公的融資制度

公的融資制度とは

国や地方自治体などの公的機関が中小個人事業主や開業予定者の支援を目的として設けている融資制度です。
公的融資制度を設けている主な機関としては、次のところを挙げることができます。

日本政策金融公庫

http://www.jfc.go.jp/

日本政策金融公庫は、個人、中小企業、農林漁業従事者などへの事業資金融資、日本企業の海外活動支援を中心に行っています。
また個人向けに教育ローンなども扱っています。

商工組合中央公庫

http://www.shokochukin.co.jp/

商工組合中央公庫は、中小企業に安定的に事業資金を供給することを目的としています。
融資先は主として中小企業団体とその構成員となります。

沖縄振興開発金融公庫

http://www.okinawakouko.go.jp/

沖縄振興開発金融公庫は、沖縄県内の国民居住者、農林漁業者、中小企業者、病院その他医療施設の開設者、生活衛生関係の営業者等に対し、資金を融資することを目的とした機関です。

地方自治体

都道府県や市区町村などの地方自治体にも、さまざまな融資制度が設けられている場合があります。

融資制度や融資条件等に関しては、経済環境に合わせて変更されることが多く、例外も多く存在します。日ごろから、関係機関のホームページを確認し、不明点などについては担当部署に直接問い合わせるなど、積極的な情報収集をされることをお勧めします。

公的融資制度関連記事一覧

連鎖倒産を回避するセーフティネット!経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)とは?

keiei-rensatousan-kaihi

自社の業績に関わらず取引先が振り出した手形や小切手が不渡りとなったことが原因で連鎖倒産に巻き込まれるのは絶対に回避したい最悪のケースだと言えるでしょう。取引先の業績が良好であれば取引先との関係が密接であることは有利に働きますが、万一取引先の業績が悪化した場合は連鎖倒産のリスクが高...続き

資金調達のハードルが引き下げられる?中小企業を支援する「中小企業融資制度」とは?

tyuusyou-kigyou-yuusi

大規模企業は国際的な展開を行い日本経済を牽引しているかのようなイメージを持ちがちですが、中小企業庁の公式サイト内では国内の大規模企業が1.1万社であるのに対し中規模企業社数は55.7万社、小規模企業325.2万社にものぼることが確認できます。国内企業の99.7%が中小企業であり大...続き

資金調達が必要なのに担保がない!無担保で資金調達を実現する調達手段とは?

sikintyoutatu-mutanpo

資金調達の必要に迫られているのに予定していた調達先から担保設定を求められ、資金繰りに難航している方は少なくないのではないでしょうか。担保にできる資産を持たない方にとって刻々と迫る資金調達期限はキリキリと胃が痛くなる厄介な存在です。無担保融資を行う金融業者は存在しますが、返済計画を...続き

創業融資は絶対に獲得するべき!審査を通過するための創業計画書の書き方ポイント3つ

一般に起業するのは大変だと言われていますが、実は最も大変なのが起業後に経営を軌道に乗せるまでの初期の期間です。この期間はどれだけ頑張っていても赤字である事が多く、驚くべき速度で資金が流出します。将来性のある事業でもこの赤字期間に耐えられる資金的余裕が無く倒産する企業も少なくありま...続き

日本政策金融公庫から融資を受ける際の【必要書類】と【申込の流れ】

日本政策金融公庫は、創業間もない企業や銀行があまり注力しない零細企業に対しても積極的に融資してくれる金融機関です。このような理由から、日本政策金融公庫に融資を申し込みたいと考える経営者も多いのではないでしょうか。しかし、融資を受けやすいとはいえ、日本政策金融公庫でも正式な手続きに...続き

中小・零細企業の方必見!【信用保証協会の保証審査を通過するポイントとは?】

銀行のプロパー融資は経営実績を非常に重視するため多くの中小・零細企業が銀行のプロパー融資を受けることは困難だと言えますし、融資を行う際にも融資条件に担保設定や信用保証協会の保証などが求められることが少なくありません。信用保証協会は融資を受ける企業の信用を保証する団体で融資の返済が...続き

これから起業する人必見!知っておきたい女性、若者/シニア起業家支援資金とは?

一般的に起業する際には多額の資金が必要となりますが、多くの場合は全額自己資金で賄わず、親族や友人からお金を借りたり、創業融資を利用したりして自己資金で足りない分を補っています。創業融資の際によく利用される金融機関が日本政策金融公庫で、日本政策金融公庫は創業の為の登竜門とも言えます...続き

これさえ読めば大丈夫!日本政策金融公庫を利用するメリットとデメリット【総まとめ】

企業が行う事業資金の調達手段として最も一般的な手段として「銀行からの融資」が挙げられます。しかし、ひと口に銀行と言ってもメガバンクと呼ばれる巨大な銀行から各地に根付いた中小企業に融資を行う地方銀行や、より地域密着型の運営を行う信用金庫まで様々な民間銀行が存在しそれぞれ得意なフィー...続き

信用保証協会で融資を受けるメリットとデメリットとは?ポイントを解説!

信用保証協会は中小企業や個人事業主への融資に対する信用保証を行う保証人代行が業務で、銀行などの金融機関から融資を受けるハードルを下げ融資枠を拡大することに貢献してくれます。大きなメリットがある反面、保証料が発生し審査に時間がかかるのがデメリットとなるため利用するタイミングには注意...続き

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

  • 今すぐに1,000万円の事業資金が必要…
  • つなぎの資金を調達したい…
  • だれに相談すれば良いのだろう…
資金繰りにお悩み

資金調達でお悩みの経営者さまへ

5秒でわかる!

かんたんな質問に答えるだけで、いくら資金調達できるかすぐ分かります。
10万~3億円の事業資金を最短即日で調達可能です。

【無料】資金調達金額を診断する

プライバシーポリシーはこちら

資金調達ガイドでは、
売掛金買取の優良会社をご紹介させていただいております。
もちろん、手数料など一切の費用は要りません!