資金調達ガイド

売掛金は早期回収した方が良い?知っておきたいファクタリングのメリット

urikakekin-soukikaisyuu

損益計算書を見ても作った売上が現金なのか売掛金かはわかりません。売上が現金化できているのか売掛金のままかということは実は経営者や経理担当者にとって非常に重要です。会社は現金が無ければ倒産してしまうからです。

売掛金は現金化できなければ意味がありません。そして売掛金の回収に時間がかかればかかるほど、現金化できるまでのつなぎに必要な運転資金は大きくなります。

よって売掛金は早期回収した方が少ない運転資金でも会社が回るようになります。

その売掛金を利用して現金化できるファクタリングという仕組みが近年注目を集めるようになりました。 ここではファクタリングによって売掛金を早期回収することのメリットについて説明します。

【売掛金は現金化できないと意味はない】

売上が増えるのは嬉しいことですが、それが売掛金の場合は注意が必要です。

決算時に現金化できていなくても売掛金は利益であると見なされますので、黒字の場合は税金を支払う必要があります。

売掛金が増えれば必要な運転資金も増加します。

売上が増加するということはそれに対応する売上原価も当然増加するからです。

帳簿上は、売上が発生したタイミングに利益と経費が発生したように見えますが実際の現金の流れは違います。

現金仕入れや販売する前に仕入れ代金を決済している場合は売上が発生するよりも先にキャッシュアウトが発生します。

商品を販売してもクレジットカード決済や売掛金として決済する場合は売上が発生するよりもキャッシュインが発生するのは後になります。

このキャッシュインとキャッシュアウトのタイムラグが長くなればなるほど必要な運転資金は増加します。よって売掛金を早く回収することが会社経営・事業運営において非常に重要になります。

