資金調達ガイド

エンジェル投資家からの出資を受ける秘訣

エンジェル投資家と呼ばれる個人投資家は、資金調達を考える起業家にとって強い味方になります。

創業間もない企業は業歴や実績がないため、資金調達方法が限られます。選択肢としては金融機関も含まれますが、投資ファンドやベンチャーキャピタル、ソーシャルレンディングの存在などがあります。

中でもエンジェル投資家と呼ばれる投資家たちは、善意やハイリスク・ハイリターンを求める資産運用などさまざまな理由により、創業から日が浅く事業運営の実績がない企業に対して高いリスクを踏まえた上で出資を行います。

銀行やベンチャーキャピタルなどからの融資・投資を受けることが難しい場合でも、エンジェル投資家からの資金調達の可能性があるのは事業の立ち上げと成長にとって大きなメリットです。

では、そのメリットを利用するためにエンジェル投資家からの出資を受けたい場合、どのように彼らとの繋がりを築き、いかにして出資を取り付けるべきでしょうか。また、そのためにはどのような秘訣があるのでしょうか。

【約1分】Webでカンタン資金調達の無料診断
もし、少しでも資金繰りに不安がありましたら、「今いくら資金調達が可能か?」Webでカンタン無料診断できます。あなたに最適な方法をご提案しますのでお気軽にご利用ください。

>>Webでカンタン無料診断フォームはこちら

エンジェル投資家とその性格

「エンジェル投資家」あるいは「ビジネスエンジェル」と呼ばれる投資家たちは、資金調達先としては金融機関や投資ファンドなど他の金融機関などと比べて明らかに異なる性格を持っています。

それは創業間もない企業に対し、出資先として非常にリスクが高いにもかかわらず資金を提供することからも明らかです。彼らはどのような原動力から、どのような目的で持ってそのような出資を行うのでしょうか。

エンジェル投資家による出資が極めてポピュラーな資金調達法となっているアメリカにおいて、エンジェル投資家の多くはリタイアした起業家や投資家といった、資産に余裕のある元業界人たちです。

彼らには金銭的な余裕があり、純粋に経済的な目的による投資のほかに、エンジェル投資家として事業の立ち上げや運営に対し半ば寄付・支援のような形で出資を行います。

この出資の理由は投資家によってさまざまですが、社会貢献として、あるいは元業界人として後進の育成を行うためや現役時代のコネクションの有効活用のためなど、精神的な満足を得るための目的が大きなウェイトを占めている場合が多くなっています。

日本においてもそれは同様です。特に近年、IT系や先進テクノロジー系のベンチャービジネスにおける起業を経験した投資家がエンジェル投資家となるケースがいくつか存在しています。

こうした比較的新しいタイプの起業家・投資家たちは、自身がベンチャービジネスや投資の業界にいた頃の経験を活かし、後進の育成や業界への貢献という目的のために出資を行うことを肯定的にとらえる傾向があります。日本ではこれまで、個人投資家という存在はメジャーなものではなく、エンジェル投資家の数も多くありませんでした。

しかし、税制面での優遇や投資トレンドの変化により個人投資家が受け入れられつつある現在、エンジェル投資家としての投資スタイルを採用する個人投資家もまた増加しています。
 

エンジェル投資家からの出資を受ける3つの秘訣

エンジェル投資家には上で述べたような特徴的な性格と投資スタイルがあり、このために出資を受ける場合の効果的なアピールポイントも従来の金融機関や投資ファンドなどとは異なります。

エンジェル投資家からの出資を受けたい場合には、彼らがどのような目的で投資を行い、どのような事業が魅力的に思えるのか、という点を理解しておくことが不可欠です。彼らの投資目的にとって魅力的な事業であるとアピールし、出資を受けやすくするための秘訣は大きく分けて3つがあります。以下にそれぞれを解説します。

投資家マッチングサイトの利用

まず1つめの秘訣として、投資家-起業家間のマッチングサイトを利用するということがあります。 近年、エンジェル投資家と彼らの出資を必要とする起業家との間を橋渡しするサービスが増加しつつあります。

