】ビジネスパートナー
まさにビジネスの味方。上限500万円まで融資可能で審査のスピードが早いことで人気のビジネスローンです。

ビジネスローン関連記事一覧

ビジネスローンは無担保で事業資金を調達できる!上手に活用するコツとは?

bijinesu-roan-mutanpo

銀行以外のノンバンク系の業者がサービスを提供するビジネスローンは、基本的に無担保で融資が可能です。事業資金の融資サービスを専門に行い、特徴として融資審査が銀行融資と比べて早い点もありますが、担保が不要という点も利用しやすい要因です。ビジネスローンは無担保で融資可能この担保について...続き

ビジネスローンは即日融資可能?急ぎの事業資金をビジネスローンで調達するポイント

bijinesuroon-sokujitu-kariire

事業資金の調達方法の一つとして浸透しているビジネスローン。法人経営者だけでなく個人事業主も対象となっているためここ数年で活用する人が多くなっています。ビジネスローンは担保や保証人不要、多額の資金調達の対応可能などの特徴がありますが、やはり即日調達が可能なのが最大のメリットになりま...続き

資金調達方法にクレジットカードを加えると驚くほど資金繰りが簡単になる?

creditcard-sikinguri

クレジットカードが法人の資金繰りの改善につながることをご存知でしょうか?数々のキャッシュレスサービスの普及で、日常生活のなかで現金を使用する機会は徐々に減りつつあります。代表的なキャッシュレスサービスがクレジットカードですが、現在クレジットカード保有枚数は、成人1人あたり2.6枚...続き

昔とは違う!効果的な活用が可能になったビジネスローンでの資金調達とは?

売掛債権の売却益で資金調達を行うファクタリングを代表とする新しい形の資金調達手段が登場し、従来よりも資金調達が簡単に行えるようになったと言われています。しかしフリーランスなどの個人事業主の方や資金に置き換える資産を持たない会社を運営する方にとって身近な資金調達手段ではないと言える...続き

タブーではなくなったノンバンクからの資金調達!ノンバンク一覧はこちら

nonbank-itiran

資金調達手段として融資を利用するデッド・ファイナンスは、一般的な資金調達手段の1つとして広く利用されています。融資による資金調達と聞いて「銀行や公共機関からの融資」をイメージする方が多いと思いますが、融資による資金調達を実現するためのハードルは低いものではありません。銀行以外の金...続き

銀行融資を断られたらどうすればよいのか?見直しと次の資金確保が重要に

銀行融資を断られた場合は、何が問題があったか考えることが重要です。融資を断ると言うことは銀行が断る理由があったということで、経営上のリスクなどが存在すると言うことでもあるからです。何が問題なのか見直しをしなければ他の金融機関に融資を申し込んでも断られる可能性があります。また、資金...続き

ビジネスローンを断られたら試そう!4つの資金繰り方法とは

一般的に銀行融資が受けられない場合でも、比較的審査の緩やかなビジネスローンなら融資を受けられる場合があります。問題はビジネスローンを断られた場合です。ビジネスローンに断られるということは融資を受けるのが難しい可能性が高まっています。本記事ではビジネスローンを断られた際に、どのよう...続き

楽天銀行ビジネスローンは他と違う?楽天銀行ビジネスローンの特徴とメリット

事業を経営していく上でビジネスローンは切っても切れない関係にあります。ビジネスローンと言っても数え切れないほどのビジネスローン会社が存在しますし、どこを選んでいいか分からないと困惑してしまう方も多いです。そこで今回は楽天銀行のビジネスローンについてご紹介します。ビジネスローンはど...続き

プロミス自営業者カードローンの評判・審査・口コミ徹底検証

企業向けのカードローンは多くありますが、その中でもプロミス自営業者カードローンは自営業者や個人事業主専用の融資商品です。ここでは、プロミス自営業者カードローンの詳細な情報とともに、審査の流れや評判・口コミまで幅広くご紹介しています。現在融資を検討している個人事業主・自営業者の方は...続き

三鷹産業ビジネスローンの評判・審査・口コミ徹底検証

法人・個人事業主に向けたビジネスローン・融資は金融機関や賃金業者など様々な場所で取り扱われています。そんなビジネスローンの中でも、三鷹産業ビジネスローンは地域密着型という特徴で注目を集めています。ここでは三鷹産業ビジネスローンの詳細な内容を、評判や審査内容とともにご紹介しましょう...続き

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

  • 今すぐに1,000万円の事業資金が必要…
  • つなぎの資金を調達したい…
  • だれに相談すれば良いのだろう…
資金繰りにお悩み

資金調達でお悩みの経営者さまへ

5秒でわかる!

かんたんな質問に答えるだけで、いくら資金調達できるかすぐ分かります。
10万~3億円の事業資金を最短即日で調達可能です。

【無料】資金調達金額を診断する

プライバシーポリシーはこちら

資金調達ガイドでは、
売掛金買取の優良会社をご紹介させていただいております。
もちろん、手数料など一切の費用は要りません!