資金調達ガイド

ちゃんと知っている?カードローンのメリットとは?

 

銀行、消費者金融、信販系など近年新しいカードローンが続々と登場してきています。クレジットカードと同じく使いすぎてしまえば当然危険なものとなりますが、メリットを知って正しく使用すれば便利なものである事は間違いありません。ここでは、カードローンのメリットについて詳しくご紹介しています。

カードローンとは

カードローンとは、銀行や消費者金融などの金融機関でお金を借り入れる事が出来るローン形態のひとつです。銀行や消費者金融などが発行するカードを利用してお金を借り入れる事から、一般的にカードローンという名前で良く知られています。他の融資やローンに比べると比較的審査が通りやすくなっているのが特徴的です。このため、カードローンは長らく銀行や消費者金融の主力商品として取り扱われているのです。

利用者の増加に比例して、現在では次々に新しいカードローンが登場して来ています。CMやインターネットで目にする機会も多いため、この機会にカードローンの申し込みを検討している方も多いかもしれません。カードローンの契約内容は発行元によって異なり、利用限度額や金利の面で違いが見られます。現在では数えきれないほどあるカードローンですが、自身に合ったものを選ぶのが大切なポイントだと言えるでしょう。

カードローンの種類

現在では様々なカードローンがありますが、取り扱う会社によっていくつかの種類に分ける事が出来ます。

・銀行系のカードローン(三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行など)
・消費者金融のカードローン(アコム、プロミス、アイフルなど)
・信販系のカードローン(楽天スーパーローン、三井住友カード、クレディセゾンなど)

銀行や消費者金融が取り扱っているものが主要なカードローンとなりますが、CMなどで目にする機会が少ないだけで身の回りには以外にも多くのカードローンがあります。また、こちらも銀行系のカードローンに分類されますが、最近では楽天銀行・じぶん銀行・ジャパンネット銀行などネット銀行が発行するカードローンも注目を集めています。

カードローンの仕組み

保証会社

銀行の融資や住宅、車のローンなどは一般的に保証人や連帯保証人などが必要となります。
一方、カードローンはそのほとんどが保証人不要となっており、代わりに保証会社が保証を行ってくれる事が多くなっています。ただし、保証会社を立てているのは銀行系のカードローンが中心となっており、先にご説明した信販系・消費者金融系のカードローンは自社で保証を行っている事が多くなっています。
このため、カードローンの申し込みの際は金融機関と保証会社という2つの会社の審査を通過しなければなりません。ただし、審査は入力情報を元にしたものと電話確認だけという事がほとんどですので、基本的には1回で済ます事ができるでしょう。

返済方式

カードローンの返済方式は取り扱っている会社によって違いが見られますが、分割払いの一つである「リボルビング払い」が最も多くなっています。クレジットカードのような少額の買い物・キャッシングなら一括でも問題はありませんが、カードローン利用者の使用金額は高額である事が多くなっています。そもそも、一括で返済する余裕があるのならカードローン自体使用しないのではないでしょうか。

クレジットカードに比べると返済方式の選択肢が少ないのが難点ではありますが、基本的にどのカードローンにも追加で返済を行う事が出来る「繰り上げ返済」を備えています。また、カードローンを利用する前に計画的な返済スケジュールを立てる事も重要と言えるでしょう。

カードローンのメリット5つ

ここからは、カードローンが持つメリットを5つご紹介いたします。前述したカードローンの種類によって違いがありますので、その点の情報も交えてご紹介したいと思います。

契約から借り入れまで手軽に行える

カードローンは手軽でスピーディに利用する事が出来るのがメリットの一つ。銀行系のカードローンに限らず、現在では至るところに設置されたATMを利用して希望の金額を借り入れる事が出来るため非常に便利です。
また、カードの申し込みや発行も現在はインターネットと電話確認のみで済ます事が出来る金融機関が多くなっており、契約から借り入れまでスムーズに行えるメリットを備えています。

何度でも借り入れできる

ローンと言えば一度の申し込みで希望の金額を借り入れるのが一般的です。このため、追加で融資を受けたい場合などは改めて申し込みを行う必要が出てきます。一方、カードローンは設定された利用限度額の範囲内であれば何度でも借り入れを行う事が出来ます。

