給料を前借するような感じ?個人向けの資金調達方法の一つの給料ファクタリングを解説!

給料ファクタリングについて

ファクタリングは売掛債権を資金化する方法なので法人向けのサービスというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

経営状態が厳しくて銀行から融資を受けるのが難しい中小企業の資金調達の方法として活用されています。

そのファクタリングですが、実は個人向けのサービスもあります。

個人がファクタリングで資金調達をする方法の一つに給料ファクタリングがありますが、どのようなものなのかをここでは解説していきます。

給料ファクタリングとは?

生活するためにはお金が必要になってくるので仕事をして稼がなければいけません。

最近ではネットが発達してきていますのでお金の稼ぎ方も多様化していますが、会社に勤めて働いている人がほとんどでしょう。

会社では給料をもらうことになりますが、基本的に働いてから支払いが発生することになりますので債権と言えます。

働いた分の給料の支払いを請求する権利を給料債権と呼ばれていて資金化して調達することを言います。

給料ファクタリングはどのような仕組みで行われるの?

通常のファクタリングは2社間と3社間がありますが、給料ファクタリングに関しても同様です。

それでは2社間と3社間のそれぞれの仕組みを見ていきましょう。

2社間ファクタリングの仕組み

  • ①依頼者が会社で仕事をして給料債権を取得する
  • ②依頼者がファクタリング会社と債権譲渡契約を結ぶ
  • ③ファクタリング会社が手数料を差し引いた金額を依頼者に支払う
  • ④依頼者が会社から給料を受け取る
  • ⑤給料をファクタリング業者に支払う

3社間ファクタリングの仕組み

  • ①依頼者が会社で仕事をして給料債権を取得する
  • ②依頼者が会社に給料債権譲渡の同意を得る
  • ③依頼者がファクタリング会社と債権譲渡契約を結ぶ
  • ④ファクタリング会社が手数料を差し引いた金額を依頼者に支払う
  • ⑤勤務先が依頼者の給料をファクタリング会社に支払う

給料ファクタリングの2社間と3社間ではどのような違いがある?

給料ファクタリングの2社間と3社間の違いはまず会社の給料債権譲渡の同意が必要かどうかになります。

2社間で行う場合は依頼者が給料を受け取ってからファクタリング会社に支払うことになりますので同意を得る必要はありません。

3社間で行う場合は会社が依頼者の給料をファクタリング会社に支払うことになりますので同意を得る必要があります。

2社間と3社間では手数料にも大きな違いが!

通常のファクタリングのサービスを利用するときに手数料が発生しますが、給料ファクタリングに関しても同様です。

手数料の相場は以下のようになっています。

ファクタリングの種類 手数料の相場
2社間ファクタリング 10%から20%
3社間ファクタチング 3%から5%

3社間の方が手数料の設定が大幅に低くなっていますが、貸し倒れのリスクがないのが要因となっています。

2社間の場合は依頼者が給料を受け取ってからファクタリング会社に支払う手順になっていますのでその前に使ってしまうトラブルが発生する可能性もあります。

3社間では会社が依頼者の給料をファクタリング会社に支払うのでこのようなトラブルが発生することはないのです。

しかし3社間だと勤務先に給料ファクタリングをすることを知られてしまうデメリットがあります。

給料債権を資金化すると聞くと会社側からの印象が悪くなるリスクもあります。

会社には知られたくない場合は手数料が高い2社間で行うことになります。

給料ファクタリングのメリットは?

通常のファクタリングと同様に給料ファクタリングにもメリットがあります。

どのようなメリットがあるのか紹介していきますので実際にサービスを利用するときに参考にしてみて下さい。

柔軟な審査をしてくれる

個人が銀行や消費者金融のキャッシングサービスを利用するときは審査が行われますが、以下に該当していると否決となってしまいます。

  • 信用情報に金融事故の履歴が残っている(長期間の滞納、債務整理など)
  • 他社からの借り入れが3件以上ある
  • 総量規制の抵触している(総量規制の対象となっている消費者金融)

該当しているとブラックと判断されてしまい審査が通らないのです。

しかし給料ファクタリングに関しては給料債権があるかどうかが最も重要。

会社の信用力や給料債権の存在が確認できればブラックでも審査が可決されるのです。

審査の柔軟さが給料ファクタリングを利用しやすいと感じる要因ではないでしょうか。

借金が膨らむリスクがほとんどない

銀行や消費者金融などのキャッシングサービスを利用するときは審査が可決された後に限度額が提示されます。

限度額の範囲内であれば何度も利用しても構いません。

限度額は収入などを考慮して返済に支障が出ないように決められますが、利用し過ぎると返済が困難になる可能性があります。

借金が膨らむリスクが少なからずあるのです。

しかし給料ファクタリングは給料債権を資金化するため基本的に1回のみの利用になることが多いです。

継続的に利用することは少ないサービスですので借金が膨らむリスクはほとんどないと言えるのではないでしょうか。

個人信用情報に履歴が残らない

資金調達をするときにキャッシングサービスを利用すると個人信用情報にリアルタイムで反映されます。

正しい方法でサービスを利用していてもお金を借りたという事実が残ってしまうため住宅ローンを組むときの審査などで支障が出る可能性があります。

実際にキャッシングサービスを利用していたため住宅ローンの審査が通らなかったという人もいます。

しかし給料ファクタリングは給料債権を資金化しますので借入ではありません。

サービスを利用しても個人信用情報に反映されることはありません。

今後住宅ローンを組む予定がある人は大きく影響してきますので給料ファクタリングを利用して資金調達する方がいい場合もあります。

給料の未払いを防げる

会社の経営状態が悪くなっていると給料が支払われないトラブルが発生することがあります。倒産してしまうと給料が支払われないまま泣き寝入りとなってしまうこともあります。

