資金調達ガイド

ビジネスローンの審査から契約の流れ、メリットなどビジネスローン総まとめ

 

ビジネスローンや事業者ローンの融資を検討したことはないでしょうか。自営業者、または中小規模の会社を経営している方にとって資金をどのように確保するかは常に悩みの種です。

この記事では、そのような自営業者・会社経営者のために比較的融通の利きやすいビジネスローンについて、詳しい内容、審査を通すコツ、契約の流れなどを解説しています。

ビジネスローンと事業者ローン

全体的な流れを見ていく前に、まずはビジネスローン、事業者ローンといわれるものがどのような融資形態か把握しましょう。
 
まず、事業者ローンとはその名の通り事業を営んでいる方に向けたローンの総称です。現在では「ビジネスローン」という名でも呼ばれています。

ビジネスローンと事業者ローンの区別

ノンバンク系列が運営するローンを「ビジネスローン」と呼び、銀行系の会社が運営しているものを「事業者ローン」と区別するような動きが広がっています。

 

自営業者や中小企業経営者など事業を営んでいる方に向けたローンという事もあり、事業者ローンの使用用途は当然のことながら事業に限定されているものがほとんどです。

  ビジネスローンもその名のとおり、ビジネスに利用する事業資金のためのローンとなります。
現在では様々なビジネスローンや事業者ローンがありますので、むしろどのローンを選ぶか悩んでしまう方の方が多いのかもしれません。

ビジネスローンの審査でポイントになる3点

それでは早速、ビジネスローンの審査のポイントを3点解説します。

これまでにキャッシングやローンの経歴もなく、充分に返済していくスケジューリングが整っているにも関わらずビジネスローン・事業者ローンの審査に通らないというケースも少なからずあると言われています。

そのように審査に落ちるケースは何が問題で、どのように対策を立てていけば良いか事前に知ることで審査が通りやすくなりますので、しっかりチェックしましょう。

キャッシングやローンなどの経歴と対策

通常、キャッシングやローンなどの経歴は国の信用機関に蓄積されていきます。これはビジネスローンにおきましても例外ではありません。
過去のローン経歴などは、新たな融資につきましても審査の基準となります。
具体的には日本情報信用機構(JICC)やCICが当てはまります。

これまでにビジネスなどで何らかのトラブルが発生したことがある場合は、一度自身のビジネス経歴を見直しておく事も必要になってくるかもしれません。

その上で、今後のビジネスの運転資金の調達を考えた際、自身の経歴や過去のビジネスの経歴に不安を感じる場合は「保証人」をつけることを検討してみましょう。 知人などで保証人を探せない場合は、信用保証協会に保証人を依頼することも方法の1つとなります。 信用保証協会が保証人を引き受けてくれるとビジネスローンなどの融資の審査は通りやすくなります。なお、信用保証協会に保証人を依頼する際は保証料がかかりますが、資金不足による倒産リスクを解消するためには有効な手段の1つと言えますので積極的に活用しましょう。

  また、融資を依頼する先として、銀行系の事業者ローンは審査が厳しく、ノンバンク系のビジネスローンは比較的審査が通りやすいと言われています。   

ですので、自身の経歴や保証人などの有無によって、自身の融資の審査が通り難い可能性があると感じた際には、ノンバンク系のビジネスローンを選び融資の申し込みをするほうが、審査に通りやすいと言えます。   

無理に銀行系の事業者ローンに申し込みをして、結果的に審査に通らない場合、改めてビジネスローンに申し込みなおすとなると二度手間になり、実際に資金を調達するまでにかなりの期間が経過してしまう場合も考えられます。   

ビジネスの動きとして一刻を争うような事態でなければ期間がかかること自体は問題ありませんが、経営状態が急変することも予測し、資金調達を早め早めに計画を立てるのはとても大事なことです。

  その他、保証人をつけたくない場合などで事業者ローンを利用しにくい場合に以下の方法も検討してみてはいかがでしょうか。
  最短即日という資金調達もありますので上手に活用すれば強い見方になるでしょう。

【1】ファクタリング(資金調達ガイドの無料診断)   
売掛金を現金化する【ファクタリング】で最短即日の資金調達が可能です。

【2】ビジネクスト   
こちらは上限1,000万円まで融資可能で非常に人気のあるビジネスローンです。

【3】ビジネスパートナー   
まさにビジネスの味方。上限500万円まで融資可能で審査のスピードが早いことで人気のビジネスローンです。

決算書、事業計画書や資金計画書などの書類

審査を受ける場合、通常、以下の決算書を提出することになります。
・ 法人概況説明書
・ 勘定科目明細
・ 貸借対照表
・ 損益計算書
・ 販売費一般管理費明細
・ 製造原価報告書
・ 株主資本変動計算書

