資金調達ガイド

親族間の貸し借りに贈与税がかかる?事業資金借り入れの注意点

 

金銭的な余裕がいる場合は、事業資金の借り入れなどを親族に頼るという方法が出てきます。親族からの借り入れであれば無利息や、低金利での借り入れが可能で、経営の自由度が大きくかわる場合があるからです。

しかし、税務署の目に気を配る必要があり、実質的に贈与とみなされれば贈与税の課税の恐れが出てくるのです。親族間の借り入れであっても借用書を作るなど、ある程度気を配るのが原則になります。

親族間の貸し借りが脱税の隠れ蓑になることも

親族間の資金の貸し借りは、脱税の隠れ蓑に使われることがあります。口約束で多額の資金を援助しながら約束が守られないことは多く、実質的な贈与になってしまうことがあるからです。

一定以上の金額を他人に贈与した場合は贈与税の課税対象になります。本人の認識や自覚ではなく税制上の問題が絡むため、税務署も厳しく追求せざるを得ないことは多いのです。場合によっては脱税として認定され、追徴課税などで余分なお金がかかってしまうこともあります。

大切なのは、税務署から指摘を受けた際に客観的に借り入れであることを証明できることです。親族間からの借り入れであれば、無利息で借り入れもありえます。しかし、短期間での返済めどが立たない場合は疑われる原因になり、返済の記録自体を残さなければ疑惑が深まる可能性も高まるのです。

後から説明し、実証できても、説明のための時間や資料作成の手間はかかります。贈与を疑われないように詳細をつめた方がプラスになるケースは多いのです。

親族間の借り入れでも借用書を作った方が良い

贈与税の課税を防ぐためには、お金を借りたという証拠と、返済しているという証拠が必要になります。確実な方法は借用書を作成し、借入金や返済期間、金利などの情報を明記することです。貸し手と借り手の署名捺印をセットにし、客観的にお金を借りているという証明にします。

返済の方法にも注意が必要で、現金で手渡しするのは避ける必要があります。相手の食事代や旅費を肩代わりするなど資金の流れが追いづらくなるものも危険です。事業資金としての借り入れであれば会社の口座から相手の銀行口座への振り込みを行うなど、目に見える記録を残すことが重要なのです。

どちらか一方でも抜けてしまえば、借入金であることの証明が難しくなります。お金をもっていても面倒な書類のやり取り自体が嫌いと言う人は存在し、親族間になると余計に傾向が顕著になるケースもあります。体裁を保てる人かどうかも確認し、お金を借りる必要があるのです。

無利息の借り入れが危険な理由は

親族間の借り入れであれば、無利息や超低金利での借り入れもありえます。しかし、税務署は市場の金利と比較した上で、贈与税の課税対象かどうかを疑うことに理解が必要です。市場と比べて著しく有利な金利を設定した場合、『経済的な利益を贈った』事実が課税の決め手になる場合があるからです。

親族間で借り入れを行う場合、他にどんな借り入れの手段があり、借り入れを行った場合はどの程度の金利が発生するかを調べる必要があります。確実なのは顧問の税理士にチェックしてもらうことです。市場と比べて不自然でない範囲に調整してくれるからです。借入金は使用目的などによって金利がかわるため、専門家に頼った方が確実に処理できます。

税理士を挟まない場合は合理的な範囲で利息をつけることが大切になります。税務署からの指摘をなくすことを目指すのであれば、相対的に利息は大きくなります。お金を借りるということは、貸す相手がお金を別な目的で運用すれば利益を生み出せるということです。お金がお金を生むという認識はしっかりと共有する必要があり、金利が過少でも過大でも問題を起こす可能性があるのです。

個人の税控除枠を生かすため、経営陣が借り入れを行い、会社に資金を貸すなどの迂回策をとる人もいます。しかし、資金の流れを追いかけられることになり、かえってマイナスになってしまうケースもあります。税務署は小手先の節税法では納得しないため、節約できるお金と時間が節税の割に合うかまで考える必要があるのです。

考えても矛盾を指摘されれば贈与税の対象と見られてしまう場合や、贈与税以外の税金がかかることもあります。税務処理は正しく行うことが前提になるため、解釈を歪めようとすればリスクが生じるのです。

最後に

親族間の借り入れであってもお金の貸し借りは厳密に行う必要があり、借り入れにも制限があることに理解が必要です。贈与税が課税されれば利用できる資金が少なくなるだけでなく、追徴課税の発生などで企業の信用性に傷が付く可能性もあります。税務の問題が絡むため、素人判断で曖昧にしてしまうのは危険です。

また、書類の手続きを面倒だと思う人がいる一方で、借用書の作成に積極的な人も存在します。マネーリテラシーは人によって異なり、入念な準備が借り入れのハードルを下げることもあります。

相手の不安を消すことと、企業が抱えるリスクを減らすことを念頭に、しっかりと調整を行うことが重要です。

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

こんなお悩みを抱えてはいませんか?
こんなお悩みを抱えてはいませんか?
  • 今すぐに1,000万円の事業資金が必要…
  • つなぎの資金を調達したい…
  • だれに相談すれば良いのだろう…

そんな経営者さまでも大丈夫!!
10万~3億円の事業資金を
最短即日で調達可能です!!

今すぐに資金繰りを改善しませんか?
あなたの資金調達可能金額はいくら?

今すぐかんたん無料診断!!
【無料】資金調達金額を診断する

無料診断後、あなたに最適な
資金調達可能の優良企業をご紹介させていただきます。
もちろん、手数料など一切の費用は要りません!!

今すぐお金が欲しい!資金調達診断