また会社側が意図的に給料の支払いを拒否してくるケースもあります。

しかし給料ファクタリングを利用して資金調達をするとこのようなトラブルを防げるのです。

給料ファクタリングは2社間で行うと給料をもらう前にファクタリング会社から支払われます。

さらに会社が倒産した、意図的に給料が支払わない場合でもファクタリング会社に返済する義務はありません。

給料が未払いになるのを防止することができるのもメリットと言えるのではないでしょうか。

2社間だと即日資金化も可能

3社間で給料ファクタリングを行う場合は会社に同意を得なければいけません。

手続きにも多少時間がかかりますので資金化できるまで数日程度になることが多いです。

しかし2社間で給料ファクタリングを行う場合は会社に同意を得る必要はありません。

スムーズに手続きができますので午前中など早い時間帯に申し込みをすれば即日で資金化することも可能です。

急にお金が必要になったときに2社間で給料ファクタリグで対応している人もいます。

給料ファクタリグのデメリットは?

給料ファクタリングはメリットが多い印象がありますが、残念ながらデメリットもあります。紹介していきますのでサービスを利用するときに注意してみて下さい。

キャッシングより手数料が割高

キャッシングサービスを利用するときは金利が発生するため返済するときに利息も一緒に支払わなければいけません。キャッシングサービスの利用時の金利は以下のようになっています。

  • 銀行:年率が最大14%から15%
  • 消費者金融:年率が最大18%から20%

給料ファクタリングは利用すると手数料が発生します。手数料は2社間で10%から20%、3社間で3%から5%が相場となっていますのでキャッシングサービスよりお得に見えてしまうでしょう。

しかしキャッシングサービスの金利は年率なのに対して給料ファクタリングの手数料は1ヶ月。年率で換算すると100%を超える手数料を支払うことになってしまうのです。

対応しているファクタリング会社が少ない

通常のファクタリングは多くの中小企業が利用していますので資金調達方法の一つとして浸透しつつあります。その影響でファクタリング会社が増えてきているのもまた事実。

しかし給料ファクタリングに関しては利用する人がそれほど多いわけではありません。対応しているファクタリング会社が少ないのが現状です。

業者選びで少し手間がかかってしまう可能性がありますので注意しましょう。

給料ファクタリングに対応している七福神の特徴は?

給料ファクタリングに対応しているファクタリング会社で利用者が多いのが七福神です。

株式会社ZERUTAが運営していてファクタリングサービスを専門にしているのが特徴です。

法人向けのファクタリングだけでなく給料ファクタリングの条件が良いと評判になっています。

特徴をいくつか挙げていきますので参考にしてみて下さい。

手数料の設定が低め

給料ファクタリングの手数料の設定が高くなっているファクタリング会社も少なくありません。

しかし七福神の給料ファクタリングの手数料の設定を見てみると2社間で10%、3社間で3%になっています。

給料ファクタリングの手数料の相場が2社間で10%から20%、3社間で3%から5%となっていますので設定が低めと言えます。

来店不要で資金化が可能

ファクタリング会社を利用するときは面談などで来店しなければいけないケースも少なくありません。

しかし七福神の給料ファクタリングは来店不要でサービスをすることができます。

手順は以下のような流れで行われます。

  • ①お問い合わせフォームで会社に連宅
  • ②受付(10分程度)
  • ③必要書類をメールで提出
  • ④審査
  • ⑤契約
  • ⑥入金

給料ファクタリングまとめ

給料ファクタリングについて解説してきました。

個人向けの資金調達方法の利用しやすいため今後は浸透して利用者も増えていく可能性があります。

デメリットに注意しながら、いざという時に有効活用できるかもしれません。

利用しないですむのが1番ですが、万が一の時の個人向けの資金調達方法の選択肢の一つとして覚えておくとよいでしょう。

運転資金の確保にお困りではないですか?

  • 支払いサイトが長いため資金のやりくりに苦慮している…
  • 売掛金を少しでも早く回収をして運転資金にあてたい…
  • 急な支払いが発生したため運転資金が足りなくなりそうだ…
調達可能な目安額をかんたん無料診断

御社が調達可能な目安額をかんたん無料診断!!

日々、全国各地の社長様がぞくぞくと診断中!!

  • 診断数700件超
  • ご相談件数No.1

下記フォームの項目を選択して送信するだけ!
いますぐ無料診断をお試しください。

5秒でわかる!

かんたんな質問に答えるだけで、いくら資金調達できるかすぐ分かります。
10万~3億円の事業資金を最短即日で調達可能です。

【無料】資金調達金額を診断する

プライバシーポリシーはこちら

今すぐお金が欲しい!資金調達診断