資金調達ガイド

即日融資の審査を通すためのコツとは?実行すべきコツを紹介!

即日融資とは、申込みした日のうちに融資が可能となるシステムのことです。
カードローンやクレジットカードなどを始め、事業者用途が主眼となる事業者カードローンやファクタリングなどでも即日融資に対応しているものは相当増加しています。このうち、ファクタリングは融資には該当せず、所定の手数料を支払うことにより売掛金を買い取る資金調達のことを指します。

即日融資での審査を通すためのコツを実践することにより、10万円ないし30万円程度であれば、驚くほど容易に即日融資を実現できるのです。
一刻も争うほど急遽資金を要する場面に遭遇している人ほど当記事をご覧下さい。

要望する金額に応じて即日融資の種別を選択する

ただ一言に即日融資といっても、どの程度の金額を要望するかによっても、どの業者を選択すべきかが異なってきます。もし、50万円以内の少額でよければ、消費者金融のカードローンを利用することを推奨します。
審査の難易度に関わらず、とにかく金利を低く留めたいということであれば、銀行によるカードローンを用いることが望ましいでしょう。
そして、たとえ高金利であっても、気軽な即日融資を検討している場合であれば、クレジットカードを申込むと良いでしょう。
他方、事業資金の場合、100万円ないし300万円相当の費用を調達するに際しては、事業者カードローンに申込むと良いのですが、審査が容易であること、なおかつ1000万円以上もの資金調達を要望する場合には、ファクタリングを選択することを推奨します。

30万円程度の即日融資を実現させることは、驚くほど容易なことです。消費者金融の場合、50万円以下の借入をする際に、源泉徴収票や納税証明書などの収入に係る書類の提出を要せず、身分証明書のみで即日融資が可能となるからです。
他方、クレジットカードや信販会社を用いての融資に至っても、年収の3分の1を下回る融資、あるいは50万円以下のキャッシングであれば、例外を除き収入に係る書類の提出は要しないために手軽ともいえるでしょう。

所得証明書が必要な場合とそうでない場合

近時では、銀行や信販会社、それに消費者金融のそれぞれが、利用層を拡充する目的をもって融資に係る審査の敷居を下げています。従前の安定した職業に就業している人ばかりでなく、フリーターなどの比較的不安定な雇用形態に就業している人や専業主婦に加えて、学生に至っても容易に即日融資を行えるように門徒を広げていることが顕著です。

所得証明書の提出を要しない金融商品の数が増加している反面、個人事業主や経営者の場合であれば、借入金額がいくらであろうとも所得証明書を提出しなければなりません。
さらには、専業主婦やフリーターなどの雇用形態に加えて、他社での借入件数や借入額が膨らんでいる場合には、借入金額に左右されず収入のあることを証する書類の提出を求められる場合もあるようです。そうしたことから、念のために収入証明に係る書類が必要であるか否かを事前に問い合わせておくようにして下さい。

決して各自の職種に応じて審査自体が異なってくるものではありませんが、資金調達のための即日融資を行う際には申込みに差し当たって必要書類が増加することに留意しておきましょう。
必要書類が増加すれば、その数に応じて準備に手間取ることが予測されるために、即日融資を要望する際には、なるべく余裕のあるうちに申込みを申請して下さい。

拡大しつつある即日融資

即日融資は消費者金融が端緒だったのですが、近時においては銀行のみならず、信販会社であっても即日融資が可能となっています。

大手メガバンクを母体とするカードローンや、ネットバンキングと称されるカードローンが、即日融資のなかでも格別迅速な審査を行っています。

さらに地銀の取り扱うカードローンも、保証会社に消費者金融を委託することにより、審査の迅速性から即日融資を実現できているものが増加しています。注意していただきたいのが、即日融資が可能であっても、申込みをした曜日や時間帯によって翌日になってしまう場合もあることです。

消費者金融に係る即日融資

消費者金融のカードローンにおける即日融資は、24時間365日随時申込を受付けているところが多いようですが、午前中までに申込みを終えておき、午後に借入することもできるのです。営業時間が長時間にわたる金融機関であれば夕方時点に申込みをしたとしても当日の夜間には現金を入手できる可能性も高いといえるでしょう。

昼間勤務のため即日融資に係る手続が不可能であるならば、あらかじめインターネットで申込みをしておくことによって、仕事帰りにはカード発行手続や契約書の受け取りのみとなるために、充分に即日融資は可能なのです。

