資金調達ガイド

【個人向け】プロミスのキャッシング・ローンはこの4種類!特徴やメリット&デメリットも解説

キャッシングやローンを検討している方で、消費者金融大手のプロミスが気になっているという方も多いのではないでしょうか。しかし、プロミスに限った話ではありませんが個人向けのキャッシング・ローンは非常に数が多く、自身に最適なものを探すだけでも時間がかかってしまうものです。

ここではそんな方達に向けて、2018年現在でプロミスが取り扱っているキャッシング・ローンをご紹介しています。

プロミスの概要

プロミスが設立されたのは1962年の3月、当初は「関西金融株式会社」という名称でしたが1年後には「関西プロミス株式会社」に変更しています。

その後、度重なる吸収・合併を繰り返してきたプロミスは2012年の7月に現在の「SMBCコンシューマファイナンス株式会社」へと社名を変更しました。

一般的に「プロミス」という名前がよく知られていますが、これはあくまでブランド名であり社名ではありません。

ちなみに、SMFGの完全子会社となって以降は親会社の三井住友銀行の影響で審査の基準が変わっており、特に総量規制に関する項目などが厳格化されているようです。

三井住友フィナンシャルグループに吸収される前は経営が危うい時期もありましたが、現在は知名度や利用者数ともに消費者金融業界でトップクラスなのは間違いないでしょう。

プロミスの個人向けキャッシング・ローンはこの4種類

ここからは、プロミスが取り扱っている個人向けのキャッシング・ローンをチェックしていきましょう。2018年5月現在で、プロミスの個人向けキャッシング・ローンは合計4種類存在します。

このほか、個人事業主が申し込める「自営業者カードローン」もありますが今回はご紹介していません。

また、スマートフォンアプリを利用した借入れ方法である「アプリローン」に関しては、内容を考慮して「メリット&デメリット」で別途ご紹介しています。

① フリーキャッシング

プロミスが取り扱っている個人向けのキャッシングの中で、最も利用しやすいと言えるのがこのフリーキャッシング。

限度額は500万円までとなっており、担保や保証人も不要としている事から申し込みから借入まで短期間で進める事が出来ます。

フリーの名がついている通り、生活費に限れば基本的にどのような用途でも使える事がメリットでしょう。

個人事業主でも申し込むことが可能となっており、その場合は生計費と事業費の2つの用途で使えます。また、フリーキャッシングのみ利息が日数計算方式に設定されているのも見逃せません。

基本的にキャッシング・ローンは月割りでの計算が多い中、この点は利息を安くする上で大変優れたシステムだと言えます。

・限度額/500万円まで

・実質年率/4.5%~17.8%

・遅延利率/20.0%

・貸付条件/20歳以上、69歳以下で本人に安定した収入のある方

・担保、保証人/不要

https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APD67Control/APD67002

② レディースキャッシング

プロミスのレディースキャッシングは、その名の通り女性のためのキャッシングです。

女性オペレータが対応する専用のダイヤルが設けられており、安定した収入さえあれば主婦や学生でも申し込む事が出来ます。

昨今は女性の社会進出が推奨されており、そのような国内の現状を反映したキャッシングだと言えるでしょう。

ちなみに商品の内容は先にご紹介したフリーキャッシングと同じものです。ちなみに「女性限定(女性しか申し込めない)」とはどこにも記載されていませんが、クレームなどに配慮してそのようになっていると思われます。

・限度額/500万円まで

・実質年率/4.5%~17.8%

・遅延利率/20.0%

・貸付条件/20歳以上、69歳以下で本人に安定した収入のある方

・担保、保証人/不要

https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APA00Control/APA00008

③ 賃金業法に基づくおまとめローン

複数の賃金業者からの借入、総量規制である年収の3分の1を超える借入を行っている場合にのみ利用する事が出来るのがこちらの賃金業法に基づくおまとめローンです。

当然ではありますが、資金用途は借入金の返済のみとなっており新規での契約は出来ません。

しかし、既にプロミスで契約を行っている分もおまとめローンへ切り替え出来るなどのメリットがあります。

銀行のおまとめローンに比べると限度額は低めに設定されていますが、消費者金融のおまとめローンとしては平均的です。

・限度額/300万円まで

・実質年率/6.3%~17.8%

・遅延利率/20.0%

・貸付条件/20歳以上、69歳以下で本人に安定した収入のある方

・担保、保証人/不要

https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APD67Control/APD67008

④ 目的ローン

他のキャッシングとは違い、目的ローンは結婚式や教育資金など既に使い道が決まっている方に向けたローン商品です。

担保や保証人が不要な事、資金用途がフリーキャッシングやレディースキャッシングとまったく同じである事を考えるとしっかりと区別されている訳ではありません。

しかし、1万円~300万円という幅広い融資額に対して金利は6.3%~16.5%に設定されています。

最高金利はプロミスの他のキャッシングに比べると安くなっていますので、その分お得に利用する事が可能なのです。

・限度額/1万円~300万円

・実質年率/6.3%~16.5%

・遅延利率/20.0%

・貸付条件/20歳以上、69歳以下で本人に安定した収入のある方

・担保、保証人/不要

https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APD67Control/APD67004

プロミスのカードローンを利用するメリット&デメリット

プロミスの個人向けキャッシング・ローンについて理解した所で、次はメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリットやデメリットをすべて解説すると少々長くなってしまいますので、ここでは先にご紹介した4種類を前提にご紹介しています。

