資金調達ガイド

返済プランの作り方とは?必見!消費者金融で借入した際における注意点

消費者金融のみならず、どのような融資方法であってもついて回る返済ですが、返済方法に関していくつかの種類が存在します。やはり人というものは、どのようにして借入をするかに目がいきがちなのですが、返済プランに関しても充分理解しておくことによって、さらに消費者金融を有用に用いることができるのではないでしょうか。
そこで、返済プランの作り方について解説していきます。

一括返済と分割返済

返済方法にはいくつか種類があるのですが、大きなくくりで捉えてみると一括返済と分割返済とに大別されます。借入をすれば利息がかかることは明らかなのですが、もし借入期間が短期間で済むのであれば、いくら金利が高いといわれる消費者金融であってもわずかな利息で済みます。1ヶ月程度の借入期間であれば、ものの1パーセントほどしか利息がかからないために、借入総額が借入金額とほぼ同額になってきます。具体的に20万円借入したにしても、わずか2000円しか利息がかからないのです。
1ヶ月間ものサービス料金としては値段が安いといえますね。

一括返済は、1度の支払をもって完済するのですが、これとは別に長期間にかけてちょっとずつ返済していくことを分割返済と呼びます。通常、消費者金融を用いている人は、この分割返済をしていくことになります。
一気に一括返済をすることよりも無理が生じないために比較的楽な返済方法といえます。

しかし、完済に至るまでは利息が生じ続けることになりますから、元本に基づいた金利を支払い続ける必要があります。
月々の負担額が低ければ低いほど、返済が楽なように見えますが、完済まで利息を支払い続けなければならないことを踏まえておきましょう。

分割返済では、各業者によって多彩なプランが設定されているのですが、現実として、利用する際には子細な部分に至るまで把握しておいたほうがいいでしょう。そして、分割返済のもう1つのデメリットとして何回も支払日があるためについ失念してしまう可能性があることも念頭においておくべきです。土日祝祭日が支払日となった際には、どのような運用になるのか、また随時支払が可能か否か、あるいは返済している間であっても借入限度額まで追加融資が可能かどうかなども、検討しておくとよいでしょうね。

分割返済での注意点

分割返済とはいっても、その内実は多彩な支払方法があります。契約に応じて全く異質の返済方法になる場合もあります。
共通点としては利息がかかることですが、各契約による内容を充分に把握して返済していかなければ、知らない間にしなくてもいいような負担が生じてしまうことも懸念されかねません。

多くの人が勘違いすることとして、月ごとに何円返済するというものがあるのですが、これは借入額をそのまま単純に返済回数で割ったものではありません。無論のこと、返済額には利子が含まれているために元金のみで計算するとなると、その回数では返済できないのです。元金とは別に利子を合わせてもので計算していかなければなりません。もちろん、月ごとに返済していけば、その分完済には近づきはしますが、元金にどの程度充当されているかを把握しておかなければ、当初の予定と齟齬を来すことになるでしょう。
利息と元金の違いを混同しないようにしましょう。

元利均等返済方式と元金均等返済方式

分割返済で代表される支払方法としては、元利均等返済方式と元金均等返済方式というものが存在します。
元利均等返済方式とは、あらかじめ決められた金額を完済に至るまで支払っていくのですが、元金に応じた利息がその分に含まれているのです。そのために、同じ返済金額であっても、支払の各段階において利息と元金とのウエイトが異なってきます。返済当初には元金が多額であるために利息の比重が高くなることが特徴ですが、返済が進むに連れて徐々に元金の比重が高くなっていきます。

他方、元金均等返済方式とは、月々の返済額が元金を基準にして決定するというものです。返済とは、元金と利息分を合わせて支払っていくものなのですが、当初は元金が多額であるために返済額は大きくなってきます。その反面、完済時期に近づくに連れて返済額が少額になるのです。この返済方式のメリットとしては、完済までの期間を把握しやすいことにあります。

最低返済額も考慮する

消費者金融では、月ごとの最低返済額を選択できるように運用しているところが多いです。最低返済額を採用することによって支払額が調整できはするものの、返済を楽にするために最低返済額をあまりに少額にしてしまえば、一向に借入残高が減少しないままであることに注意が必要です。