ファクタリングでの即日資金調達

一部ではあるのですが、クレジットカードや事業者カードローン、それにファクタリングに至っても即日ないし数営業日以内で資金調達が可能です。このファクタリングは通常の融資とは異なり、信用情報に基づいて審査を行わず取引先の状況に応じて審査するために、申請者の信用情報に左右されない資金調達が可能です。
そして、融資と比較しても確実性が相当高いばかりでなく、明らかに高額な資金調達を可能であるがゆえに、通常の事業者カードローンやクレジットカード、カードローンで審査に否決された場合であっても挑戦してみるべき資金調達方法といえるでしょう。

審査が甘い業者は存在するのか

審査については、いずれの申請者も気になるところですが、貸付を行う機関が自ら審査が甘い旨を謳うはずがありません。改正貸金業法により、このような甘言は禁じられているからです。しかし、審査の難易度そのものに関しては、傾向が判明しているのです。

総合的に審査が易しいとされているものは、消費者金融の扱っているカードローンでしょうね。次いで、銀行カードローン、信販会社の取り扱うカードローンの順番になっています。
消費者金融のなかでも銀行系のものであれば、さらに審査が容易であるとされ、金利面についても銀行程度であることから、人気を博しています。
信販会社よりも銀行のほうが審査が易しいとされている根拠は、消費者金融が保証会社になっていることが多々あるからであり、このために即日融資を実現しているのです。インターネット銀行に至っても審査が迅速かつ即日融資を実現しているために人気を博しています。

信販会社はクレジットカードを主として取り扱っているのですが、カードローンの契約も可能なのです。審査が厳しい反面、申請者に負担のない金額を確認していることから、信頼性があるとも取れるのです。

消費者金融は、インターネット完結サービスを含め、審査が迅速である反面、借入限度額が少なめに設定される傾向があるために、初回の契約から50万円を上回る借入は困難です。
そして、融資限度額が高額であろうとも即日融資の場合には30万円ないし50万円程度の融資しか不可能といえるでしょう。もしさらに高額な融資を希望するのであれば、即日融資は諦めるか、収入のあることを証する書類を準備するなどすべきです。

この点、ファクタリングは、審査の迅速性に付け加えて高額な資金調達を実現できるのです。当然ながら、ファクタリングは融資でなく、売掛先の経営状況に応じて可否が決定されるために融資とはその性質を異にしています。

即日融資の審査を通すためには

即日融資を実現するためのコツを解説していきます。

審査の難易度がどのようなものかを把握しておく

まずは、審査における難易度がどのようなものであるかを把握しておくことです。これによって、自己ないしは自社に見合った方途を選択し得ることに繋がってくるからです。いくら低金利を謳っているローンであろうとも、審査が難しすぎれば融資に否決しかねないために、審査が平易であるものを選択することが重要です。

申請はインターネットで

そして、即日融資をより確たるものとするには、インターネットで申請を行うことが重要です。インターネット以外にも郵送手続やFAXによるものなど諸々の手段が存在するのですが、各種手続のうち最も迅速に行い得るのがインターネットによる申請でしょうね。
なぜなら、インターネットからの申請であれば、年中無休24時間、随時かつ任意な時間帯に行うことが出来るからです。カード発行の必要性があるものであれば、店頭や契約機などに赴かなければならないのですが、近時ではカード発行自体を要しない種類のローンも増加しているために、審査の迅速性は加速しつつあるのです。

年収に合致した借入希望額を申請

年収や所得に応じた借入希望額を申請しましょう。年収が400万円であるのに対して800万円を希望すれば無謀といわざるを得ません。業者のなかには申請者に見合った金額に調整してくれるところもあるのですが、個人の場合、初回の借入時には少なめに申請しておくことによって可決に至りやすくなる傾向があります。

事前に必要書類を準備しておく

審査に要する書類に関しては、事前に用意しておきましょう。審査時に所得証明書などがなければ即日融資は望めなくなります。そのほか、本人確認書類の有効期限や記載事項の不備にも留意しましょう。

電話審査が行われた際のシミュレーションを実施

事前に記入していた内容を確認する電話審査が行われるのですが、これは主として申込みの内容と齟齬がないかを確認するためのものになります。
万一、記載内容と電話の応答内容とでズレが生じていれば、最悪虚偽と思われかねず審査に不利となることから、記載内容を入念に確認するとともに誤りが判明した場合にはオペレーターに先んじて訂正するようにしましょう。
電話審査を苦手とする人も少なくはないようですが、あらかじめシミュレーションしておけば、いくらかは安心でしょうね。事業資金の調達のためであれば、使途などを記載したメモなどを手元に置いておくのも悪くはありません。