特に他の消費者金融のキャッシング・ローンと比べてどのような利点を持っているか、比較しながらチェックしていきましょう。

・審査に問題が無ければ即日融資も可能

プロミスのキャッシング・ローンは基本的に即日融資を謳っており、最短で30分~1時間の融資も可能としています。

例えば、安定した収入を持っており信用情報に延滞歴などが無い方であれば問題無く審査を通過する事が出来るでしょう。

審査に通過する可能性がまったく分からないという方であれば、プロミスのホームページ上にある「お借入シミュレーション」を利用する事である程度の推測は可能です。

ただし、今回ご紹介したものの中で「おまとめローン」だけは他社の借入状況なども調べる必要性があるため即日融資は難しいでしょう。

「お借入シミュレーション」

https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/BPB00Control

・アプリローンを利用すると更に便利

その名の通り、スマートフォンのアプリを利用する事で申し込みやキャッシングを手軽に行えるようになるプロミスのアプリローン。

必要書類もスマートフォンで撮影して提出する事が出来るので大変便利です。

自身の口座に振り込む方法、セブン銀行のATMを利用する方法など借入れ方法が複数用意されているのが魅力的。

既にプロミスの他のローンに申し込んでいる方も利用する事が出来ますが、その場合は「既にお取引中のお客様」からログインする事になるため実質的に他のキャッシング・ローンと統合されます。

また、新規で申し込んだ場合の商品内容はフリーキャッシングとまったく同じものです。

「アプリローン」

https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APA00Control/APA00027

・30日間の無利息期間が設けられている

プロミスを初めて利用する方のみ、30日間の無利息期間がサービスされます。サービス提供の条件は簡単なものであり、申し込み時にメールアドレスを登録しWeb明細を利用するだけ。

別途料金等も発生しない事から、初めてプロミスに申し込むなら必ず利用しておきたいサービスとなっています。

短期的な返済が前提となりますから、特に10万円までの少額な借入れに向いていると言えるでしょう。

基本的にフリーキャッシングでの利用が前提のサービスですが、おまとめローン以外でしたら申し込む事が可能です。

「30日間無利息サービス」

https://cyber.promise.co.jp/APE00129.html

・限度額で見ると金利は平均的

消費者金融事業者であるアコムであれば、主力商品である「カードローン」の利率が3.0%~18.0%/限度額800万円までとなっています。

また、同じく消費者金融事業者のレイクの「キャッシング」は利率4.5%~18.0%/限度額1万円~500万円、アイフルであれば「キャッシングローン」が利率3.0%~18.0%/限度額800万円までとなっています。

認知度の高いものを3つだけ挙げて見ましたが、これだけでもプロミスの金利が消費者金融業界ではごく平均的なものである事が分かります。

銀行や信販会社と比べるとどうしても高く見えてしまいますが、消費者金融として見ると比較的平均的な金利であるのは間違いないでしょう。

【まとめ】適切なキャッシング・ローンを選ぶ事が重要!

いかがだったでしょうか。プロミスの個人向けキャッシング・ローンは4つの種類がありますが、おまとめローン以外は商品内容が被っている部分も多くなっています。

金利や限度額、そして無利息サービスなどの違いがありますから目的に合った適切なキャッシング・ローンを選ぶ事が重要です。

どうしても迷ってしまうようなら、まずはプロミスのホームページに記載された専用ダイヤルやメールアドレスに相談してみてはいかがでしょうか。

きっと自身に合ったプランを紹介してくれるはずです。

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

こんなお悩みを抱えてはいませんか?
こんなお悩みを抱えてはいませんか?
  • 今すぐに1,000万円の事業資金が必要…
  • つなぎの資金を調達したい…
  • だれに相談すれば良いのだろう…

そんな経営者さまでも大丈夫!!
10万~3億円の事業資金を
最短即日で調達可能です!!

今すぐに資金繰りを改善しませんか?
あなたの資金調達可能金額はいくら?

今すぐかんたん無料診断!!
【無料】資金調達金額を診断する

無料診断後、あなたに最適な
資金調達可能の優良企業をご紹介させていただきます。
もちろん、手数料など一切の費用は要りません!!

今すぐお金が欲しい!資金調達診断