【万が一売掛金を回収できなければ】

更に危険なことは、売掛金は未収になるリスクがあるということです。

売掛金は取引先といつまでにお金を支払いますよという契約に過ぎません。

よって、売掛金の支払いを取引先が渋った場合は回収するのが困難です。

手形や小切手の場合は相手の当座預金に残高がある限り相手の意思に関わらず決済できます。

万が一、決済できなければ相手の企業が銀行から融資を受けられなくなり倒産するリスクがありますので、実質的に強制力のある決済方法と言えます。

しかし、売掛金を相手に強制的に支払わせる方法は限られています。

裁判の確定判決があれば強制的に相手から代金を回収することができますが時間がかかり、相手に差し押さえられる資産がなければ意味がありません。

そして相手企業が倒産すればおそらく回収するのは困難でしょう。

特に零細企業の場合は1つの大型案件の売掛金が回収不能になるだけで、会社が倒産しかねないほど資金繰りが悪化する可能性があります。

実際には取引相手の信用性の問題が大きいですが、売掛金を回収できないかもしれないというリスクは非常に危険なのです。

【ファクタリングによって得られるメリット】

ファクタリングを利用することによって、このような売掛金のデメリットから解放されます。

まず、売掛金の早期回収によって必要なつなぎの運転資金の金額は減少しますので、少ない資金で会社の資金繰りを回すことができます。

特に、建設業のように一つの案件が長期に渡ることが多く、仕事に実際に着手してから代金を貰うまでに時間がかかる業種にとっては大きなメリットだと言えます。

また、債権が回収できないリスクを心配する必要はありません。

日本のファクタリングサービスでは債権が回収できなかったとしても利用者に償還を請求できないノンリコースファクタリングでの契約が一般的です。

つまり、ファクタリングを利用して債権を現金化すれば回収できるか否かはファクタリング会社の責任となり、利用者はファクタリングの代金を返却する必要はありません。

ですので、リスクを踏まえて、現在の売掛金がそのままでいいのか、早めにファクタリングを利用して早期回収するほうが良いのか、しっかり判断することが大事です。

【ファクタリングの早期回収メリットと手数料】

上記のようにファクタリングには早期回収メリットが存在しますが、反面手数料も必要となります。

この手数料についてどのように考えれば良いでしょうか。

銀行の融資よりも資金調達コストは高くなりがちですが、ファクタリングの手数料は決して暴利ではありません。

ファクタリングを利用すれば、銀行が相手にしてくれないほど財務体質が悪かったり、創業間もない会社でも資金調達を行うことができるからです。

更に、ファクタリング会社も大きなリスクを抱えた上でファクタリングサービスを提供しています。

もし、売掛金を回収できなければ、ファクタリング会社は大損してしまいます。

2社間ファクタリングの場合は売掛金を利用者に使い込まれる可能性があります。

更にもしかすると架空の売掛金を販売する詐欺師に騙される可能性もあります。

更にそのリスクをとって得た手数料の中から、債権譲渡登記費用や印紙代、紹介料などの必要経費を支払う必要がありますので、手数料がまるまる利益になるというわけではありません。

以上のようなことを踏まえるとファクタリングの手数料は決して高すぎるということはありません。

【時間軸で経営効率を考える】

経営において収益性を考えることも大切ですが、スピード感を考えることも重要です。

売掛金をファクタリングで早期回収するのもスピード感の1つです。

しかし、多くの経営者や経営担当者は収益性を重視してスピード感を軽視しがちです。

例えば、3年間で100万円を150万円にする方法と、1年間で100万円を115万円にする方法、より多くの利益を生み出すのはどちらでしょうか。

実は1年間で100万円を115万円にする方法の方が大きな利益を生み出します。

100万円×(1.15の3乗)≒152万円 と3年間で2万円だけ大きくなります。

しかし、多くの経営者はこのスピードの重要さに気づいていません。

スピードを考慮せずに、50%も利益を発生させる仕組みの方が15%しか利益が発生しない仕組みをより優れていると思う人がいますし、年間15万円だから3年間で45万円になるので50万円よりも5万円少ないと思う人もいます。

スピードが早くなることが掛け算で効果を発揮するということにあまり注目しないのです。

これは企業の資金繰りについても同様で少し利益率を悪くしてもキャッシュアウトからキャッシュインのスピードを短縮した方が、トータルでは効率が良い場合があります。

ぜひ、粗利率や販管費だけで収益性を考えるのではなく、時間軸も加味した上で経営効率を考えてみてはいかがでしょうか。

【最後に】

本記事の最後の方でも説明しましたが、単純に費用をかけるのは良くないと考えるのではなく、費用を出して時間を買うという考え方は非常に重要です。

ファクタリングを行うことによって企業は売掛金を早期回収することができます。

ファクタリングを銀行手数料と比較して高いから良くないと考える人もいますが、単純に手数料の額だけで判断するべきではありません。

ファクタリングを行うことによって利用者はキャッシュインまでにかかる時間を買っているのです。

売掛金をファクタリングで現金にする場合も早期回収のメリットと言えます。

また、ファクタリングは保険のような性質を持っています。

一般的にファクタリングした債権の回収義務はファクタリング会社にあります。

つまり債権を回収できないかもしれないというリスクを利用者はファクタリング会社に転嫁していることになります。

このように考えればファクタリングの手数料は決して高いというわけではありません。

確かに急場の資金ショートを防ぐために使うのには銀行融資と比較すると高いかもしれません。

しかし、

・銀行の融資枠に影響を与えずに少ない自己資金で運転資金を賄えるようにする

・危険な取引先の債権回収リスクを転嫁する

・早期回収することでスピード感を出せる

など効果的に使える局面が存在します。

銀行に依存しない経営体質を作りたいという経営者や経理担当者は、効果的に使える局面ではファクタリングを積極的に利用して売掛金を早期回収することも選択肢の1つとして持っておくのが良いでしょう。

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

こんなお悩みを抱えてはいませんか?
こんなお悩みを抱えてはいませんか?
  • 今すぐに1,000万円の事業資金が必要…
  • つなぎの資金を調達したい…
  • だれに相談すれば良いのだろう…

そんな経営者さまでも大丈夫!!
10万~3億円の事業資金を
最短即日で調達可能です!!

今すぐに資金繰りを改善しませんか?
あなたの資金調達可能金額はいくら?

今すぐかんたん無料診断!!
【無料】資金調達金額を診断する

無料診断後、あなたに最適な
資金調達可能の優良企業をご紹介させていただきます。
もちろん、手数料など一切の費用は要りません!!

今すぐお金が欲しい!資金調達診断