これらの多くはweb上のサービスであり、これを利用することでこれまでの個人投資家を出資者とする資金調達とは異なり、手軽かつ広範囲にエンジェル投資家を探すことが可能になりました。 特に投資家とのコネクションが少ない事業者にとって、既存のコネクションの数が影響しにくいこうしたサービスが、もっとも重要なエンジェル投資家とのつながり、そして資金調達の場となる場合があります

こうしたサービスには有料のものが多いですが、サービスによっては非常にリーズナブルな料金で利用できるものもあり、資金提供先を探すコストを大幅に抑えながらエンジェル投資家を探すことが可能です。 注意したほうが良いことは、こうしたサービスにおいて出資者を募る場合、金融機関による融資を受ける場合とはアピールするべきポイントが大きく異なるという点です。

エンジェル投資家たちの中には経済的な利益のほか、ちょうど産業育成事業のような目的で出資をしたいという人々が存在します。投資家によっては後者が主な目的となる場合もあります。また、彼らは創業間もない事業への出資がきわめてハイリスクであることもすでに知っています。

そのリスクを踏まえた上で出資しているために、どちらかといえば失敗時の損失を低減するよりも、成功の可能性が高いこと、成功時のリターンが大きいことを重要視する傾向があります。つまりは、銀行などの金融機関のように担保と資本の回収可能性をアピールする手法は効果がないとは言えませんが、エンジェル投資家の求めるポイントとはマッチしていない場合が多くなります。

また、善意の富裕な投資家を期待するあまり、無理のある事業計画やあいまいな事業内容などに対しても出資されると考えるべきではありません。エンジェル投資家たちの多くは起業や投資の経験豊富なプレイヤーであり、リスクの存在に理解を示し許容する一方で、それゆえに事業者と事業内容を厳しい目でチェックしています。

 

エンジェル投資家は慈善事業として出資を行うわけではなく、あくまで投資家であるということを忘れてはいけません。担保や実績が勘案される金融機関の融資よりも、さらに厳しく事業内容そのものが判断材料となる傾向にあることをよく理解しておきましょう。

逆に言えば、事業のアイディアと見通し、そして起業家の熱意がエンジェル投資家にとって好ましく、かつ具体的なものであれば出資を受けるチャンスは大幅に広がるということです。

実際、多くの投資家-起業家間のマッチングサイトにおいても「オンリーワンのアイディア」や「具体的な事業計画」、「事業への真剣さ」というフレーズは投資家・起業家双方から頻出しています。こうしたフレーズから求められる起業家像・事業像をイメージし、それに合致したアピールをすることができれば、このようなサービスを通じてエンジェル投資家からの資金調達が可能となる確率は大きく上昇します。

エンジェル税制の利用

経済産業省が推進している新規産業やベンチャーの創出・成長促進事業の一環として、一定の条件を満たすベンチャー企業に対する投資に関して「エンジェル税制」という税制優遇措置があります。そして、この制度の一部としてエンジェル税制の対象であることが確認できた企業を経済産業省のホームページにおいて公表するという取り組みが存在します。

この制度においてエンジェル税制の対象であることを確認し、公表されることがエンジェル投資家の出資を受けやすくする第2の秘訣です。

ここで公表されるということは、エンジェル税制の対象であることがほぼ確実としてエンジェル投資家の投資対象になりやすくなることを導くほか、資金調達と企業活動についての理解と熱意を示し、投資家と企業の間で良好な関係を築くための意思があることを示すことにもつながります。

エンジェル税制を利用した投資件数と総投資金額は増加傾向にありますが、いまだ資金調達の選択肢として有力なものとはなりきれていません。

その中でこうした制度を利用しておくことは、税制優遇措置からくる単純な効果のほか他企業との差別化の効果もあり、少しでもエンジェル投資家の目に留まる確率を上げたい場合には非常に有効な手段です。

エンジェル投資家同士のコネクションの利用

3つめの秘訣は、エンジェル投資家と彼らのコネクションを利用することです。
前述のように、エンジェル投資家の多くはリタイアした起業家や投資家などです。彼らは経験豊富な投資家であるほか、起業家時代に培った経験と情報、そして業界のつながりを持っています。

このコネクションは最初にエンジェル投資家からの出資を探す際に役立つのはもちろん、投資家同士のつながりを利用してさらなる出資を受けようとする場合、大いに役立ちます。

