ビットコインキャッシュとは

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)は2017年8月1日にビットコインからハードフォーク(分裂)して誕生した新たな仮想通貨です。

ビットコインキャッシュが誕生した経緯、またビットコインキャッシュとビットコインの違いについて解説します。

ビットコインキャッシュとは

ビットコインキャッシュは新しいビットコインではなく、新たなアルトコインが誕生したと考えるとわかりやすいでしょう。

ハードフォークとは現在の通貨と互換性のないアップデートです。そのため、ビットコインキャッシュはビットコインの仕様に似ているものの全く違ったアルトコイン(通貨)になります。

 

基本情報

ビットコインキャッシュの基本情報です。
名称:Bitcoincash
コード:BCC/BCH※
承認目安:およそ10分
上限発行量:21,000,000 BCH

※コードは取り扱っている取引所などにより異なります。

ビットコインキャッシュの誕生経緯

ビットコインはおよそ10分に1回のペースで取引の承認が行われ、取引の承認がされることで送金が完了します。

その取引の承認作業には1MBというデータ容量に収まる量でしか承認することができません。そのため1MBに収まりきらなかった取引は次回以降の承認に回されます。

急速にビットコインの取引が増えたことで承認されない取引が徐々に出始めため、ビットコインのルールの変更が余儀なくされました。

この問題のことをスケーラビリティ問題と呼ばれています。

スケーラビリティ問題を解決する方法としてビットコインコミュニティの投票により、BIP91というSegwitの導入によるアップデート(ソフトフォーク)が提案されました。

しかし、一部のマイナーはこのSegwitに反対したためハードフォークが強行され、ハードフォークによって誕生したのがビットコインキャッシュです。

 

一部のマイナーはなぜソフトフォークに反対したのか

反対した理由としては中国の多くのマイニングプールが計算コストを節約するために使うマイニングアルゴリズム「ASICBoost」を使っていますが、その「ASICBoost」がSegwitを導入することで使用できないことが判明したからといわれています。

ASICBoostを使えるようにすれば両者が不満をいだくことがないのではと思われますが「51%攻撃」や「一部のマイナーに利益が集中して公平性が失われる」という懸念点などがあると言われています。

ビットコインキャッシュとイーサリアムのハードフォークとの違い

ハードフォークはいくつもの通貨で起こっている事象ですが、記憶に新しいハードフォークといえばイーサリアムのハードフォークでしょう。

ビットコインキャッシュが誕生することになったハードフォークとイーサリアムクラシックが誕生することになったハードフォークの違いとは何か。


ビットコインキャッシュ:仕様変更に伴う意見の違いにによるハードフォーク
イーサリアムクラシック:過去の取引を一度リセットするためのハードフォーク

ではないでしょうか。


ハードフォークをするのにも理由があります。今後もビットコイン、イーサリアムに限らずハードフォークする可能性があるため、なぜハードフォークするのかということに注目するべきでしょう。

 

ビットコインキャッシュの特徴と比較

ビットコインとビットコインキャッシュの仕様はとても類似しています。ビットコインキャッシュの特徴をビットコインと比較すると下記のような特徴があります。

  • →ブロックサイズが8M、ビットコインは1M
  • →ブロックサイズは32MBまで拡張可能
  • →送金手数料がビットコインに比べて安い

 

ビットコインキャッシュの今後

ビットコインキャッシュはビットコイン市場において大きな影響力を持つジハン・ウー氏も支持しています。

ジハン氏は中国の最大手マイニンググループ「ViaBTC」を運営するCEOである。同氏はTwitterにてビットコインキャッシュこそ本物のビットコインであると発言しています。


https://twitter.com/JihanWu/status/923242864263303168

 

また、「ビットコインの神」とも呼ばれるロジャー・バー氏も「ビットコインキャッシュがSatoshi Nakamotoのビジョンを継承しているビットコインである。

私たちはビットコインキャッシュをビットコインと呼ぶ。」と表明しています。

 

まとめ

ビットコインキャッシュについて解説してきた内容をまとめます。

 

・ビットコインキャッシュはビットコインがフォークしたことで誕生したコインである。

・ビットコインキャッシュとイーサリアムクラシックのハードフォークはハードフォークした理由が違う。

・ビットコイン市場において影響力も持つ人物がビットコインキャッシュを支持している。

 

出典元 Token News https://tokennews-hk.com/

運転資金の確保にお困りではないですか?

  • 支払いサイトが長いため資金のやりくりに苦慮している…
  • 売掛金を少しでも早く回収をして運転資金にあてたい…
  • 急な支払いが発生したため運転資金が足りなくなりそうだ…
調達可能な目安額をかんたん無料診断

御社が調達可能な目安額をかんたん無料診断!!

日々、全国各地の社長様がぞくぞくと診断中!!

  • 診断数700件超
  • ご相談件数No.1

下記フォームの項目を選択して送信するだけ!
いますぐ無料診断をお試しください。

5秒でわかる!

かんたんな質問に答えるだけで、いくら資金調達できるかすぐ分かります。
10万~3億円の事業資金を最短即日で調達可能です。

【無料】資金調達金額を診断する

プライバシーポリシーはこちら

今すぐお金が欲しい!資金調達診断