申請書類に関して

万一、現住所と本人確認等記載の住所が違う場合、最新の公共料金の送付書や納税証明書などを用意しておきましょう。公共料金のうち、携帯電話に関しては受け付けてもらえない場合があるようですから、注意しておくことです。

審査の難易度から比較

 

審査の難易度は、金融機関に種別に応じて異なってきます。そして、ローンかクレジットカードであるか、あるいは事業者カードローンであるかによっても異なってくるのです。審査の難易度に照らして即日融資に望むべきでしょう。

近時では、信販会社が最も難解であるとされています。次いで銀行、消費者金融、事業者カードローン専門の金融機関の順序で易しくなる傾向があり、最も平易なものがファクタリングとなっています。

もし個人融資を望むに際して、審査面で懸念される場合、消費者金融に申請してみるとよいでしょう。

他方、経営者や個人事業主であれば、事業者カードローンかファクタリングを利用することが推奨されます。

まず事業者カードローンの場合であれば、消費者金融や事業者カードローンを専門とする機関を介して、より優位な融資を実現できます。冒頭で述べた30万円程度の融資であれば容易であり、業歴があまりなくとも100万円ないし300万円程度の借入限度額であれば、迅速に可決されるかも知れません。

無論のこと、銀行にも事業者専用のローンがあるものの、銀行の場合は審査が難解であるばかりか審査期間も長期に及ぶためにあまり推奨されません。特にプロパー融資であれば、相応の実績がなければ、まず可決自体困難です。
銀行の事業者専用ローンを選択するのであれば、口コミで好評を得ているものを選択するようにしましょう。そのような銀行であれば、さほど審査も厳しくもなく、即日融資も可能であるなど多数のメリットが存在することでしょう。

次にファクタリングですが、これは融資でなく、売掛金を資金化するものであり、1000万円を超えうる資金調達を実現できるばかりでなく、即日融資ないしは翌営業日には資金調達を可能とするのです。もし既に金融機関での審査が否決に至った場合であっても、その審査基準が異なることから、残る手立てに位置付けられるものなのです。

無論のことファクタリングに留まらず、事業者カードローンにも申請することによって、資金ショートを回避することに役立つはずです。事業者であれば、これらを併用することをオススメします。

即日融資が徒労に終わらないためには

どのサービスにすべきか入念に検討する

即日融資をする際には、どの業者が適しているか判断を入念にして下さい。融資やファクタリングをする上で重要なのは、なるべく優位な条件で用いることの可能な業者の選定です。
そのため複数の業者で比較検討すると良いでしょう。

金利や手数料など返済時を考慮する

どの程度の金利や手数料が生ずるのかを把握しておくことが重要です。返済時のことも考慮しておきましょう。

審査の難易度を把握しておくためにスコアリングを利用する

これから用いる手段に係る審査がどの程度の難易度であるかを把握しておきましょう。いくら待遇面で優れていても審査に通過しなければ何らの意味もないのです。所得に係る状況や家族構成、それに他社の借入状況などに照らせば、どのようなスコアリングであるかが定かになるために、審査の可否を判断する上で好都合です。

最後に

以上のとおり、即日融資に可決するための方途について解説してきました。
急遽事業資金を調達しなければならない場合、ファクタリングが一考すべき余地があるといえます。
一般であっても、急遽資金が必要としている人であれば、即日融資を用いると良いでしょう。

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

こんなお悩みを抱えてはいませんか?
こんなお悩みを抱えてはいませんか?
  • 今すぐに1,000万円の事業資金が必要…
  • つなぎの資金を調達したい…
  • だれに相談すれば良いのだろう…

そんな経営者さまでも大丈夫!!
10万~3億円の事業資金を
最短即日で調達可能です!!

今すぐに資金繰りを改善しませんか?
あなたの資金調達可能金額はいくら?

今すぐかんたん無料診断!!
【無料】資金調達金額を診断する

無料診断後、あなたに最適な
資金調達可能の優良企業をご紹介させていただきます。
もちろん、手数料など一切の費用は要りません!!

今すぐお金が欲しい!資金調達診断