エンジェル投資家が出資先の事業・業界についての経験やコネクションを持つ場合、それを利用して同じような性格を持つ投資家のグループからの出資を取り付けるという資金調達のルートが開けます

また、投資経験と事業運営の知識を持つエンジェル投資家とのつながりを築けた場合には、資金調達など財務面の課題をはじめ、事業・業界についてのアドバイスや情報の共有を受けられる場合もあり、単なる出資者として以上の利点があります。

こうしたエンジェル投資家自身の能力からくるメリットを期待する場合、事業運営に深く関わってくれるエンジェル投資家を重点的に探すとよいでしょう。

多くの有名なエンジェル投資家は自身の経歴を公表している傾向にあり、投資家-起業家間のマッチングサイトにおいても出資者の簡単な説明が設けられていることがあるほか、コミュニケーションを取ることでこうした面をすり合わせることもできます。

その他の有用な手法

上で挙げた秘訣のほかにも、いくつかの有用な手法が存在します。
ひとつは、起業家向けのセミナーや講演会などに参加し投資家とのコネクションや起業家同士のつながりを作ることです。エンジェル投資家の投資は時に「起業家の人柄が気に入った」「業界の後輩だった」といったような理由で行われることがあります。

こうしたチャンスを逃さないためにも、日頃から人脈を作り備えておくことは重要です。同様の理由から、自身が起業した、あるいは事業を運営している業界の動向についてアンテナを貼っておくべきでしょう。こうした知識はいざエンジェル投資家に出資を願う際にも熱意・真剣さのアピールの基礎として必要になります。

もうひとつは、有名なエンジェル投資家との接触を図ることです。日本において個人投資家であることを公表している人間はあまり多くありませんが、SNSやweb媒体を通じて接触することが可能な個人投資家はそれなりに存在しています。

出資を必要とする事業の業種や分野がその投資家の経歴や志向と合致している場合には、興味を持ってもらえることもあります。

個人投資家をめぐる最近の動き

現在、スモールビジネスやベンチャービジネスが注目されると同時に従来とは異なる投資・出資の形が受け入れられつつあります。クラウドファンディングやソーシャルレンディングといった資金調達の方法はその典型です。これらはひとりひとりの出資金額を非常に小さくでき、かつwebを中心としたプラットフォームのもたらす手軽さから、個人投資のハードルを大きく下げました。

投資家一人毎の出資金額は小さいものの、こうしたスタイルで投資を行う人々もまた一種のエンジェル投資家と考えることもできます。

中小企業やベンチャー企業の資金調達においては、伝統的なエンジェル投資家からの出資を受けるほか、こうした比較的新しいスタイルの手法が有効な場合もあります。これらの資金調達方法は登場してから間もないですが、すでに多数の成功例があり、特に今まで個人投資家とはなり得なかった「普通の人」を個人投資家・エンジェル投資家として引き込むことができるという点が非常に注目されています。

一方で、エンジェル税制などの税制優遇措置の利用も増加しつつあり、個人投資家・エンジェル投資家による投資・出資は総じてこれからさらに伸びていくことが期待される資金調達法といえます。

最後に

以上、エンジェル投資家から出資を受けるための秘訣について解説しました。エンジェル投資家による出資は日本企業の資金調達においてやや馴染みの薄い形式ですが、海外では投資の大きな部分を占めており、最近は日本でもその存在感を増しつつあります。

ベンチャービジネスやスモールビジネスの起業においては企業の成長の原動力ともなりうるエンジェル投資家たちは、金融機関や投資ファンドとはまた異なる性格を持つビジネスパートナーにして、野心的なビジネスの強い味方となります。

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

こんなお悩みを抱えてはいませんか?
こんなお悩みを抱えてはいませんか?
  • 今すぐに1,000万円の事業資金が必要…
  • つなぎの資金を調達したい…
  • だれに相談すれば良いのだろう…

そんな経営者さまでも大丈夫!!
10万~3億円の事業資金を
最短即日で調達可能です!!

今すぐに資金繰りを改善しませんか?
あなたの資金調達可能金額はいくら?

今すぐかんたん無料診断!!
【無料】資金調達金額を診断する

無料診断後、あなたに最適な
資金調達可能の優良企業をご紹介させていただきます。
もちろん、手数料など一切の費用は要りません!!

今すぐお金が欲しい!資金調達診断