その他、金融機関によっては事業計画書や資金計画書などの書類が必要となる場合があります。特に高額な借り入れを行う際は確定申告書が必須となっていると言ってもいいでしょう。

  それではこれらの書類について審査のポイントを事前に知識を得ておきましょう。
  決算書などの審査において重視されるポイントは以下の通りです。

・会社の経営状態、財務状況など  
  →財務内容は健全か、またはビジネスとして今後明るい見通しがあるか
・返済能力  
  →会社の経営者は本当に返済能力があるか、返済原資はあるか、融資の希望額は妥当か
・借入資金の使途は何か  
  →ビジネスのどのような部分に使う予定か
・保証人の有無、担保の有無  
  →担保は十分か、保証人がつく場合は保証人の返済能力はあるか

このように事前に書類関係について審査のポイントを押さえておくだけでも審査の結果が違ってくる可能性があります。今後ビジネスローンを申し込む考えがある場合には審査のポイントを押さえた上で早めに準備しておくことが良いでしょう。

自身が事業を立ち上げてからの年数

いわゆる「業歴」と呼ばれるものです。当然の事ながらビジネスとして、1年、2年と長く経営を続けていけば自身の信用度も高まっていきます。長く続けられるという事はすなわち安定して経営を行っているということになりますから、信用が高まるのも当然です。

残念ながらビジネス業歴が1年に満たない方は確定申告書の提出が難しい事などを理由に断られる可能性が高いと言われています。しかし現在では1年~2年の業歴で申し込めるビジネスローンも出てきています。

業歴を伸ばしつつ、いざ事業者ローンを申し込む段階になったら確実に審査に通るよう早めに業績を軌道に乗せたいところです。

一般的なローンとビジネスローンの違いやメリット・デメリット

一般的にローンと言えば、車や家などを思い浮かべるかもしれません。またはごく個人的なキャッシングなどが当てはまります。
ビジネスローンはそれらの一般的なローンとは根本的に性質が異なっています。
一般的なローン、キャッシングなどは生活資金を前提としているため、事業の為に利用する事は基本的にできません。また、個人的な用途を前提としている以上、借りられる金額にも限度があります。

一方、ビジネスローンは利用目的が基本的に事業に限定されています。
完全に事業だけと言えばそういうわけでもなく、例えば自営業者の方などは初めのうちは自宅を拠点として経営を行っていくことも考えられるでしょう。
そういうケースのために生活資金としても使用できるサービスも存在しています。
しかし、ビジネスローンを利用するという事はその目的がビジネスのためというのが本来の姿ですので、事業の運転資金やつなぎ資金として利用することが基本になります。

ビジネスローンは借入上限額が高い

ビジネスローンは、自営業者または中小規模の会社を経営している方をターゲットにしているローンですので、ビジネスのための運営資金として、他のキャッシングやローンなどと比べても高額な借り入れが可能となっています。

ビジネスローンの具体的な上限金額を上げれば、500万円~1,000万円まで借り入れる事ができるプランも用意されています。
この上限金額の設定としては会社運営を行っている経営者にとって貴重な資金調達手段の1つといえます。    
また、資金繰りの改善や設備投資などに利用できるという面で幅広い用途が期待できるのではないでしょうか。

また自営業者にとって経営を安定させるためのつなぎ資金として役立てる事も可能なローンになります。

例えば以下のサービスはいま非常に人気になっています。

ビジネクスト   
こちらは上限1,000万円まで融資可能で非常に人気のあるローンです。


ビジネスパートナー   
上限500万円まで融資可能で審査のスピードが早いことで人気のローンです。

個人事業主でも審査は通りやすい?