最低返済額を少額にしてしまえば、月ごとの負担は軽くはなるのですが、完済に至るまで長期間に渡ってしまい、その分借入総額も高くなってしまいます。つまりは、支払そのものは楽ではあったものの、長い目でみれば負担が高くなってしまったといわざるを得ません。

もし借入額が少なければ、このような差は感じにくいのですが、借入額が大きければ大きいほど痛手になりかねません。月ごとの返済額が無理のないようにすることも重要なのですが、支払期間が長期間に及んでしまえば、その分完済までの期間や利息が膨らんでくることに留意しておきましょう。

繰り上げ返済などを検討する

分割返済に関しては、地道に支払続けなければならないのですが、1度の返済額が高額であればあるほど、長期的には軽度の負担で済みます。しかし、現実としては、月ごとに支払える金額には限界があるでしょうし、何らかの不測の事態のために急遽出費が生じる場合もあることに照らせば、無理をしてまで支払わなければならないとまではいえないのではないでしょうか。
もちろん、資金や生活費にある程度の余裕がある際には多めに支払いたいものの、急遽出費が生じてしまった場合などに備えて少なめに返済しておきたいものですよね。

実際にこのような要望が多いために、これに呼応するかのごとく、消費者金融が繰り上げ返済などの支払やボーナス払いなどの方法を準備しているのです。最低返済額は支払いつつ、余裕がある際に元金に充当するためのシステムというわけです。そのために、最低返済額を月ごとに支払いながらも、ボーナスなどの臨時収入があった際には、都度返済していくとよいでしょう。
もし、臨時収入が見込めるのであれば、最低返済額を少額にしておいて、繰り上げ返済などを積極的にしていくと早期完済の可能性が高まるといえるでしょう。

なぜ返済プランを作ることが重要なのか

審査のために消費者金融の知識を懸命に身につけている人は多いでしょうが、返済のための知識を進んで身につけようとしている人はなかなかいないのではないでしょうか。しかし、消費者金融を本当の意味で有意義に用いるためには、借入するまでに至る経緯よりも借入してから完済に至るまでどのようにすべきかを考慮すべきなのですよ。

しかし、借入をすれば当然に返済のことがつきまとうにも関わらず、つい無頓着になってしまいがちですよね。現実に返済をおろそかにするような人も存在するのです。消費者金融が融資を許可する理由は、審査機関に登録されている情報に照らした判断のほか、返済してくれることを見込んでのことですから、もし返済を怠るようなことがあれば、審査機関にも不利な情報を登録せざるを得ないでしょう。

審査機関に返済不履行の情報が登録されてしまえば、次回からの借入が不利に作用してしまうことは明らかです。今後何年かは借入できない事態に陥ることを覚悟しなければならないでしょうね。そのために、返済プランをきちんと作った上で消費者金融は利用しなければならないのです。業者側からもわざわざ広告などで警鐘を鳴らしているほどですから、返済不能に陥らないようにしなくてはいけません。
つまりは、返済できる見込みがなければ、借入はしてはならないのです。

消費者金融から借入する際には審査を受けなければなりませんが、カードローンの場合は分割払いが基本となってきます。この点、キャッシングと呼ばれるものは、ATMなどで借入できるために同様のものと考えられがちですが、返済方法に大きな差異があるのです。
キャッシングは原則として一括返済、カードローンの場合は分割払いが原則となってきます。現実には、カードローンとキャッシングの境目はないようなのですが、クレジットカードでの借入のことをキャッシングと呼ぶ運用をしていますよね。

キャッシングでは、一括返済が原則となってしまうために、返済プランを練る余地はないのですが、カードローンの返済ではプランの練り方が重要となってきます。そして、キャッシングでは一括返済なために利息が生じない場合が全てといっても過言ではないのですが、これに対してカードローンは分割返済が可能であるために、なるべくお得に利用するからには、あらかじめ返済プランを作っておかなければならないのです。

