資金調達ガイド

ビジネスローンは無担保で事業資金を調達できる!上手に活用するコツとは?

bijinesu-roan-mutanpo

銀行以外のノンバンク系の業者がサービスを提供するビジネスローンは、基本的に無担保で融資が可能です。

事業資金の融資サービスを専門に行い、特徴として融資審査が銀行融資と比べて早い点もありますが、担保が不要という点も利用しやすい要因です。

ビジネスローンは無担保で融資可能

この担保については、銀行は不動産などの担保を要求してくることが多いですが、ビジネスローンは会社の経営者が連単保証人になることで無担保で融資を受けられるという内容です。

そのため銀行融資を断られた中小企業など、事業資金の調達がスムーズにいかないケースなど有力な調達方法の1つとなっています。 一般的に融資の担保と言えば

  • 定期預金担保
  • 受取手形担保
  • 債権担保
  • 不動産担保

など金銭的に価値があると判断されるものが該当します。

このような担保が準備できる企業であれば、ビジネスローンの借り入れを検討する必要はありませんが、一方で赤字経営の状態など、担保を用意する余裕がない場合も考えられます。

そのようなケースで無担保で可能なビジネスローンは貴重な借入先となります。

銀行融資は不動産担保が多い?

会社の経営状態によっては多額の事業資金を調達しなければいけなくなることも少なくありません。

銀行が数億円の貸出をした場合に担保がない状態だと会社が倒産したときに回収することができなくなってしまいます。

銀行にとっても大きな損失になるので何としても避けたいのです。 そのため金銭的に価値がある不動産担保を要求してくることが多いのです。

もし不動産担保を用意することができない場合は銀行から融資を受ける以外の方法で事業資金を調達することを考えなければいけないでしょう。

ビジネスローンのおすすめポイントは?

ビジネスローンは無担保で融資を受けられるため事業資金を調達しやすいですが、そのほかにもおすすめポイントがあります。

そこで具体的におすすめの内容を解説します。

事業の資金使途なら自由

事業資金の調達方法によっては資金使途を限定されてしまうことがあります。

せっかく調達したのに上手に使えないというケースも出てきてしまうのです。

しかしビジネスローンは事業の資金使途ならどのような目的でも使うことができます。

  • 運転資金の融資
  • 設備投資
  • 想定外の出費

事業ではこのようなときに出費して資金が不足するケースが多いですが、ビジネスローンを活用すればしっかり対応可能です。

忙しいときでも申し込みやすい

事業資金の調達方法によっては来店して申し込みをしなければいけないケースも少なくありません。

会社の近くに店舗があるとは限らないので出向くのに手間がかかってしまうこともあるでしょう。

会社が忙しい時は申し込みできない可能性もあります。

しかしビジネスローンを活用すればそのような問題はありません。

ここ数年でスマホが普及してきていますのでビジネスローンもネット申込が主流となっています。ホームページで必要項目を入力して申し込むだけですぐに審査をしてくれます。

可決されますと契約することができますので融資可能の状態になります。

融資方法も振り込みで対応してもらえますので忙しい時に申し込みをしやすい点もおすすめポイントです。

経営規模が小さくても対応可能

銀行から融資を受けるときは会社の経営規模を重視されることも多いです。

そのため経営規模が小さい会社は融資を受けるときのハードルが高くなってしまうことも少なくありません。

しかしビジネスローンは中小企業へのサポートにも力を入れているため経営規模が小さくてもしっかり対応してくれます。

年間の売上が数百万円と小さい場合でも経営状態に合わせた方向で融資を受けることができます。

必ず借りれるわけではない!審査に落ちる原因は?

ビジネスローンは無担保で融資可能な点などが評価され、中小企業の事業資金の調達方法として浸透しています。

審査が甘いので必ず借りれるという声も口コミでよく聞かれますす。

しかし審査に落ちることもあるので注意しなければいけません。

それでは審査に落ちる原因をいくつか挙げていきますので参考にしてみて下さい。

過去に返済不能になったことがある

過去に事業資金を調達したときに返済不能になってしまいますと信用情報に金融事故として履歴が残ります。

一定の期間は残っているためビジネスローンの審査で信用情報を確認されると返済能力がないと判断されてしまいます。

返済能力がないとお金を貸す側としてもリスクが高くなりますので審査落ちとなってしまいます。

過去に返済不能になったことがある場合は申し込みをする時にもう一度確認しておかなければいけません。

短期間のうちに審査落ちをしている

ビジネスローンの申し込みをして審査に落ちた場合は、再度申し込みしたいと思っても、期間を空ける必要があります。

審査落ちからそれほど時期が経たずに再度申し込みをすると申込みブラックと判断されてしまうケースもあります。

短期間のうちに審査落ちをしている場合は期間を空けて、会社の状況なども把握してから再検討しましょう。

ビジネスローンを活用する時の注意点

ビジネスローンは審査が通りやすいため最短即日で対応してくれることもあります。

上手に活用して事業資金を調達する企業も多いでしょう。

しかし活用するときは注意したい点もあるのでしっかり把握しておかなければいけません。

それでは注意点をいくつか挙げていきますので確認していきましょう。

早めの返済を心掛ける

ビジネスローンは銀行とは違って無担保で融資を受けることができます。

無担保だと貸す側にとっては少なからずリスクが高くなるため金利が高く設定されています。

上限金利が18%で設定されていることが多いため加算される利息も多くなってしまいます。

早めの返済を心掛けて負担を軽減していくことが大切です。

  • 売掛金が入金されたら返済に充てる
  • 利益体制を整えて繰上返済をする

このようなことを意識してみてはいかがでしょうか。

コスト削減にも力を入れる

早く返済を心掛けると言われてもなかなか利益が出ないと返済に充てるお金を用意できないため難しくなってしまいます。

しかし会社ではいろいろなコストが発生していますので見直すことで返済に充てるお金を作ることも可能です。

  • 赤字の事業からの撤退
  • 不要な経費を徹底排除
  • 不要な人員を整理する
  • 仕入先の見直し

このようにコスト削減することができる方法はいろいろあります。

利益が出ていなくても返済に充てるお金を用意することができますので実践してみるといいでしょう。

ビジネスローンを活用する習慣はつけない

ビジネスローンは中小企業が事業資金を調達する方法として浸透していますが、使い過ぎるのは良くありません。

ビジネスローンを活用する習慣がついてしまうと甘えが出てきてしまいいつまで経っても利益が出ない会社になってしまう可能性があります。

それでは会社が倒産してしまうリスクも高まるので逆効果です。本当に資金不足で困っているときだけ活用するようにしてみましょう。

まとめ

ビジネスローンは無担保で最短即日融資を受けることができるため資金不足で悩んでいる中小企業にとってはサポートしてもらえるありがたい存在です。

しかし基礎知識がないまま活用してしまうとトラブルになってしまうケースも少なくありません。

活用するときのポイントや注意点をしっかり確認してから申請するのが大事になります。

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

  • 今すぐに1,000万円の事業資金が必要…
  • つなぎの資金を調達したい…
  • だれに相談すれば良いのだろう…
資金繰りにお悩み

資金調達でお悩みの経営者さまへ

5秒でわかる!

かんたんな質問に答えるだけで、いくら資金調達できるかすぐ分かります。
10万~3億円の事業資金を最短即日で調達可能です。

【無料】資金調達金額を診断する

プライバシーポリシーはこちら

資金調達ガイドでは、
売掛金買取の優良会社をご紹介させていただいております。
もちろん、手数料など一切の費用は要りません!