個人事業主として事業を開始した方は、特に資金調達に困る場面が多いのではないでしょうか。中小企業よりも更に小規模の場合、本格的な事業計画が後回しになってしまいがちです。個人事業主にとって資金の確保は死活問題ですが、計画的な資金調達が難しいケースも考えられますので、その際はビジネスローンが有効な場合もあります。

資金調達先として候補となるローン形態としては個人で利用可能なキャッシングやフリーローンなどがありますが、個人用のローンは用途が限定されるため自由度が低いというデメリットがあります。
事業を開始して日が浅い場合は売上の計上も少ない場合が考えられますので、融資を受ける際の審査が通り難いと言えます。

しかし、ビジネスローンであれば次に説明する総量規制の対象から外れる為、一定の条件をクリアすることで審査も問題なく、個人向けのキャッシングやローンなどより融資を受けられる可能性が高まります。

ビジネスローンは総量規制の対象外である

「総量規制」という言葉を聞いた事があるかもしれません。
総量規制は貸金業法によって定められたものであり、この法律によってキャッシングやローンなどを利用する際には年収の3分の1以上の融資は受けられないことになっています。

一部例外を除き、銀行系の金融機関はこの法律が適応されているのが現状です。
しかしながら、総量規制は事業性資金に限っては適応されない為、事業資金として利用するビジネスローンは基本的に年収の3分の1以上でも融資を受けることが可能です。

もちろん、他の事情も考慮されて審査される事になるので一概に借りる事ができると断言できるわけではありませんが、総量規制が適応されないという事だけでも非常にありがたいのではないでしょうか。

ビジネスローンと事業者ローンの種類と特徴

一昔前であればビジネスローン・事業者ローンと言えば、ノンバンク系や銀行系の融資をはじめ極限られたものであり、それほど数も多くありませんでした。しかしながら、現在では金融機関が続々と参入し一口にビジネスローン・事業者ローンと言っても幅広い商品がラインナップされています。

今やビジネスローン・事業者ローンは無数にあると言っても過言ではないという状況です。
そのビジネスローン・事業者ローンについて特徴を一つずつ詳しくチェックしていきましょう。

銀行系の事業者ローン

最も一般的となっているのが、銀行が取り扱う事業者ローンです。銀行が取り扱っているという安心感、そしてブランド力から非常に人気を集めています。一度は耳にした事があるであろう大手のメガバンクから地方銀行まで事業者ローンを取り扱っている銀行は多く、更にその中でも利用者のニーズに合わせて幅広いプランが用意されています。

金利も比較的安くて済みますが、厳しい審査が行われるため実際に利用するためにはそれなりの準備をして臨まなければいけません。
融資をするものと言えば「事業融資」もありますが、ビジネスローンとの主な違いは審査のハードルの高さにあると言えるでしょう。

銀行子会社が運営する事業者ローン

元々は金融会社であったものが、銀行に吸収・合併されたものが銀行の子会社です。事業者ローンをはじめ、様々なキャッシング・ローンなどを運営しており融資までの期間が非常に早いのがメリットです。

また、インターネットや電話、郵送などの方法以外で行う「無店舗型」で申し込みできる事が他とは違う強みでしょう。しかしながら審査は親会社の銀行規定のものとなっている為、それを期待して申し込むのは避けるべきです。

信販系ローン

信販とはクレジットカードを取り扱っている会社の事です。

一般的に名前の知られた企業が多い為、安心感という面では銀行系の事業者ローンに負けてはいません。銀行系の事業者ローンに比べれば融資を受けやすいのですが、決して審査が甘いわけではありません。

ですが審査方法は銀行に準じているとは言え実質別の会社が運営しているということで契約までのスピードに期待する事ができます。

事業者ローン専門の会社

事業者ローンを中心として専門的に取り扱っている専業会社もあります。専業はネット完結を売りにしており、審査もスピーディに行われる事が多く銀行に出向く時間がないという方にとっては非常にオススメです。

ただし、数こそ少ないのですが稀に闇金のような悪質な企業も存在しますので、申し込みの際は事前に入念な調査が必要です。

ノンバンクが取り扱うビジネスローン

ノンバンクとは預金などの金融業務を行っていない会社の事になります。ビジネスローンをはじめ、資金の貸付が主な業務です。銀行など他の事業者ローンと比べ融資までのスピード感が武器となっています。一方、貸し倒れ等のリスクを避けるために金利は高めに設定されます。

ビジネスローンの契約の流れ

実際に契約するまでにはいくつかの道のりがありますが、大まかに分けると「申し込み」「審査」「結果」となるでしょう。
ここでは上記3つを含めたビジネスローン契約の流れについて詳しくご説明したいと思います。

ビジネスローンの申し込み

ビジネスローンに申し込んでみなければ融資が受けられるかどうかの判断もつきませんので、まずは申し込みの手続きを進めましょう。
ビジネスローンを扱う会社によって多少の違いこそあれど、申し込みの方法には店頭で直接申し込む方法、ネットや電話など対面せずに申し込む方法の2つに分けられます。

