ベンチャーキャピタルからの出資

ベンチャーキャピタルからの出資とは

主に高い成長率を有する未上場企業に対して投資を行う投資会社(投資ファンド)から出資を募ります。
将来有望なベンチャー企業に対して出資を行うので、創業間もない企業にとっては強力な味方です。

アメリカと比べると日本は、個人投資家によるベンチャー企業への投資はあまり活発ではありません。
ある意味でベンチャーキャピタルがその役割を担っているといえます。

ベンチャーキャピタルとは、将来有望で未上場のベンチャー企業に出資する金融機関です。複数の専門分野があります。

ベンチャーキャピタルは、ベンチャー企業に出資することによって株式公開を支援し、株式公開後に株式を売却することで、収益を得ることを目的としています。

株式公開できそうな会社に投資する点が、投資会社としてのベンチャーキャピタルの特徴です。

各ベンチャーキャピタルごとに投資スタンスが異なりますので、ベンチャーキャピタルからの資金調達を成功させるためには、各ベンチャーキャピタルごとの特徴(投資対象、投資ステージ、投資金額、ハンズオン体制など)を理解した上で交渉する必要があります。

ベンチャーキャピタルが出資する条件としては、基本的に事業計画の規模がIPOを超えていること、5年以内の上場を目指していることなどが挙げられます。なぜなら、ベンチャーキャピタルは投資に対するリターンをIPOに置いているからです。

ベンチャーキャピタルからの出資関連記事一覧

ベンチャーキャピタルとして日本アジア投資はどうなのか?会社概要や評判について徹底解説

日本のベンチャーキャピタルだからと言って日本の企業にしか投資しないというわけではありません。大型IPOに繋がりそうな企業があれば全世界のどこの企業に対しても投資を行うのがベンチャーキャピタルです。ベンチャー文化と言えば、シリコンバレーの企業を思い浮かべるので、投資先は北米などの先...続き

ベンチャーキャピタルとしてジャフコはどうなの?会社概要や評判について徹底解説

jyafuko

ベンチャーキャピタルから資金調達したいと考えても、どのベンチャーキャピタルが良いのか、自社にマッチしたベンチャーキャピタルはどこか、なかなか難しいものです。今回はベンチャーキャピタル最大手のジャフコについて会社概要や評判について詳しく解説しますので、自社にとって選択肢となるかチェ...続き

グロービス・キャピタル・パートナーズの会社概要や評判について徹底解説!

日本のベンチャーキャピタルの歴史を紐解くと、日本初の民間ベンチャーキャピタルは京都エンタープライズデブロップメントという会社ですが現在は存在しません。現存する日本最古のベンチャーキャピタルで今も第一線で活躍しているジャフコですが、このような一部の例外を除けば多くのベンチャーキャピ...続き

徹底解説!Infinity Venture Partnersの会社概要や評判とは?

ベンチャー企業にとって一番資金繰りに困るのがシード・アーリー期です。ベンチャー企業が運営しているビジネスモデルは一般的に先に投資が必要で、後から規模が大きくなってきてやっと利益が出るというタイプのビジネスモデルが多い傾向があります。つまり、シード・アーリー期の企業のサービス自体が...続き

『サムライインキュベート』とはどんなベンチャーキャピタルなのか?実績や評判を徹底解説!

ベンチャー企業が成功する為の重要な条件が早くベンチャーキャピタルからのサポートを受ける事です。もちろん、プロダクトが市場にマッチする前に多額の資金調達を行って、資金の適切な使い方が分からないまま人材を雇ったり、設備投資を行って失敗してしまうベンチャー企業も存在しますが、そもそもベ...続き

伊藤忠テクノロジーベンチャーズとはどんなベンチャーキャピタルか?実績や評判を徹底解説!

ベンチャーキャピタルには金融機関が関わっているベンチャーキャピタル、成功したベンチャー企業の関わっているベンチャーキャピタル以外にも、一般的に大手企業と言われているIT系の業種以外の事業会社が設立したベンチャーキャピタルも存在します。事業会社から派生したベンチャーキャピタルの中で...続き

モバイル・インターネットキャピタルとはどんなベンチャーキャピタルか?実績や評判を徹底解説!

第四次ベンチャーブームによって様々なベンチャー企業が立ち上がっていますが、その成功の裏側には様々なベンチャーキャピタルが関わっています。ベンチャー企業が投資を受ける環境は、ベンチャー投資への資金が潤沢になる事によって徐々に良くなっています。一方でベンチャーキャピタルからの資金調達...続き

ニッセイ・キャピタルとはどんなベンチャーキャピタルか?実績や評判を徹底解説!

金融機関は顧客から預かった預金などを運用する事によって運用益を得ています。運用方法は様々ですが、企業に融資したり、国債を購入したり、上場企業の株式の売買を行ったり、土地を売買したりというのがすぐに思いつく手段ですが、巨大な運用資金がありリスクを取れる企業にとってはベンチャー投資も...続き

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

こんなお悩みを抱えてはいませんか?
こんなお悩みを抱えてはいませんか?
  • 今すぐに1,000万円の事業資金が必要…
  • つなぎの資金を調達したい…
  • だれに相談すれば良いのだろう…

そんな経営者さまでも大丈夫!!
10万~3億円の事業資金を
最短即日で調達可能です!!

今すぐに資金繰りを改善しませんか?
あなたの資金調達可能金額はいくら?

今すぐかんたん無料診断!!
【無料】資金調達金額を診断する

無料診断後、あなたに最適な
資金調達可能の優良企業をご紹介させていただきます。
もちろん、手数料など一切の費用は要りません!!

今すぐお金が欲しい!資金調達診断