関連記事一覧

資金繰りの直接法と間接法とは?違いやメリットを分かりやすく解説!

資金繰りの直接法と間接法とは?違いやメリットを分かりやすく解説!

事業の経営者が持つ悩みは似ています。人材確保に取引相手との関係構築、顧客獲得をどうするか、そして事業の運転資金です。資金をどのように集めるかは、企業にとって将来に与える影響が大きく慎重な決断が必要な問題ですが、ここではその中でも代表的な金融機関からの借入時に求められる資金繰り表や...続き

資金ショートすると会社はどうなる?資金ショートを凌ぐ方法を徹底解説!

資金ショートすると会社はどうなる?資金ショートを凌ぐ方法を徹底解説!

会社が倒産するのは資金ショートした時です。倒産という最悪の事態は、赤字になった時でもなく、債務超過になった時でもなく、従業員がいなくなって事業が継続できなくなった時でもありません。現金が不足する状態=資金ショートした時だけが唯一、会社が倒産する理由です。ですので、経営者や経営担当...続き

資金ショート寸前で融資は可能?知っておきたい資金ショート前の資金調達方法

資金ショート寸前で融資は可能?知っておきたい資金ショート前の資金調達方法

資金ショートすると会社は倒産してしまいますので、経営者は資金ショートを防ぐために資金を調達しなければなりません。この時に一番はじめに思いつくのは銀行から融資を受ける事ですが、資金ショート寸前の会社に融資をする銀行など存在するのでしょうか。もちろん審査が厳しくなると考えられますが、...続き

資金繰りが苦しい時はどうする?急場の資金繰りを凌ぐ5つの方法

資金繰りが苦しい時はどうする?急場の資金繰りを凌ぐ5つの方法

会社を経営していると資金繰りが苦しい状況になる場合も考えられます。業績が悪くて資金繰りが苦しいのはもちろん、予定外のトラブルなどによって急な資金が必要となる事もあります。また、会社が順調に成長軌道を描いていても在庫や運転資金の回転の都合で資金繰りが苦しくなるというケースも考えられ...続き

資金繰りの短期借入で差がつく!重要なポイントとは?

資金繰りの短期借入で差がつく!重要なポイントとは?

多くの企業は銀行などから融資を受けていますが、その時の融資は大きく分けて2つに分類できます。1年以内に返済期日が到来する短期借入と返済期日が1年以上先の長期借入です。長期借入は日々の資金繰りにはあまり大きな影響はありませんが、短期借り入れは日々の経営判断に大きく影響します。本記事...続き

運転資金とは?種類、特徴、計算方法、資金調達方法を解説

運転資金とは?種類、特徴、計算方法、資金調達方法を解説

個人事業主や中小企業など、大企業ほどの体力を持たない企業は自己資本の割合は少ないものです。そのため、経営や事業を継続していくための運転資金は他から調達し続ける必要があります。この際に必要となる資金は一般的に運転資金と言われますが、運転資金の中にもいくつか区別があります。ここではそ...続き

【事業者向け】つなぎ資金とは?仕組みから融資まで詳しく解説

【事業者向け】つなぎ資金とは?仕組みから融資まで詳しく解説

法人の事業資金を一時的に用意したい場合に「つなぎ資金・つなぎ融資」という言い方をします。一般的には個人向けとして、例えば新たに住宅を建てようとした場合に利用される場合がありますが、事業者向けの用語としても存在しています。ここでは事業者向けのつなぎ資金について、仕組みから融資まで詳...続き

資金繰りを改善!資金ショートを回避する方法とは?

資金繰りを改善!資金ショートを回避する方法とは?

資金ショートを回避するためには、根本的には事前に資金ショートしないように対応することです。ここでは、資金ショートを事前に回避するために根本的な資金繰りの改善方法について解説しています。この資金ショート回避の内容を理解することで、利益があるのに倒産という黒字倒産を避けることにつなが...続き

資金ショート対策5選!黒字倒産が怖い資金ショートを回避する方法とは

資金ショート対策5選!黒字倒産が怖い資金ショートを回避する方法とは

企業の運営で最も気をつけるべきは資金繰り管理、資金ショート対策と言えるでしょう。なぜなら企業が倒産する理由が資金ショートだからです。キャッシュフローの悪化ということです。売上が減少することによって赤字に至ったとしても、借金が膨大になろうとも、資金ショートさえうまく対策できれば倒産...続き

資金繰りを改善する方法とは?これで銀行融資の審査を通過しよう!

資金繰りを改善する方法とは?これで銀行融資の審査を通過しよう!

事業を行うにあたり、運転資金など資金繰りを行うのは非常に重要ですので、常日頃から資金繰りを改善する意識が必要です。手元資金が不足する場合、多くの企業は銀行から融資を受けて資金調達を行いますが、銀行側にとって利益が計上されない企業への融資は高い債権回収リスクが伴います。十分な利益を...続き

今すぐお金が欲しい!資金調達診断