資金調達ガイド

資金調達のプロが多様化する資金調達方法を分かりやすく解説!

sikintyoutatu-puro-gaido

ファクタリングや流動資産担保融資保証制度(ABL保証)、クラウドファンディングなど、新たな資金調達方法が登場しています。

資金調達に関する金融経済環境は改善されてきたと言えますが、同時に複雑になってきたのも事実です。

多様化が進み様々な資金調達方法が存在する現在は資金調達が容易になったと言えますが、情報過多であるとも捉えられます。

最も適した資金調達方法を探し当てるのが困難になってきていると言えるでしょう。

そこで、資金調達のプロ集団が運営する資金調達情報サイト「資金調達ガイド」では様々な資金調達情報を具体的に解説・紹介する情報を発信すると共に、プロとして効果的な資金調達のアドバイスを行っています。

資金調達のプロフェッショナル「資金調達ガイド」にどのような有効情報が掲載されているかを紹介します。

有益な資金調達情報とは?資金調達ガイドがあらゆる方法を徹底解説!

一般的な資金調達として知られるのが銀行融資による資金調達ですが、銀行融資の審査は業歴や事業実績が重要視されるために、資金が必要となる創業・起業・開業時の資金調達に銀行融資を利用することは現実的ではありません。

しかし公的機関の信用保証や公的融資を利用する制度融資を利用することで、創業資金を融資で賄うことは可能です。

公的機関の保証や公的融資の利用には民間銀行の融資同様に保証や融資に対する審査が存在するため、審査のポイントを押さえた融資申し込みを行う必要があります。

ひと口に資金調達と言っても業態や業歴、必要とする資金調達額や資金調達実現までの時間などによって効果的な資金調達手段が異なります。

やみくもに銀行融資にこだわった結果、審査期間中に運転資金がショートしてしまい融資を受ける前に運営が立ち行かなくなるケースや面倒な審査を嫌うあまり割高な貸付金利の借入を繰り返し金利負担が重すぎるケースなどが存在しますので、最適な手段で資金調達を行うことは事業運営に欠かせない条件だと言えるでしょう。

各資金調達方法をしっかりと掘り下げ、具体的なヒントを提供する資金調達のプロ

資金調達ガイドのサイト内では資金調達方法を次に挙げる10種類にカテゴライズし、しっかりと掘り下げた具体的情報を提供しています。

  • ファクタリング
  • 公的融資制度
  • 記入機関からの借入
  • 個人投資家からの借入
  • ベンチャーキャピタルからの出資
  • 助成金や所保金の利用
  • 事業者ローン
  • カードローン
  • 親族や知人からの借入
  • その他の資金調達手段

これらの資金調達手段の存在を知りながらも、各調達方法の特徴を具体的に掴めていないことは大きなマイナスだと考えられるので、資金調達ガイドでは徹底的に深堀した解説で効果的な資金調達のヒントを共有しています。

当然効果的だと言われている資金調達方法も業態や事業運営状況によって向き不向きがあることから、1つの資金調達手段を様々なシチュエーションや切り口から分析・解説することで資金調達を求める方にとって最適な方法が見つかると言えるでしょう。

また資金運用方法として大きな期待を集めている仮想通貨や資金調達の最前線で活躍するファイナンシャルプランナー・税理士・行政書士・資金調達コンサルタント等のプロの専門家による鮮度の高いコラムなどの掲載を行うことで臨場感のある資金調達の現場を紹介しています。

資金調達ガイドは個人向け資金調達情報も網羅する資金調達のプロサイト

資金調達と聞くと事業性資金の資金繰りをイメージしがちですが、資金調達ガイドでは個人消費に於ける家計のやり繰りも1つの資金調達と捉え個人向け資金調達についても有益情報を共有しています。

大規模な金融機関の再編成が推し進められ民間銀行と消費者金融大手の提携が進み、カードローンやキャッシングなど個人向け無担保融資の金融商品が数多く提供されている現在、どの個人向け金融商品を選ぶかは非常に重要なポイントだと言えます。

銀行が提供するカードローンやフリーローン等の金融商品、銀行系消費者金融の提供する金融商品、ノンバンクの提供する金融商品などの特徴やメリット・デメリットをしっかりと掴んでおくことは賢い消費者に求められるスキルだと言えるでしょう。

資金調達ガイドでは知名度が高く身近な存在である個人向け無担保融資を中心に、キャッシングとカードローンの違いやリボ払いの落とし穴、おまとめローンなどを具体的に解説・紹介し個人向け資金調達のサポートも行っています。

会計システムから資金調達のガイドブック的な万能プロサイト

会計業務や資金調達手段などは専門的知識が必要そうなイメージがあり「とっつきにくい印象」を覚え抵抗を感じる方も少なくないでしょう。

しかし資金管理や資金調達の知識は持っていても決して邪魔になるものではなく、これらの知識を持つことでものの見方が変わってくる有益な情報だと言えます。

金融用語などの羅列情報も散見しますが、資金調達ガイドは難解な専門用語を判り易く言い替えることで金融に対する見識を簡単に得られるようなサイトだと言えるでしょう。

起業を志す方や既に起業した会社の資金繰りを改善したい方、個人的な借入の返済に苦労している方、更には専門的知識を得てスキルアップを目指す方まで全ての方にとってのガイドブックと成り得る資金調達情報のプロフェッショナル「資金調達ガイド」を活用してみてはいかがでしょうか。

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

  • 今すぐに1,000万円の事業資金が必要…
  • つなぎの資金を調達したい…
  • だれに相談すれば良いのだろう…
資金繰りにお悩み

資金調達でお悩みの経営者さまへ

5秒でわかる!

かんたんな質問に答えるだけで、いくら資金調達できるかすぐ分かります。
10万~3億円の事業資金を最短即日で調達可能です。

【無料】資金調達金額を診断する

プライバシーポリシーはこちら

資金調達ガイドでは、
売掛金買取の優良会社をご紹介させていただいております。
もちろん、手数料など一切の費用は要りません!