資金調達ガイド

資金繰りが悪化して資金ショートしそうな時の資金調達方法

sikinguri-syoto

帳簿上の赤字が続いても会社は倒産しませんが、資金繰りが悪化して資金ショートすると、一瞬で倒産に追い込まれる危険があります。

資金ショートは絶対に回避しなければいけませんが、どのようにすれば資金ショートを回避できるのでしょうか。

この記事では、資金繰りが悪化して資金ショートしそうになった時の対処法などを説明します。

資金繰りのショートとは?

企業活動では、商品の仕入れ代金(買掛金)の支払いや従業員の給料の支払いのために、現金や預金を運転資金として準備しておくことが必要です。

予期せぬ出費などで運転資金が枯渇してしまい、買掛金や給料の支払いができなくなる状態に陥ることを「資金ショート」と呼んでおり、資金繰りがショートするのは会社の倒産の引き金になります。

資金繰りがショートする原因

売上が低下すると収入が減少するため、必然的に資金繰りが悪化します。この状態が続くとやがて資金繰りがショートしますので、売上を増やすための努力を行うことが必要です。

しかし、売上を増やしても資金ショートすることがあるため、資金繰り表を作成するなどしてお金の出入りを入念にチェックすることも大事になってきます。

売上金がすぐに現金として入金できると良いのですが、売掛金は支払われるまでに時間がかかりますので、売掛金が支払われるまでの間に資金繰りがショートすることがあります。

また、取引先の倒産などで売掛金が回収不能になることもあり、売掛金が回収できなくなると資金ショートを起こすことが多いです。

資金繰りがショートすると会社はどうなる?

資金繰りがショートして手形の不渡りが半年間に2回発生すると、銀行取引停止処分を受けます。銀行取引が停止になると営業活動ができなくなるため、倒産は時間の問題です。

資金ショートして買掛金の支払いができなくなると会社の信用は失墜し、取引先が離れていきます。

従業員の給料の支払いができなくなると、退職する従業員が増加して会社の存続が困難になります。

いずれにしても、資金ショートは倒産に直結するため、企業経営者はあらゆる手段を講じて資金繰りのショートを回避することが企業経営者の大事な仕事です。

資金繰りのショートを回避するには

資金繰りのショートを回避するには売上を増やすことが大切ですが、売上を増やしても実際に現金が入ってこないと黒字倒産することがあります。

よって、資金繰りのショートを回避するには、売掛金の回収と買掛金の支払いのタイミングを徹底的に管理して、運転資金が枯渇しないように資金繰りを行うことが大切です。

キャッシュインを早めてキャッシュアウトを遅らせる

資金繰りを改善するには、キャッシュインを早めてキャッシュアウトを遅らせることがポイントです。

キャッシュインを早めるには、売掛金や未収金の回収を早めることが必要になりますが、これは取引先と交渉するしかありません。

キャッシュアウトを遅らせるには、買掛金や未払金の支払いを遅らせることが必要で、これも取引先との交渉によって実現できます。

いずれにしても資金繰りを改善するには、取引先との交渉がポイントになりますが、中小企業の多くは弱い立場に置かれており、取引先との交渉を成功させることは非常に難しいのが現状です。

キャッシュインを作りキャッシュアウトを防ぐ

キャッシュインを作り、キャッシュアウトを防ぐことも資金繰りの改善につながります。

キャッシュインを作る方法には、増資や社債の発行、借入、売掛債権の流動化などがあり、これらを行うことで手持ちの現金が増えますので、キャッシュフローが改善します。

キャッシュアウトを防ぐにはコスト削減をするしかなく、人件費の削減や人件費以外の固定費を見直すなどして支出を減らし、キャッシュフローの改善を図ります。

資金繰りがショートしそうな時の資金調達方法

資金ショートしそうな時は、早急にキャッシュインを作って運転資金の枯渇を防ぐことが急務です。

早急にキャッシュインを作る方法として、金融機関からの融資や売掛債権の流動化などの方法があります。

金融機関からの融資による資金調達

金融機関からの融資の場合、300万円から3億円程度の資金調達が可能です。

会社の規模や信用状態によって融資額は違ってきますが、融資が実行されるまでに1ヶ月から3ヶ月程度かかりますので、資金繰りがショート寸前の状態に陥っている場合だと間に合いません。

ノンバンクのビジネスローンだと金利は年率6%~18%と高金利になりますが、即日融資が可能になる場合があり、迅速な資金調達が可能です。

資金調達を急いでいる場合はビジネスローンは有効ですが、一度に多額のお金を借りてしまうと返済が大変になり、将来のキャッシュフローが悪化しますので、ビジネスローンの利用は慎重に検討するようにします。

売掛債権の流動化による資金調達

売掛債権流動化とは、入金が数ヶ月先になる売掛債権の流動性を高め、支払期日の到来を待たずに現金化を図ることをいいます。

売掛債権の流動化による資金調達の方法には、売掛債権証券化とファクタリング、売掛債権担保融資があります。

売掛債権証券化は、企業が保有している売掛債権をSPVという特定目的法人に譲渡して、売掛債権の現金化を図る方法です。

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に譲渡して、所定の手数料を支払うことで売掛金の現金化を図ります。売掛債権担保融資は、売掛債権を担保に融資を受けることで資金調達を行います。

売掛債権証券化とファクタリングは借金ではありませんが、売掛債権担保融資は借金ですので、借りた資金は利子をつけて返済することが必要です。

ファクタリングによる資金調達

資金繰りが悪化して資金ショート寸前の場合、ファクタリングを利用すると迅速な資金調達が可能です。

ファクタリングは借金ではないため返済は不要であり、将来のキャッシュフローが悪化することはありません。

ファクタリング会社は急ぎの資金需要にも対応してもらえますので、迅速に運転資金を確保できキャッシュフローの改善が図れます。

ファクタリングは2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあり、2社間ファクタリングは手数料は高くなりますが、売掛債権を譲渡したことが取引先に知られずに済むためメリットが大きいです。

償還請求権なしのノンリコースのファクタリングの場合は、万一、売掛金が回収できなかった場合でもファクタリング利用会社は支払責任を負わないため、確実に売掛金の流動化が図れます。

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

こんなお悩みを抱えてはいませんか?
こんなお悩みを抱えてはいませんか?
  • 今すぐに1,000万円の事業資金が必要…
  • つなぎの資金を調達したい…
  • だれに相談すれば良いのだろう…

そんな経営者さまでも大丈夫!!
10万~3億円の事業資金を
最短即日で調達可能です!!

今すぐに資金繰りを改善しませんか?
あなたの資金調達可能金額はいくら?

今すぐかんたん無料診断!!
【無料】資金調達金額を診断する

無料診断後、あなたに最適な
資金調達可能の優良企業をご紹介させていただきます。
もちろん、手数料など一切の費用は要りません!!

今すぐお金が欲しい!資金調達診断