金融機関からの借入

金融機関からの借入とは

金融機関へ決算書や事業計画書などを提出し、審査を受け決済が下りることで融資を受ける調達方法です。

金融機関における借入には、それぞれの特徴があり、金融機関によってスタンスが大きく変わってきます。
「どのような企業への融資に力をいれているのか?」これらの特徴を把握しておくことで、交渉をより有利に運ぶことが可能となります。

This table data. Please swipe left or right.
金融機関 書類 交渉のポイント
メガバンク
上位地方銀行
  • 高い精度が要求される
  • 各銀行員の書類検証能力が高い
  • 資料を完璧にして理路整然とした説明が必要
  • カードや積立に付き合っても評価につながりにくい
その他地方銀行・ 信金・信組
  • 各書類の提出で格段に評価が上がりやすい
  • 支店担当者との関係が重要
  • 支店長と直接話す機会を多く持つと評価も上がる
政府系金融機関
  • 書類を最も重視する
  • 将来の計画を重視する
  • 経営計画書を用いて将来の企業が良くなる姿を中心にアピール
信用保証協会
  • 企業のカタログ、現場の写真、商品の写真などを添付
  • 実績に加え、融資後の改善姿勢を示す

金融機関の融資方法には4つの種類あり、それぞれに良い面と悪い面があります。
それを把握して上手に使い分けることが、銀行と上手く付き合っていく“コツ”となります。

証書貸付

「金銭消費貸借契約書」という契約書を銀行に差し出して受ける融資で、主に長期の返済期間での借入で使われます。

手形貸付

借入用の手形を銀行に差し入れ融資を受ける方法で、主に短期の返済期間での借入で使われます。

手形割引

売上代金を手形で回収した場合、その手形を銀行が買い取ることによって資金が出される融資方法です。

当座貸越

融資の極度額を設定し、その極度額までは自由に融資を受けたり返済したりできるという融資方法です。

金融機関からの借入関連記事一覧

リスケ後にさらなる追加融資は受けられるのか?リスケと追加融資の関係性とは?

risuke-tuikayuusi

銀行などの金融機関から受けている融資に対する「返済計画見直し」を行うことをリスケジュール(通称リスケ)と言います。金融機関からみると「リスケを相談してくる事業所はリスクが高い事業所」であると言えるでしょう。リスケを行ったからと言って必ずしも事業の業績が好転するとは限りませんが、リ...続き

法人融資は個人融資よりも有利?チェックすべきポイントまとめ

融資は事業の発展や継続に欠かせないものですが、法人融資と個人融資の違いが余りわからないと言う人もいます。実際に個人と法人で審査基準が変わらない金融機関も存在します。ただし、個人と法人では金利の差別化などを行っているケースも存在し、実際に比較と検討が重要になってきます。1.法人融資...続き

銀行融資を断られたらどうすればよいのか?見直しと次の資金確保が重要に

銀行融資を断られた場合は、何が問題があったか考えることが重要です。融資を断ると言うことは銀行が断る理由があったということで、経営上のリスクなどが存在すると言うことでもあるからです。何が問題なのか見直しをしなければ他の金融機関に融資を申し込んでも断られる可能性があります。また、資金...続き

運転資金の借入れで経営者・経理担当者が知っておくべき基礎知識

unten-sikin-kariire

今回は運転資金の借入れについて解説していきます。資金の利用目的はよって、銀行から受ける融資は2つに分類する事ができます。人件費や販促費など事業を運営するために必要な運転資金と生産設備や物件の契約やリフォームなど事業を運営するための設備を整える設備資金です。このうち特に経営者や経理...続き

ノンバンクには利用が危険な業者もある!その理由とは?

ノンバンクの利用に際しては、健全な運営をしている金融業者であれば、何も問題ありませんが、危険な業者も存在するといわれていますので注意が必要です。例えば、悪徳といわれるノンバンク業者の場合、利息が高いものや、中途段階での解約が不可能な契約なども存在すると言われています。そこで、ノン...続き

運転資金の回転期間に基づくの計算方法とは?企業経営者、経営担当者に必須の知識

事業を運営するにあたって最も注意しなければならないのが運転資金です。運転資金は血液のように例えられる事があります。すなわちきちんとビジネスの中で運転資金が循環している状態が健康な状態で、在庫や売掛金としてどこかに滞留していると不健康な状態という事になります。このような資金の滞留を...続き

運転資金の借入れについての基礎知識【経営者・経理担当者は必ず知っておこう!】

資金の利用目的はよって、銀行から受ける融資は2つに分類する事ができます。人件費や販促費など事業を運営するために必要な運転資金と生産設備や物件の契約やリフォームなど事業を運営するための設備を整える設備資金です。このうち特に経営者や経理担当者の頭を悩ませがちなのは運転資金です。設備は...続き

運転資金回転期間とは?詳しい内容から活用法まで分かりやすく解説!

個人事業主や中小企業にとって、運転資金の把握・確保は非常に重要なポイントとなります。運転資金が不足してしまえば事業の継続が困難になり、最悪の場合は経営不振や倒産に陥ってしまう恐れもあるからです。ここでは運転資金を把握するために重要な「運転資金回転期間」について詳しくご紹介していま...続き

運転資金の融資はどこがいい?運転資金の基礎からメリット・デメリットも解説!

運転資金は経営を行っていくために必要不可欠な資金であり、一般的に事業の売上が使用されます。しかし、個人事業主や中小企業などは自己資金力の問題で運転資金が不足してしまう事も十分ありえるでしょう。ここでは運転資金について、銀行融資をはじめ融資を受けられる金融機関、調達方法などについて...続き

【中小企業経営者の必須知識!】信用保証協会の申込み方法と審査ポイント

ある程度、経営実績が無いと銀行はプロパーで融資を行ってくれません。よって多くの企業は信用保証協会の保証付きで銀行融資を受ける事になります。信用保証協会とは銀行から企業が融資を受ける際に企業の信用を保証する団体で、企業からの返済が滞れば銀行は信用保証協会から返済を受ける事ができます...続き

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

こんなお悩みを抱えてはいませんか?
こんなお悩みを抱えてはいませんか?
  • 今すぐに1,000万円の事業資金が必要…
  • つなぎの資金を調達したい…
  • だれに相談すれば良いのだろう…

そんな経営者さまでも大丈夫!!
10万~3億円の事業資金を
最短即日で調達可能です!!

今すぐに資金繰りを改善しませんか?
あなたの資金調達可能金額はいくら?

今すぐかんたん無料診断!!
【無料】資金調達金額を診断する

無料診断後、あなたに最適な
資金調達可能の優良企業をご紹介させていただきます。
もちろん、手数料など一切の費用は要りません!!

今すぐお金が欲しい!資金調達診断