その他

その他

その他、資金調達にまつわる関連情報を取りまとめてあります。

その他関連記事一覧

ビジネスコンテストとは?起業を目指すイノベーターの起業資金調達方法

bijinesu-kontesuto

社会の多様化が進むに従ってマーケットのニーズを後追いするビジネスモデルから、新たなマーケットを創出するオリジナルのビジネスプランを持つイノベーターへの期待が高まっています。起業を志す人にとって時代の流れは追い風となっていますが、具体的に起業する際の起業資金の調達は簡単ではありませ...続き

シリーズは投資判断で用いられる基準!スタートアップ企業の資金調達のポイントは?

sikintyoutatu-siriizu

資金調達をする時に様々な専門用語を聞くことがあるかもしれません。資金調達に関わる言葉だというのは何となく理解することができますが、実際に他の人に詳しく説明することができる人は少ないでしょう。よく聞く専門用語は言葉はシード期やシリーズなどですが、資金調達の基本概念である投資ラウンド...続き

資金調達のプロが多様化する資金調達方法を分かりやすく解説!

sikintyoutatu-puro-gaido

ファクタリングや流動資産担保融資保証制度(ABL保証)、クラウドファンディングなど、新たな資金調達方法が登場しています。資金調達に関する金融経済環境は改善されてきたと言えますが、同時に複雑になってきたのも事実です。多様化が進み様々な資金調達方法が存在する現在は資金調達が容易になっ...続き

資金調達が難しい!そんなときに頼りになる「資金調達コンサルタント」とは?

sikintyoutatu-konsarutanto

資金調達する際は、時間的な余裕を持って計画的に資金繰りを行った上で資金調達するのが理想です。その場合、さまざまな資金調達手段が存在する現在では資金調達は難しいものではなくなったと言えるでしょう。しかし一般的には時間的な余裕がない資金調達を迫られるケースが多く、多くの経営者の方が資...続き

盛り込む内容次第で資金調達の明暗を分ける!理想的な事業計画書とは?

sikintyoutatu-jigyoukeikakusyo

資金調達を行う際には、公的融資・銀行融資・補助金や助成金・投資を募るなどさまざまな手段が存在します。しかしいずれの手段を利用するにしても「事業計画書」の提出を求められるのが現実です。投資を募る資金調達は、上場で一攫千金を狙うベンチャーキャピタルやエンジェル投資家の存在感が増したこ...続き

運転資金の調達手段と融資期間の設定がキャッシュフロー健全化の切り札となる!

untensikin-yuusikikan

一般的に事業資金と呼ばれる資金は、設備資金と運転資金の2つに分けられます。それぞれを簡単に説明すると設備資金は設備投資を対象とした資金、運転資金は事業運営を行う重要ポイントのキャッシュフロー対策のための資金だと言えます。自己資金で事業資金を捻出することが理想的ですが、現実的には事...続き

投資ラウンドが投資家心理に影響する!ラウンドごとの資金調達手段や目標額とは?

tousi-raundo

資産運用手段として投資が身近になった近年「シリーズAで○○億円の資金調達に成功!」などの報道を目にする機会が増えました。投資家は企業の投資価値の位置付けを、投資ラウンドと呼ばれるステージに分け観察しています。自社の投資ラウンドに見合った資金調達手段や目標金額を見定めることができな...続き

無借金経営は素晴らしい?実は会社運営には一定額の借入れは効果的

kaisya-kariire-nasi

会社経営を行う上で、銀行に代表される金融機関からの借入れで資金調達を行うことは決して珍しいことではりません。しかし会社が借入れを受けることに対して抵抗感を持つ方も少なくないようです。個人的な借入れは無いに越したことはありませんが、クレジットカードも利用日から支払い日までの間はカー...続き

リスケ中でも追加融資が受けられる!リスケ案件の借り換えとは?

risuke-karikae

金融機関からの融資に対する返済が事業運営の足を引っ張るほど大きな負担となってしまい、キャッシュフローが悪化するケースは少なくありません。近年ではキャッシュフローの改善策として流動性の低い在庫の処分や売掛債権の売却を行うなどで、事業所の所有資本のオフバランス化を行い事業運営をスマー...続き

理不尽な黒字倒産の回避策は売掛金対策とキャッシュフローがカギとなる!

kyassyu-furo

業績を伸ばしている事業所でもキャッシュフローを上手にコントロールできなければ、「黒字倒産」という理不尽な状況に陥りかねません。経営不振に陥る前にキャッシュフローのコントロールを行い経営の健全化を図るべきですが、キャッシュフローの健全化は一筋縄でいかない非常に難しい問題であることも...続き

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

  • 今すぐに1,000万円の事業資金が必要…
  • つなぎの資金を調達したい…
  • だれに相談すれば良いのだろう…
資金繰りにお悩み

資金調達でお悩みの経営者さまへ

5秒でわかる!

かんたんな質問に答えるだけで、いくら資金調達できるかすぐ分かります。
10万~3億円の事業資金を最短即日で調達可能です。

【無料】資金調達金額を診断する

プライバシーポリシーはこちら

資金調達ガイドでは、
売掛金買取の優良会社をご紹介させていただいております。
もちろん、手数料など一切の費用は要りません!