会社経営に欠かせない運転資金!借入するときに押さえておきたいポイントは?

運転資金は会社経営をするのに必要な資金のことを言います。

主に商品の仕入れや諸経費の支払いなどに使われることが多いです。

資金が足りないと会社を運営していくことができないため借入などで資金を調達する必要があります。

運転資金を借入する方法はビジネスローンなどがあります。

しかし必ずしも調達することができるわけではありませんのでコツをしっかり掴んでおくことが大切になってきます。

そこで運転資金を借入するコツを紹介していきますので参考にしてみて下さい。

必要な運転資金の計算法は?

運転資金を借入する前にどのぐらい必要なのかをしっかり把握しなければいけません。

基本的は計算法は以下のようになっています。

売掛金+棚卸資産-買掛金=運転資金

運転資金を借入するときは審査でどのぐらい必要なのかを質問されますので計算法を活用して明確にしておくようにしましょう。

どのぐらいを目安に借入すればいい?

運転資金を借入するときにどのぐらいを目安にすればいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。そこで借入するときの目安について見ていきましょう。

基本的には創業資金の1割以上が自己資金

運転資金を調達するときは融資を受ける形にないますので審査が行われます。

審査の可決の目安となるのは創業資金の1割以上が自己資金であることとなっています。

そのため創業資金が1000万円だとしたら自己資金は100万円以上用意しなければいけません。

自己資金以外を借入して補う形になりますので基本的な目安として考えておきましょう。

自己資金比率が高いほど審査が可決されやすくなる

unten-sikin-kariire

創業資金の1割以上を自己資金にしてそれ以外を借入するの運転資金の調達の目安となっています。

しかし自己資金を多く準備すれば融資を受けるときに信用度が高まるので審査が可決されやすくなります。

そのため自己資金を2割から3割程度準備した方が運転資金を上手に調達することができるのです。

必ずしも目安通りに借入すればいいというわけではありません。

なぜ運転資金が必要になったのかを明確に!

運転資金の借入をするときは審査でいろいろな質問をされます。

主に金額がメインになりますが、借入理由を質問されることも多いです。

そこでしっかり答えられないと業者側も不信感を抱いてしまうので明確にしておくことが大切になってきます。

  • 諸経費の支払いが増えて売上金の回収だけでは対応できない
  • 取引先からの売上金がなくなった
  • 売上向上のため新しい商品を仕入れたい

このように運転資金が必要になる理由がいくつかあるので審査で質問されたときに答えられるように準備しておきましょう。

借入希望日を明確に!

運転資金の借入の審査で担当者に情報を伝えますが、借入希望日を明確にしておくと可決率が上がります。

運転資金の借入が必要な理由の他にいつまでに借入をしたいとアピールすると業者側に事業に対する熱意が伝わるのです。

そのため業者側もサポートしてあげたいという感情が強くなり審査が可決されやすくなります。

借入希望額を明確にして審査でしっかり伝えるようにしてみましょう。

返済計画を立てておこう!

運転資金を借入するときは返済する必要があります。

業者側にとっては運転資金を貸した後にしっかり返済してくれるのかどうか少なからず不安を抱いているはずです。

そこで返済計画をしっかり立てて審査で担当者に伝えておくと効果的です。

計画的だと判断されて安心感が生まれるのです。

早めに完済することができる返済計画を立てておくと審査の可決率も大幅にアップするので意識してみましょう。

長期運転資金の借入は注意が必要!

毎月の資金操りが大変な場合は長期運転資金の借入をする必要が出てくることがあります。

審査で担当者に伝えると正当な理由と判断されて借入することができるケースも多いです。

しかし長期運転資金を借入するときは残高が減りにくい状態にもなるので業者側にとってはリスクもあります。

そのため逆効果となって借りにくくなることも少なくないのです。

長期運転資金を借入するときは慎重に交渉するようにしてみましょう。

まとめ

運転資金の借入はこのようにポイントになる点がいくつかあるのでしっかり押さえておくと上手くいくことが多いです。

また分からない部分や不安な部分がある場合は専門家に相談して効果的な方法で運転資金を借入していきましょう。

運転資金の確保にお困りではないですか?

  • 支払いサイトが長いため資金のやりくりに苦慮している…
  • 売掛金を少しでも早く回収をして運転資金にあてたい…
  • 急な支払いが発生したため運転資金が足りなくなりそうだ…
調達可能な目安額をかんたん無料診断

御社が調達可能な目安額をかんたん無料診断!!

日々、全国各地の社長様がぞくぞくと診断中!!

  • 診断数700件超
  • ご相談件数No.1

下記フォームの項目を選択して送信するだけ!
いますぐ無料診断をお試しください。

5秒でわかる!

かんたんな質問に答えるだけで、いくら資金調達できるかすぐ分かります。
10万~3億円の事業資金を最短即日で調達可能です。

【無料】資金調達金額を診断する

プライバシーポリシーはこちら

今すぐお金が欲しい!資金調達診断