事業資金に係る返済プランとは

事業資金で返済プランを作っておくことは、個人事業主を始めとする経営者にとって不可欠な事項です。個人でさえも、消費者金融で借入する前には返済プランを作っておくことが推奨されているくらいですから、ましてや事業を行うのであれば、なおさら必要なことです。

大抵の消費者金融では、その業者のサイト上で、返済シミュレーションができます。返済シミュレーションでは、希望借入額や金利、それに返済期間などを記載することによって、月ごとの返済金額がいくらであるかが判明します。借入する際には事前に、このようなシミュレーションを用いて適切な返済プランを練るための参考にしましょう。

シミュレーションを用いた結果、月ごとの返済額が高いと感じられるのであれば、消費者金融ではなく、そのほかの融資方法を用いることを視野に入れてみてはいかがでしょう。なぜなら、消費者金融で借入すればどうしても金利が高くなるために、その分返済額や返済期間が膨らみがちになってしまい、そのほかの金利の低い融資方法を用いれば、低金利かつ長期間の借入が実現できる可能性が広がるからです。

いずれにせよ、借入する前にシミュレーションを用いることが望ましいのです。特に事業資金用途で融資を受ける方であれば、必ずこのようなシミュレーションを用いるようにして下さい。

返済プランの前に事業計画を入念に

事業資金用途で消費者金融を用いる場合には、返済に充当し得る利益の予測は不可能ではないはずです。その金額が把握できるのであれば、月ごとの返済額の目星も当然につくはずです。無論のこと、返済プランの策定の前に、事業計画のプランを練っておくことが大前提です。

利益の見通しがいくら立ったからといっても、利益の全額を借入額の返済に回してしまうことは、税金や運転資金などのために不可能です。また、一般人の場合と同様に急な出費がかさんでくる場合もないではないことも懸念されます。
よって、運転資金などと返済金額とで均衡を保たれた返済プランを作ることが重要です。

消費者金融では分割返済のうち、リボルビング払いが通常の運用となっています。この支払方法の特徴としては、月ごとの返済金額が決まっていることです。そのために、返済の目処が立ちやすく返済プランも作りやすそうではあるのですが、分割返済であるために返済総額がかさんでしまいがちです。

このリボルビング払いで支払わなければならない分以上の額は返済してはならないのかというと、そうではなく、都度繰り上げ返済などによって返済することも可能なのですよ。資金に余裕がある際に余分に返済していくことによって、元金が減少することから利息も減少していき、結果として支払総額を減らすことに繋がってきます。よって、負担が生じない限度内でなるべく速やかに返済していくようにして下さい。

返済を延滞しそうになった場合

返済を延滞しそうになった際には、ほかの融資方法を用いるような真似はせず、延滞しそうになった消費者金融の業者に伝えることをオススメします。ヤミ金の場合であれば、即時に取り立てがやって来るようですが、消費者金融であればそのようなことはないはずです。返済できる目処があれば伝えるようにしましょう。これによって事がスムーズに運びます。

しかし、連絡したところで遅延損害金が発生することには変わりありませんから、返済は延滞しないようにしなければなりません。このような観点からも、返済プランの作り方が重要となるわけなのですよ。

最後に

以上のとおり、消費者金融で借入した際の返済プランの作り方を解説してきました。返済プランが重要になってくる場合とは、一括返済よりも分割返済に該当してきます。返済のプランでは、月ごとの返済額と期間とのバランスを考慮していくとともに、繰り上げ返済を検討するなどしてなるべく速やかに無理の生じない範囲内で返済していくことが重要です。

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

こんなお悩みを抱えてはいませんか?
こんなお悩みを抱えてはいませんか?
  • 今すぐに1,000万円の事業資金が必要…
  • つなぎの資金を調達したい…
  • だれに相談すれば良いのだろう…

そんな経営者さまでも大丈夫!!
10万~3億円の事業資金を
最短即日で調達可能です!!

今すぐに資金繰りを改善しませんか?
あなたの資金調達可能金額はいくら?

今すぐかんたん無料診断!!
【無料】資金調達金額を診断する

無料診断後、あなたに最適な
資金調達可能の優良企業をご紹介させていただきます。
もちろん、手数料など一切の費用は要りません!!

今すぐお金が欲しい!資金調達診断