資金調達ガイド

ベンチャーキャピタル からの起業資金調達、利用した際のメリットやデメリットとは

起業するときに考える資金調達法に「 ベンチャーキャピタル 」を考える人も多いのではないでしょうか。万が一、事業に失敗したとしても返済義務が無いため、銀行で借りるよりもベンチャーキャピタルからの方がいいのではないかと考えられるかと思います。

そんなベンチャーキャピタルですか、どのような内容の企業なのか、実際に利用をしてみるとメリットばかりではなく、どのようなデメリットがあるのかなど、ベンチャーキャピタルについて解説いたします。

【 1 】ベンチャーキャピタルとは?

ベンチャーキャピタルとは、まだ上場していない企業に対して投資と経営コンサルをおこない、その企業を成長させた上で株式上場をさせ、他のファンドなどに転売をおこなって利益を得ている会社のことです。このような企業への投資業務以外にも、ファンドの運用報酬を収入源にしています。

ベンチャーキャピタルは投資金額の3倍、5倍、10倍といった、リターンを狙っているためハイリスクハイリターンを信条として業務あたっています。非常にアグレッシブな投資ファンドなので、初めて利用する方については、そのデメリットについてもよく理解した上で利用するかどうか判断するべきです。

基本的に普通株式の引き受けが投資方法となりますが、CBの引き受けや、様々な設計の種類株の引き受けも行っています。自己資金を未上場企業に対して投資を行ったり、ファンドを設立して投資家からお金を集めた上で、ベンチャーキャピタルがファンドマネージャーとなって未上場企業に投資するといったケースもあります。

未上場企業に対して出資と言う形で資金を投資し、産業育成をする事を役割としています。また、ベンチャーキャピタルは投資した企業の経営に深く関与する場合もあります。このような投資スタイルのことを「ハンズオン」と呼び、投資担当者が投資先企業の社外取締役に就任するケースも見られます。

【 2 】起業資金の調達方法

ベンチャーキャピタルには、起業し始めたばかりの企業への出資に特化したところもあれば、ある程度成長した企業に対して億単位での出資メインに行うところなど、各ベンチャーキャピタルによってそのスタンスは様々です。

企業に対して出資をおこなう目的としては、出資先がほかの企業に自社を売却するときの売却益と、出資先が株式上場した時に発生する売却益です。つまり、安く買った会社を高く売却をおこなって利益を稼ぎ出しているのです。

どの企業に投資をおこなうかの判断については、利益率を軸に据えて考慮し、選定にあたっている企業が現在どの位の価値を有していて、これからの投資を行った際にどの様な将来性があるのかを見ながら検討を進めています。

そのため提出する事業計画書には、自社の将来性のアピールやビジネスモデルなどについての理解を得られるよう、詳細な記入を心がけるとよいでしょう。

ベンチャーキャピタルに事業資金を出資して欲しいのであれば、直接問い合わせをしてみるといいでしょう。また、知り合いにベンチャーキャピタルを利用している人がいないか当たってみるのも方法の1つといえます。

ベンチャーキャピタルでは、創業まもない企業を対象にした「ピッチコンテスト」と呼ばれるプレゼンテーション大会を開催しています。

大会に参加することで、著名な経営者や投資家の前で自社のアピールをおこなうことが可能です。そのプレゼンテーションが成功すれば、出席者の目に留まり出資へと繋がるケースもあるようです。

その様な場を最大限に活かすためには「与えられた時間で自分たちの思いをいかに伝えられるか」がカギとなります。大会への参加申し込み自体は比較的ハードルが低いので、気になる方はインターネットで探してみると良いでしょう。

他にもネットで検索をおこなえば、多くのイベントや交流会が催されている情報を得ることができます。イベントの中にはスタートアップ企業を対象にしたものもあるので、参加しやすくなっています。

そういったイベントに顔を出すことによって、知り合い作りと合わせて情報を交換できたりと、新たなステップへ繋がるケースもあります。

つかんだ情報や人脈からどんなチャンスがあるのかをリサーチして、利用できる一歩を踏み出しましょう。

【 3 】ベンチャーキャピタルのメリット

一番のメリットは、出資が受けられると起業後の資金調達が確保されて安心感があるという事です。

ベンチャーキャピタルは、将来を有望視された会社にしか出資をしませんから、自社の将来性を高く評価されたというお墨付きを受けた証拠ともなります。

ベンチャーキャピタルで出資が受けられると、金融機関からの融資も受けやすくなります。株式上場を目指しているのなら、上場を達成した後の資金調達も行いやすくなる点もメリットと言えるでしょう。

