資金調達ガイド

事業資金不足を即日解消するためには?多用される手段と不向きな手段

事業資金の不足は事業者にとって死活問題になります。内容によっては倒産リスクなどに直結しますが、銀行などの融資が間に合うとは限らないのがポイントになります。

即日現金が必要な場合は金融機関からの借入は不向きです。

しかし、ビジネスローンやファクタリングなど、即日融資を受ける手段は存在します。

1.銀行からの融資や政策金融公庫からの借入は即日融資に不向き

即日事業資金の不足を解消したいと考えるのであれば、銀行や政策金融公庫など公的な借入制度を利用した借入は不向きです。

審査に時間がかかることが多い上、必要な書類も多くなってしまうからです。

融資を受けるまでには最短でも数日、内容によっては数週間から1ヵ月単位で時間がかかることもあります。 例外的なのが手形割引です。

常に支払いが手形で行われている場合は、銀行に申し込むことで融資枠内であれば常に手形割引を利用できる契約を結ぶことができます。

審査に通り、契約が結ばれている前提であれば、申し込みの翌日にはお金が振り込まれる場合もあります。

事前の合意が必要になるため緊急の資金調達には向かないこと、手形の不渡りが出た場合は買戻しを求められることに注意が必要です。

2.即日の事業資金確保にはビジネスローンやファクタリングの利用が一般的

即日の事業資金確保にはビジネスローンやファクタリングを利用するのが一般的です。

家族や親族から借りられればそれに越したことはありませんが、お金のトラブルに繋がりかねないので注意が必要です。

身近な人との信用トラブルを避けたいからこそビジネスローンなどを活用する人も多いのです。

ビジネスローンの場合は消費者金融やクレジットカード会社が貸し倒れリスクを引き受けるかわり、高い金利でスピーディーにお金を課しているのが特徴です。

ただし、審査の速度は借入額と会社の経営状態に左右されます。

審査が厳しい企業も存在するため、経営が安定していなければ即日融資を断られるケースや、借入上限額が低くなってしまう恐れが存在します。

ファクタリングは売掛金を債権化し、ファクタリング業者に買取って現金化する手法です。

中小企業で利用される他、建設業など売掛金の現金化に時間がかかる業種で多用されます。

手数料が引かれるものの売掛金を基準に事業資金を確保できるため、ある程度まとまった金額を確保できる場合があります。

注意したいのはファクタリングで即日現金化をできる業者が限られる点です。

また、ファクタリング業者のリスクが大きくなるため手数料も高額になる傾向があります。

数割単位の手数料がかかる場合もあるため、業者間の比較をして可能な限り手数料を下げる努力が必要です。

また、売掛金回収のリスクが高い場合は断られるケースも出てきます。経営が危ない取引先の場合はファクタリング業者からの評価も低くなるためです。

即日の現金化でなければ手数料は少なくなる傾向があります。

ファクタリング業者が審査に時間をかけられるだけでなく、手続きの手法自体が代わるケースもあります。

リスクが少なくなれば金利を下げられるのはどの業種でも一緒です。

ファクタリングをする場合も時間に余裕を持って行動した方法がプラスになるのです。

3.即日融資を受けられるファクタリングと審査に時間がかかるファクタリングの違いは?

ファクタリングは2社間ファクタリングと3社間ファクタリングに分けることができます。

2社間ファクタリングは売掛債権を売却したい事業者と、ファクタリング業者で契約を結びます。

売掛金を即日現金化できるのは2社間ファクタリングになります。

手続きが簡略化される分ファクタリング業者側の負担が大きくなるため手数料は高くなるのが特徴です。

債権譲渡には登記手続きが必要になるため、ファクタリング業者がどこまで作業を請け負うかでも手数料が変動します。

また、審査が厳しい傾向があるのも2社間ファクタリングになります。

3社間ファクタリングは審査や手続きに時間がかかるのが特徴です。

これは売掛金を売却したい事業者とファクタリング業者、売掛金発生元である取引先の3社間で契約を行うためです。

ファクタリング業者は債権が譲渡されたことを取引先に通知するため、最低でも手続きの完了に数日かかるのが一般的になります。

3社間ファクタリングの場合は債権譲渡に伴う登記手続きを省略できるのが特徴で、手数料が安くなる一因にもなっています。

銀行系のファクタリングで多いのが3社間ファクタリングで、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの両方が利用できる民間業者も存在します。

4.2社間ファクタリングで即日事業資金確保を目指す場合の注意点

2社間ファクタリングを利用すれば、売掛金の債権化と売却で即日事業資金を確保することも可能です。

売掛金の回収はファクタリング業者が行うため、代金が支払われた時点でファクタリングは完了します。

注意したいのは、手続きに必要な書類などを揃えなければ売掛金を債権化できないことです。

また業者によって支払いのスピードが異なるため、あらかじめ即日の支払いが可能か、どのような書類が必要かを確認する必要があります。

一般的なファクタリングに必要な書類は、商業登記簿謄本、印鑑証明書、決算書の写し、売掛先との取引内容を記載した書類、売掛先と締結した契約書になります。

ファクタリング業者によって追加の書類が必要になることがあるため、一番確実なのは業者に確認することです。

印鑑証明書など役所での発行が必要な書類もあります。

必要な書類を揃えるのに時間がかかることもあるため、効率的で素早いファクタリングには下準備が欠かせないことに理解が必要です。

まとめ

事業資金の不足を即日解消するのは難しく、ビジネスローンやファクタリングを利用しなければ対応できないケースが多くなります。

銀行融資は時間がかかるため、事前に融資の枠組みなどを作っておく必要があります。

ビジネスローンやファクタリングで資金を用意する場合も、手続きに時間がかかります。書類の準備などを含めると即日ではなく、翌日以降の振込になってしまうことも多くなります。

即日の資金調達にはリスクやハードルがあることを理解しつつ、先手を打って選択肢を増やしていくことが重要です。

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

こんなお悩みを抱えてはいませんか?
こんなお悩みを抱えてはいませんか?
  • 今すぐに1,000万円の事業資金が必要…
  • つなぎの資金を調達したい…
  • だれに相談すれば良いのだろう…

そんな経営者さまでも大丈夫!!
10万~3億円の事業資金を
最短即日で調達可能です!!

今すぐに資金繰りを改善しませんか?
あなたの資金調達可能金額はいくら?

今すぐかんたん無料診断!!
【無料】資金調達金額を診断する

無料診断後、あなたに最適な
資金調達可能の優良企業をご紹介させていただきます。
もちろん、手数料など一切の費用は要りません!!

今すぐお金が欲しい!資金調達診断