資金調達ガイド

ファクタリングの使い方が簡単に分かる!ファクタリングの使い方のポイントとは?

 

経営者や経理担当者なら知っておくと便利なファクタリングの使い方について説明しています。

会社の経理を担当していると、資金の遣り繰りに悩まされることがあるのではないかと思います。

 

入金は時間がかかりますが、出費はあっという間に、それも次から次へとやって来るもの。

収支のバランスが上手く釣り合っていたとしても、支払請求が入金よりも先に来てしまえば手詰まりとなってしまいます。

ギリギリになって銀行へ融資を頼んでみても、審査の都合で調達が間に合わなかったり、その資金繰りの状況をみて断られたりしてしまうことも。

そんな時に役立つサービスが「ファクタリングです。ファクタリングを使うと、取引先から受け取る予定の売掛金を、支払期日より前に受け取ることができます。

欧米諸国に比べ日本ではまだあまり浸透していない名前ですが、きちんとした知識をもっていればこれほど利便性の高い金融サービスは他にありません。

それでは、今回はそのファクタリングの使い方について説明させていただきます。

ファクタリングとは

ファクタリングとは、売掛債権買い取り業務のことです。その名の通り、債権者のもつ売掛債権を買い取り、その債権の回収を行う金融サービスを指します。

具体的な例を挙げてみましょう。A社がB社に商品やサービスを提供し、B社はその代金を掛として支払期日を提示しました。この時点で2社の間に売掛金が発生し、A社は債権者、B社は債務者となります。

売掛金の支払いは、基本的に数か月先になることが多いです。ところが、A社には近日中に大きな出費の予定があり、B社から提示されている支払期日よりも前にまとまった資金が必要でした。このままではA社の経営が立ち行かなくなってしまいます。そこでファクタリング業者の出番です。

A社は自身のもつ債権をファクタリング業者に譲渡し、その代金として本来B社から受け取るはずだった売掛金に相当する金額をファクタリング業者から受け取ります。そしてファクタリング業者がA社に代わってB社から債権の回収を行うのです。これによってA社は支払期日よりも早く、現金で売掛金を受け取ることができました。

では次に、3社間での取引の流れを見てみましょう。
 

3社間でのファクタリングの使い方とは


こちらは3社間でのファクタリングの使い方の一例です。依頼する業者や依頼内容によって若干のバラつきが出ますので、ご利用時にご確認ください。

まず、A社とB社の間で商業取引が成立し、
A社が債権者、
B社が債務者として売掛金が発生します。

支払期日の設定後、その期日よりも前に資金を受け取りたいA社から、B社へファクタリング契約を打診します。

これをB社が承諾したら、今度はファクタリング業者へと契約を申請し、3社間での契約成立です。

債権者と債務者の双方で請求金額の確認を行い、問題がなければその金額を債権者であるA社からファクタリング業者へ通知。

 

業者との最終確認を経て、A社の手元に売掛金の早期支払いが実行されます。

 

そして債務者であるB社は、設定していた支払期日までに売掛金をファクタリング業者へと入金する、というのが全体の流れです。

業者との契約時に必要となるのは、

  • 身分証明書
  • 印鑑証明書
  • 商業登記簿謄本
  • 決算書
  • 確定申告書
  • 当座勘定照合表
  • 売掛一覧表
  • 納税証明書

などです。これも依頼する業者によって異なる場合があるので注意しましょう。また、事前のヒアリングにより会社概要や代表者情報、会社の財務状況などを尋ねられるので、正確に答えられるよう整理しておいてください。

ファクタリングの特徴

ファクタリングは自社のもつ債権を商品として専門業者に買い取ってもらうサービスなので、借金とは別物です。

 

従って利用しても自社の信用が落ちることはありません。

 

さらに、「償還請求権なし」で債権の買い取りをしてくれる業者を選べば、債務者からの債権回収が不可能な状態になってしまっても、自社にその負債分を支払う義務はなくなります。

 

早期に売掛金を回収できて、負債を背負う心配もない。事業経営者の心強い味方です

会社が資金を調達するための手段の一つとして、銀行から融資を受けるという方法もありますが、ファクタリングの方が手続き自体は簡単です。

 

銀行からの融資を希望する際、審査で最も重要視されるのはその会社の経営状況。

 

貸し出した金額を返済するだけの能力があるかどうかを慎重に見極められ、場合によっては担保を要求されることもあります。

 

一方、ファクタリングでは債権という権利そのものを完全に手放すことになるので、担保などを用意する必要はありません

比較的簡単な手続きを済ませるだけで売掛金を早期に受け取ることができるのです。

最後に

売掛金の納金は数か月先、近日中にまとまったお金が必要、でも銀行には融資を断られた・・・!

 

そんな状態になったとしても、まだ諦めるには早いです。落ち着いて、ファクタリングという選択肢があることを思い出してください

借金をする後ろめたさも、売掛金をきちんと回収できるかどうかの不安もなく、安心して資金を調達できるサービス。

ファクタリングは、全ての経営者や経理担当者の悩みに寄り添い、その支えとなってくれることでしょう。

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

こんなお悩みを抱えてはいませんか?
こんなお悩みを抱えてはいませんか?
  • 今すぐに1,000万円の事業資金が必要…
  • つなぎの資金を調達したい…
  • だれに相談すれば良いのだろう…

そんな経営者さまでも大丈夫!!
10万~3億円の事業資金を
最短即日で調達可能です!!

今すぐに資金繰りを改善しませんか?
あなたの資金調達可能金額はいくら?

今すぐかんたん無料診断!!
【無料】資金調達金額を診断する

無料診断後、あなたに最適な
資金調達可能の優良企業をご紹介させていただきます。
もちろん、手数料など一切の費用は要りません!!

今すぐお金が欲しい!資金調達診断