そして、経営サポートが受けられる点も大きなメリット。ベンチャーキャピタルから役員が派遣されたりして、直接経営についてアドバイスを受けられます。

あまり経営の経験がない人でも、専門的な知識を身に着ける事ができ有利な経営ができます。豊富な知識とノウハウを吸収して、事業経営者として成長できるチャンスとも言えます。

そして、ベンチャーキャピタルから直接、他の出資先のベンチャー企業を紹介してくれることも珍しくありません。見知らぬ企業であっても、ベンチャーキャピタルの紹介を受け、業務提携や新たな分野への参入や、新規顧客獲得など、横のつながりを利用して会社経営を有利に進めていけます。

また、ベンチャーキャピタル側からも、投資先の企業を連携されせることで、両社が発展をすれば資金回収も助かるので、積極的に業務提携を進めてくれます。このように、ベンチャーキャピタルを利用すると、個人だけでは叶わなかった道が開け、有利な経営ができる点はメリットと言えるでしょう。

【 4 】ベンチャーキャピタルのデメリット

多くのメリットがありましたが、もちろんデメリットもあります。

1つは、投資先が経営不振に陥ると、将来性がないとみなされ資金回収に乗り出してきます。このことで、資金が手元からなくなり、経営が続けられなくなるパターンもあります。

また、ベンチャーキャピタルを利用すると、逆らえなくなるというデメリットもあります。そして、ベンチャーキャピタルから経営についてもアドバイスや要望が出されますが、自分のイメージとかけ離れていても、スポンサーには逆らえなくなり、全く違った方向へ経営を進めていかなければならないこともデメリットと言えるでしょう。

【 5 】ベンチャーキャピタルを利用する前に

このようにベンチャーキャピタルはメリットも多くありますが、失敗をすると大変なことになります。

ベンチャーキャピタルを利用するときは、現状に無理がある大型の資金が欲しいとき、資金面と経験豊富なアドバイスを頼みたい時に利用する手段だと言えます。数多くある、ファイナンス手法の中で、特殊なケースものみに上手くいく非常にはイレギュラーなものと言えます。

ベンチャーキャピタルから調達を考えるような企業は、通常売り上げや利益がまだ立ち上がらなくて、銀行からの貸し付けが困難な企業が多く、事業で稼ぐには少なすぎて事業投資するスピードが上がらないかもしれません。

ですが、市場が大きくとても成長したり、競争が激しくスピードを持って押さえないと競合戦争に負けるようなときに利用したいシステムです。

何となくベンチャーキャピタルから借りてみよう、なんて軽い考えで利用するべきではなく、長い目で見てきちんとした考えを持って利用しなければいけません。

ベンチャーキャピタル からの資金調達まとめ

ベンチャーキャピタルの仕組みについての理解が深まりましたでしょうか?

起業して間もない会社にとってはとても心強い企業で、利用するメリットも数多くありますが、失敗してしまうと大きな痛手となることもあるので、安易に利用を決めないことが大切です。

実際にベンチャーキャピタルを利用したことのある方や、業務に携わっていた方からの意見を参考に検討をおこなうと良いでしょう。

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

こんなお悩みを抱えてはいませんか?
こんなお悩みを抱えてはいませんか?
  • 今すぐに1,000万円の事業資金が必要…
  • つなぎの資金を調達したい…
  • だれに相談すれば良いのだろう…

そんな経営者さまでも大丈夫!!
10万~3億円の事業資金を
最短即日で調達可能です!!

今すぐに資金繰りを改善しませんか?
あなたの資金調達可能金額はいくら?

今すぐかんたん無料診断!!
【無料】資金調達金額を診断する

無料診断後、あなたに最適な
資金調達可能の優良企業をご紹介させていただきます。
もちろん、手数料など一切の費用は要りません!!

今すぐお金が欲しい!資金調達診断