仮想通貨とは

仮想通貨とは、デジタル通貨、暗号通貨とも呼ばれ、実物のないインターネット上のお金として機能しています。

一般的な国の管理下にある法定通貨とは異なり、誰のものでもない分散型の通貨として存在しているのが特徴です。

元々、2008年にSatoshi Nakamoto:サトシナカモトという名でビットコインの論文が発表され、2009年に運用が開始されたと言われています。
本来の目的は世界的に垣根なく低コストでお金のやり取りを行うための仕組みですが、2017~2018年頃に仮想通貨ブームと言えるほど話題になったのは「投機」の側面でした。

その価値が何に基づいているか誰も客観的な説明はできませんが、ビットコインの仕組みとして重要な役割を果たしているブロックチェーンという技術はセキュリティ面も強固で非常に優れた技術であると評価されています。

このブロックチェーン技術が今後さらに発展し、仮想通貨が本当の意味で通貨として機能する日がやってくるかもしれません。
仮想通貨の市場規模は今後確実に増えると言われており、日常の生活に浸透してくる可能性がありますので、今後のためにも理解を深めていきましょう。

仮想通貨関連記事一覧

資金調達方法として注目されるICO。仮想通貨を利用した資金調達方法とは?

資金調達方法ICO

現代社会で推し進められる多様化は資金調達方法にも大きく影響し、銀行などの金融機関からの融資・保有財産の処分・新規発行株の売却などの様々な資金調達手段が方法します。インターネットを駆使した「クラウドファンディング」と共に世界的規模で活発に取引され始めた仮想通貨を利用した資金調達方法...続き

韓国、公務員による仮想通貨の取引禁止

韓国政府は公務員による仮想通貨の所有や取引を禁止したと報じられた。政府中央機関の人事革新処は、公務員が勤務時間内に仮想通貨の取引を行えば懲戒処分に当たることなどを明記した文書を発表。政府省庁で勤務する役人も取引禁止の対象となる。同国の金融委員会と公正取引委員会は以前、従業員に対し...続き

運転資金の確保にお困りではないですか?

  • 支払いサイトが長いため資金のやりくりに苦慮している…
  • 売掛金を少しでも早く回収をして運転資金にあてたい…
  • 急な支払いが発生したため運転資金が足りなくなりそうだ…
調達可能な目安額をかんたん無料診断

御社が調達可能な目安額をかんたん無料診断!!

日々、全国各地の社長様がぞくぞくと診断中!!

  • 診断数700件超
  • ご相談件数No.1

下記フォームの項目を選択して送信するだけ!
いますぐ無料診断をお試しください。

5秒でわかる!

かんたんな質問に答えるだけで、いくら資金調達できるかすぐ分かります。
10万~3億円の事業資金を最短即日で調達可能です。

【無料】資金調達金額を診断する

プライバシーポリシーはこちら

今すぐお金が欲しい!資金調達診断