信用保証協会で融資を受けるメリットとデメリットとは?ポイントを解説!

 

信用保証協会は、中小企業や個人事業主の信用保証業務をおこなっています。保証人を代行することが業務であり、銀行などの金融機関から融資を受けるハードルを下げ、融資枠を拡大することに貢献してくれます。
メリットがある反面、審査に時間がかかることが多く、保証料金などが加算されることがデメリットになっています。利用するタイミングにも注意が必要です。

【約1分】Webでカンタン資金調達の無料診断
もし、少しでも資金繰りに不安がありましたら、「今いくら資金調達が可能か?」Webでカンタン無料診断できます。あなたに最適な方法をご提案しますのでお気軽にご利用ください。

>>Webでカンタン無料診断フォームはこちら

信用保証協会は公益法人に分類される

信用保証協会は信用保証協会法に則って設立される認可法人で、公益法人に分類されます。
銀行は営利優先で、中小企業や個人事業主への融資が難しくなることがあります。また、中小企業は担保の用意自体が難しいことも珍しくなく、土地などの担保を出すと経営の自由や裁量までが奪われてしまうこともあるのが現実です。リスクを感じて保証人になることを避ける人も多く、より融資が厳しくなる原因にもなっています。
信用保証協会は個人や企業のかわりに保証人を引き受け、万が一不渡りが出た場合はかわりにお金を納めてくれるのが特徴です。もちろん後で返済する必要がありますが、時間の猶予を作りやすくなっているのです。
保証人が入ることで融資枠自体が増えるケースも存在し、中小企業や個人の資金繰りを円滑にするための業務をおこなっているのが特徴です。

信用保証協会のメリットは融資のハードルを下げられること

信用保証協会を利用するメリットは、融資のハードルを下げられることです。資金繰りが厳しいときに保証人が見つからないと、融資を受けたくても受けられないケースが出てきます。また、リスクが大きい事業の場合は事業計画の時点で欠点を指摘され融資に不適格な次行だと判断されることもあります。迅速な融資が経営の余裕や利益を左右することもあるため、保証があるかどうかで大きな違いが出るのです。
信用保証協会を通して融資を依頼すると、保証人の容易の手間が減ります。担保などを求められるケースが減り、銀行などの干渉で経営戦略が迷走するリスクも避けられます。
土地を担保にしたがゆえに、不渡りと同時に差し押さえが発生し、事業自体が継続できなくなってしまうケースもあります。経営上のリスク分散に貢献してくれるのも魅力です。
事業計画策定のアドバイス経営改善のサポートなど、様々な保証制度があるのも特徴です。
資本や従業員数が一定基準を超えると利用できなくなるものの、様々な支援を受けることができるのがメリットになっています。

デメリットは審査時間と信用保証料

信用保証協会を利用するデメリットの一つに、審査期間が存在することです。公益性が高い法人であるため、審査も厳格になる傾向があります。不正な融資を防ぐための審査でもあるため、審査時点で1ヵ月程度かかってしまうケースが多いのです。審査が終わった後に銀行などに融資を依頼した場合はさらに時間がかかることになります。メリットを生かすためにはスケジューリングが重要で、あらかじめ審査期間を組み込んでおく必要があるのです。
信用保証料がかかるのも特徴です。信用保証料は、公益法人としての信用を貸すための手数料に該当します。企業の規模や融資額によって違いが出るものの、保証料金の0.5%から2%程度の信用保証料が毎年発生します。借入額が大きければ年間の保証料も大きくなるため、経営上の負担もしっかりと理解する必要があるのです。
返済を立て替えてもらった場合、信用保証協会と返済計画について話し合う必要があるのもポイントです。調整がうまくいけば無理のない範囲で少しずつ返済することも可能です。しかし、調整に失敗すれば経営上のリスクになる返済額を請求されることや、資産の差し押さえが発生することもあります。トラブルになった際は弁護士を雇って仲介を依頼するなど、余分なお金がかかる可能性もあります。
返済が終わるまでは他の金融機関から融資を受けることができないのも特徴です。銀行からお金を借り、他の金融機関と交渉した上で自転車操業をおこなうようなことができなくなっているのです。
無理な計画を立てれば経営破たんにつながるリスクがあることは、銀行などの金融機関から融資を受ける場合と同じです。金融機関から融資を受けられない時点で計画自体を見直した方が良い場合もあるのです。

最期に

信用保証協会は公益のために設立された機関であり、中小企業や個人事業主が融資を受けやすくするための活動をおこなっています。支払いの担保をしてくれることで融資の可能性が大きく広がり、事業に大きなプラスになることがあります。
反面、信用保証料が発生することや、審査期間の長さなどデメリットも存在します。いかにデメリットを避けるか考えながら利用することも重要で、無計画な利用はかえってマイナスになります。
債務の一本化に向けた借り換え支援や、経営計画の改善支援など付随する業務も多いため、いかに保証制度を理解し、うまく利用するかが大切になるのです。