クレジットカードと同じく、カードローンは申し込み者の年収や財産に合わせて適切な利用限度額が設けられています。この利用限度額の範囲内であれば、一回の利用でいくら借りるかはある程度利用者の自由に決める事が出来るのです。もちろん、利用しないという選択肢もあるため万が一に備えてカードローンを作っておくという方も多くなっています。

金利が低い

クレジットカードのキャッシングや貸金業など、主要な業者の金利はおおむね18%となっている事が多くなっています。これは、利息制限法という法律で定められている貸金業の金利が「元本額100万円未満で18%」となっているためです。
ちなみに利息制限法では「元本額10万円未満で年利20%」に設定できるとしています。しかし、キャッシングならば利用限度額が10万円以下・貸金業で言えば10万円以下で融資というのはあまり多くありません。つまりほとんどの業者は設定できるほぼ最大の金利で貸金業を行っているという事になります。

これに対し、カードローンの金利は14%前後という低い設定をされている事が多くなっています。特に銀行系のカードローンは金利を低く設定しているものが多くなっており、例えば上記でご紹介した主要な銀行系カードローンである三菱東京UFJの「バンクイック」の金利は400万円超~500万円以下で年1.8%~年6.1%です。
借り入れる金額によっても金利は変動しますが、18%よりも低い金利で借り入れる事が出来るカードローンは非常にお得であると言えるでしょう。

三菱東京UFJ銀行 「バンクイック」 http://www.bk.mufg.jp/banquic/index.html?pgid=07

総量規制の影響を受けない

総量規制とは賃金業法で定められた法律であり、年収の3分の1以上の金額は借り入れる事が出来ないというものです。総量規制が適用されるのは「個人向け貸付」となっており、銀行の融資やローンなどが当てはまります。カードローンももちろん「個人向け貸付」ですので総量規制の対象となりますが、唯一「銀行系のカードローン」のみこの総量規制の対象外となっています。これは消費者金融などのカードローンが「貸金業法」を適用しているのに対して、銀行系のカードローンには「銀行法」が適用されているためです。

このような事から、銀行系のカードローンは大口の融資を受ける際などに重宝されていました。しかし、前述した自己破産の増加問題などを受け現在では銀行が自主的に規制を行い、年収の3分の1以上の融資を行わない傾向が出てきました。ただし現在でも銀行系のカードローンは総量規制の対象外となっており、他社のローンを一つにまとめる「おまとめローン」などは年収の3分の1以上の希望額でも審査に通過する事が出来るようになっています。

限度額が大きい

その手軽さに比べ、カードローンの限度額は非常に高額です。低いものでも30万円~50万円、高額なものなら500万円~1,000万円の利用限度額を持つカードローンも存在します。特に銀行系のカードローンは前述した「おまとめローン」などを積極的に展開している事もあり、利用限度額も高額になる傾向があるようです。ただし、例え年収の3分の1以下であっても審査状況によってはいきなり高額な利用限度額は設定できないでしょう。

【カードローンのメリットまとめ】

審査も早く、なおかつ融資やローンに匹敵する限度額を持つカードローンは多くのメリットを持っています。
使用用途の明確化はもちろんの事、返済スケジュールをしっかりと立てて使用すれば便利なものである事は間違いありません。自身に合ったカードローンを見つけて、積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

こんなお悩みを抱えてはいませんか?
こんなお悩みを抱えてはいませんか?
  • 今すぐに1,000万円の事業資金が必要…
  • つなぎの資金を調達したい…
  • だれに相談すれば良いのだろう…

そんな経営者さまでも大丈夫!!
10万~3億円の事業資金を
最短即日で調達可能です!!

今すぐに資金繰りを改善しませんか?
あなたの資金調達可能金額はいくら?

今すぐかんたん無料診断!!
【無料】資金調達金額を診断する

無料診断後、あなたに最適な
資金調達可能の優良企業をご紹介させていただきます。
もちろん、手数料など一切の費用は要りません!!

今すぐお金が欲しい!資金調達診断