前者は比較的時間があり、なおかつビジネスローンについてあまり詳しくない場合におススメです。後者は既にビジネスローンについての知識がある程度あり、自分に合った商品を的確に選べるような方が向いているでしょう。

また、現在ではシステムが発達し、自身の年収やキャッシング・ローン経歴などを提示するするだけで即座に融資可能かどうかの判断ができる簡易判断システムを取り入れる会社が多くなってきました。
これによって融資を受けたい側は希望しているローンの利用額、返済シミュレーションを大まかに把握する事ができるようになっています。

安心して融資を受けたい場合や、スピードを重視したいなど自身のスタイルに合わせた資金調達方法を選ぶことが最も重要だと言えます。

ビジネスローンの審査

他のローンなどと同じく信用情報を元に審査されるのはもちろんですが、銀行の事業融資などとは違い比較的スピード感を重視するビジネスローンは独自の審査基準があります。特にスコアリングシステムと呼ばれる方法を使っているのが一般的です。

決算書など融資を受けたい事業者が提出した書類を元にデータで分析を行い、融資可能かどうか、返済能力の有無などを即時に導き出せるスコアリングシステムは融資を行う側、利用者双方にメリットがあります。
スコアリングシステムの詳細な内容は非公開となっている為詳しく内容を把握するのは困難ですが、一般的な融資の基準と同じと考えてほぼ間違いないでしょう。

ビジネスローンの審査結果

ビジネスローンの審査結果は早い場合1日で完了する場合もあり、その他1週間くらいまでが目途となります。この点は銀行融資と比べてスピード感があります。
審査結果は電話が基本となっていますが、なるべく他の人に知られないと思っている方も中にはいるはずです。そういった方に向けて現在ではメールやチャットなどで柔軟に回答を行う会社もあります。

 

無事融資まで辿りつければ問題ありませんが、万が一融資を断られてしまった場合はどうすればよいでしょう。

ここで注意して頂きたいのは、複数の申し込みや連続での申し込みはなるべく避けた方がよいという事です。通常のキャッシングやローンなどと同じく、ビジネスローンも申込者のこれまでのキャッシング歴などについて詳しくチェックが行われます。

ローンに申し込んだ経歴が短期間で複数あった場合などは今後の審査にマイナスの影響が出てくる要因にもなってしまう為、なるべく慎重に進めていくのが良いでしょう。

ビジネスローンの審査や契約の流れまとめ

ビジネスローンの契約の流れや内容、審査について一通りの情報を解説してきました。

ビジネスローンには幅広い商品があり、契約内容も一見複雑です。しかし少しずつ知識を蓄えていけば理解できない内容ではありません。

資金調達は急を要する場合もありますので、資金の用途のほか、金額やスピード感を含めて、ノンバンク系のビジネスローンにするのか、銀行系の事業者ローンを選ぶか、選択肢が分かれますので、ご自身の用途にあった選択を行いましょう。

既に経営を行っている方はもちろんの事、これから自身の事業を立ち上げようと思っている方は早めにビジネスローンについての認識を深めておくことが肝要です。

 

 

※事業者ローンを利用しにくい場合に以下の方法も検討してみてはいかがでしょうか。
  最短即日という資金調達もありますので上手に活用すれば強い見方になるでしょう。

【1】ファクタリング(資金調達ガイドの無料診断)   
売掛金を現金化する【ファクタリング】で最短即日の資金調達が可能です。

【2】ビジネクスト   
こちらは上限1,000万円まで融資可能で非常に人気のあるビジネスローンです。

【3】ビジネスパートナー   
まさにビジネスの味方。上限500万円まで融資可能で審査のスピードが早いことで人気のビジネスローンです。

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

こんなお悩みを抱えてはいませんか?
こんなお悩みを抱えてはいませんか?
  • 今すぐに1,000万円の事業資金が必要…
  • つなぎの資金を調達したい…
  • だれに相談すれば良いのだろう…

そんな経営者さまでも大丈夫!!
10万~3億円の事業資金を
最短即日で調達可能です!!

今すぐに資金繰りを改善しませんか?
あなたの資金調達可能金額はいくら?

今すぐかんたん無料診断!!
【無料】資金調達金額を診断する

無料診断後、あなたに最適な
資金調達可能の優良企業をご紹介させていただきます。
もちろん、手数料など一切の費用は要りません!!

今すぐお金が欲しい!資金調達診断