資金調達ガイド

政府も推奨する資金調達方法のファクタリングを上手に活用しよう

資金繰りが厳しい時は特にファクタリングによる資金調達が有効です。

ファクタリングとは?

売掛金売却して現金化する仕組みです。

  • 融資ではないため、赤字でも債務超過でもOK、信用情報への影響なし
  • 融資ではないため、担保不要、保証人不要、利息なし

【強み】
売掛金があるだけで最短1日でスピード資金調達できるのも非常に強みです。

>>試しにいくら調達可能か無料試算してみる

ファクタリングは怪しい方法?

ファクタリングという名称に馴染みがないため、「怪しい方法?」と感じるかもしれません。

しかし、実は「ファクタリングは正当な資金調達方法」なのです。

しかも、政府が推奨している資金調達方法です。

政府が推奨する理由

政府(経済産業省)は、中小企業の資金繰りが深刻な状態になっているのを何とか改善したいためです。

不動産担保ローンなど他の融資制度に限界があるため、アメリカなどで広く普及している『売掛債権(売掛金など)を活用した資金調達』を推進しています。

  • 売掛金に代表される売掛債権を活用する仕組みは
  • 売掛金を売却して現金化=ファクタリング
  • 売掛金を担保にして借りる=売掛債権担保融資(ABL)

参考元
中小企業における資金調達の課題(経済産業省)
売掛債権の利用促進について(経済産業省中小企業庁)

ファクタリングが選ばれる理由とは?

売掛債権担保融資(ABL)はお金を借りる仕組みのため、どうしても審査が厳しくなりがちで、経営状態によっては資金調達できない可能性があります。

一方、ファクタリングは融資ではありません。

あくまでも単なる売掛金の売却による現金化ですので、売掛先によほどの問題がなければ資金調達できると言えます。

では、実際いま現在、どれぐらいの資金調達ができるか?

>>試しに無料試算してみる

⇒ファクタリングの参考記事はこちら

ファクタリングのメリット・デメリット

メリット

  • 資金調達のスピード
  • 赤字・債務超過でも可能
  • 財務諸表がスリム化
  • 信用情報に影響なし
  • 連帯保証人や担保不要
  • 債権の回収リスクを回避

デメリット

  • 手数料
  • 売掛先との関係性(3社間ファクタリングの場合のみ)

かんたん5秒診断

今いくら資金調達可能か無料でかんたんに試算できます。

>>無料試算はこちらより

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

こんなお悩みを抱えてはいませんか?
こんなお悩みを抱えてはいませんか?
  • 今すぐに1,000万円の事業資金が必要…
  • つなぎの資金を調達したい…
  • だれに相談すれば良いのだろう…

そんな経営者さまでも大丈夫!!
10万~3億円の事業資金を
最短即日で調達可能です!!

今すぐに資金繰りを改善しませんか?
あなたの資金調達可能金額はいくら?

今すぐかんたん無料診断!!
【無料】資金調達金額を診断する

無料診断後、あなたに最適な
資金調達可能の優良企業をご紹介させていただきます。
もちろん、手数料など一切の費用は要りません!!

今すぐお金が欲しい!資金調達診断