関連記事一覧

銀行返済のリスケジュールを行うメリットとデメリット、交渉の際のコツとは?

銀行返済のリスケジュールを行うメリットとデメリット、交渉の際のコツとは?

会社の資金繰りが芳しくなく、銀行返済を予定通りに行うと資金が回らないという時に銀行に返済方法の見直しを打診する場合があります。このように返済計画を変更する事をリスケジュールと言いますが、銀行も必ずしもリスケジュールに応じないというわけではなく、きちんと交渉すればリスケジュールでき...続き

資金調達がネット銀行でも?ネット銀行のビジネスローンおすすめ3選

資金調達がネット銀行でも?ネット銀行のビジネスローンおすすめ3選

資金調達を検討する際はまず金利面から銀行融資が選択肢として上がると思います。その銀行からの融資と言うと、メガバンク、地銀、信用金庫の3種類があって、事業規模によって付き合える銀行が変わるというイメージがあります。このような銀行の序列の中に最近誕生したどこにも属さないカテゴリーがネ...続き

『商工中金』とは?他の金融機関との違いを比較

『商工中金』とは?他の金融機関との違いを比較

皆様は商工ローンという名称を聞いたことがあるでしょうか。商工ローンとは商工中金におけるビジネスローンの通称で、現在数多くの中小企業に利用されています。しかし、商工中金が社会的に重要な役割を果たしているにもかかわらず、一般層へはあまり知られていない現実もあります。そこで今回は商工中...続き

信用金庫の付き合い方は貢献度が重要!そのポイントとは?

信用金庫の付き合い方は貢献度が重要!そのポイントとは?

信用金庫の特徴は、営利ではなく、地域への貢献度や経済循環を重視して融資を決めることです。そのため、銀行と同じ枠組みでくくってしまい、付き合い方も一緒にしてしまうと信用を失うこともあります。採算性を追求する姿を示すのではなく、地域への貢献意識を前に出すことや、地域に根ざした活動を心...続き

まとめて解説!銀行融資の仕組みとは?

まとめて解説!銀行融資の仕組みとは?

銀行の経営は、預金という形でお客様からお金を預かり、その預金を他者に貸し付けることで収益を得ることにより成り立っています。貸付する際の金利と預金に係る金利との差額が銀行の収益です。銀行融資は、消費者金融と比較すれば、低金利であることが利点です。消費者金融を始めとするノンバンクは、...続き

地方銀行と何が違う?信用金庫の仕組みと特徴

地方銀行と何が違う?信用金庫の仕組みと特徴

融資を受けたいと思ったときに取引の候補にあがる金融機関は企業規模によって異なります。大手銀行は資金力が豊富な反面審査が厳しく、小さな事業ではわりが合わないケースも出てくるのです。取引規模にあった金融機関を選ぶことは重要で、特に中小企業は信用金庫が有力候補にあがる場合があります。信...続き

【要点まとめ】消費者信用生活協同組合とは?

【要点まとめ】消費者信用生活協同組合とは?

お金を借りたい場合、相手として思い浮かべるのは銀行やローン会社などですが地域ローカルの融資を行う特殊な団体も存在します。それが今回お話する消費者信用生活協同組合です。本記事では消費者信用生活協同組合とはどの様な組織なのか?どの様な融資を行っているのかについて説明します。そもそも生...続き

企業にとって借金は悪くない!企業が借金を返してはいけない理由

企業にとって借金は悪くない!企業が借金を返してはいけない理由

借金と言えばどこか後ろめたいイメージがあり、資金の余裕があるならば返済スケジュールを前倒しして返済してしまいたいと思うかもしれません。しかし個人の借金の場合ならともかく、企業は借金を繰り上げ返済するのは避けるべきですし、むしろ必要が無くてもある程度銀行から借金をしておくのがセオリ...続き

【そもそも”銀行”とは?】上手く付き合うためのポイント3つ

【そもそも”銀行”とは?】上手く付き合うためのポイント3つ

銀行との付き合い方の前に、そもそも銀行というものがどのような存在であるかを抑えておきましょう。銀行とは、営利を目的に事業を営んでいる民間組織であって、銀行員は銀行から雇用され給与を支給されていることを念頭に置いておくことが重要です。銀行とは?銀行が融資するために選ぶ相手とは、自行...続き

「信用金庫」と「銀行」の違いを知っていますか?

「信用金庫」と「銀行」の違いを知っていますか?

都市銀行・地方銀行・政府系銀行・信用金庫・ビジネスローンなど資金調達先として挙げられる金融機関は数多く存在しますが、一般的に他の資金調達方法と比較して低コストで資金を調達できる銀行融資を利用する企業が多いと言えるでしょう。ひと口に銀行融資と言っても全国規模で展開するメガバンクから...続き

運転資金の確保にお困りではないですか?

  • 支払いサイトが長いため資金のやりくりに苦慮している…
  • 売掛金を少しでも早く回収をして運転資金にあてたい…
  • 急な支払いが発生したため運転資金が足りなくなりそうだ…
調達可能な目安額をかんたん無料診断

御社が調達可能な目安額をかんたん無料診断!!

日々、全国各地の社長様がぞくぞくと診断中!!

  • 診断数700件超
  • ご相談件数No.1

下記フォームの項目を選択して送信するだけ!
いますぐ無料診断をお試しください。

5秒でわかる!

かんたんな質問に答えるだけで、いくら資金調達できるかすぐ分かります。
10万~3億円の事業資金を最短即日で調達可能です。

【無料】資金調達金額を診断する

プライバシーポリシーはこちら

今すぐお金が欲しい!資金調達診断