資金調達ガイド

まとめて解説!銀行融資の仕組みとは?

銀行の経営は、預金という形でお客様からお金を預かり、その預金を他者に貸し付けることで収益を得ることにより成り立っています。貸付する際の金利と預金に係る金利との差額が銀行の収益です。

銀行融資は、消費者金融と比較すれば、低金利であることが利点です。

 

消費者金融を始めとするノンバンクは、銀行から借入したお金を貸し出します。その借入にかかるコスト(金利)を支払う必要がありますので、銀行と比較して金利が高めに設定されます。

 

銀行は他の機関を介することなく自ら資金を集められますので、資金を調達するコスト(金利)がないため比較的低金利で貸し出し可能となります。

ただ、銀行融資の審査は、消費者金融と比べれば厳しいと言えます。銀行は公的機関ではありませんので、自社の利益を最優先します。

そのため、審査の基準の1つは貸し倒れリスクです。 実際に融資先が返済不能の状態になった場合に備え、事前に担保や保証人を要求するケースがあります。

担保や保証人が不十分な場合や、信用性に欠けると判断された場合は、融資の審査に通らない可能性が高くなります。

銀行融資の審査を通過するためには、返済能力があることをしっかり理解してもらうことです。

また、事業計画書を入念に作成しておくとともに、面談に際して銀行員に好印象を植え付けておくことも重要です。

【約1分】Webでカンタン資金調達の無料診断
もし、少しでも資金繰りに不安がありましたら、「今いくら資金調達が可能か?」Webでカンタン無料診断できます。あなたに最適な方法をご提案しますのでお気軽にご利用ください。

>>Webでカンタン無料診断フォームはこちら

銀行融資の種類

銀行融資には、信用保証協会による保証が付されるものと、銀行が独自の判断で直接融資を行うプロパー融資があります。

信用保証協会による保証が付された融資の場合、公的機関からの融資という印象を持つかもしれませんが、あくまでも保証業務になり、実際に融資するのは銀行のため銀行融資に該当します。

信用保証協会保証付融資

信用保証協会保証付融資とは、銀行がリスクを背負うものではなく、公的機関である信用保証協会が保証人となることによって、銀行融資を行うものです。

信用保証協会による保証が付されていれば、万一の個人事業主ないしは経営者が死亡、あるいは高度障害に至った際など、返済が難しい状況になった場合に当該協会が代位弁済してくれます。

この信用保証協会の保証が付くことで、プロパー融資に比べると融資審査が通りやすくなります。

しかし、信用保証協会による保証にはメリットのみならず、保証料が必要となってくるデメリットがあることに注意が必要です。

プロパー融資

プロパー融資は、信用保証協会を介することなく銀行が融資に係る判断を直接行う仕組みです。

ですので、保証料はかかりませんが、融資を受けようとする銀行からの信用が不十分など、借入に必要な要件がそろわなければ、融資を受けるのは難しいと言えます。

つまり、プロパー融資は銀行が全面的にリスクを背負うため、審査が非常に厳しいという点で、業歴や信用力の高い企業に特化した融資と言えるかもしれません。

通例として、プロパー融資を行うためには、その前段階として信用保証協会の保証のついた融資で実績を作ります。返済実績を蓄積させたうえで、業歴を重ねていき、銀行との友好的な取引を行うことで信用を高め、それからプロパー融資に申し込むという流れです。

これは単に1つの銀行のみならず、多数の金融機関で比較検討した上で、より優位な融資を選定しても良いでしょう。

銀行融資の仕組み、担保とは?

担保は、別名を抵当権、質権、譲渡担保などとも言われ、融資における債務不履行に陥った際、債権者の損失を補填するために、債務者が債権者に物品などを差し出すことを意味します。

担保には人的担保と物的担保とが存在します。そして、債務不履行に陥った場合には、債務者は債権者に対してこの担保を提供しなければなりません。

担保となる物品として挙げられるものには、家屋や土地などの不動産が代表的なものになります。

そして、人的担保とは知人や友人などの人間関係になります。代表的なものとして「連帯保証」になります。

これは連帯保証となる人が有する財産を担保する意味になります。

借入が容易なローン形態

プロパー融資や信用保証協会保証付融資の他、担保も保証人も要せず、約3000万円程度まで融資可能なローン形態があります。

これは一般的にビジネスローンと言われるノンバンクのサービスです。

資金調達の方法は、銀行からの融資に限定する必要はありません。ですので、銀行のプロパー融資や信用保証協会保証付融資も難しい場合は、その他の資金調達方法を探してみましょう。

公的機関によれば、企業の活性化と雇用の創出がその趣旨であることから、銀行には、中小企業に対して融資を積極的に行って欲しいものです。

ただ、企業が設備投資などの大規模な資金を必要とする場面がない場合など、銀行融資はそうそう行われません。このために、小回りの効くビジネスローンが注目されています。

融資限度額や金利が銀行に比べると高くなりますので、ビジネスローンを活用する際には短期的な資金に充てるように心がけましょう。

銀行融資についてまとめ

銀行融資をはじめ、事業資金などの借入については、融資の条件として年率、返済期間、返済金額など、現実可能な範囲で検討することが大事です。

その借入先としては、まず公的機関の日本政策金融公庫を用いた制度融資や、信用保証協会の保証付融資で実績を作り、それから銀行のプロパー融資が可能であれば選択肢に入れるというステップが良いと考えられます。

銀行融資の仕組みを押さえ、自社にとってマッチする資金調達方法を選択しましょう。

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

こんなお悩みを抱えてはいませんか?
こんなお悩みを抱えてはいませんか?
  • 今すぐに1,000万円の事業資金が必要…
  • つなぎの資金を調達したい…
  • だれに相談すれば良いのだろう…

そんな経営者さまでも大丈夫!!
10万~3億円の事業資金を
最短即日で調達可能です!!

今すぐに資金繰りを改善しませんか?
あなたの資金調達可能金額はいくら?

今すぐかんたん無料診断!!
【無料】資金調達金額を診断する

無料診断後、あなたに最適な
資金調達可能の優良企業をご紹介させていただきます。
もちろん、手数料など一切の費用は要りません!!

今すぐお金が欲しい!資金調達診断