ファクタリング 即日/業者対応サービス、ファクタリング即日の流れを解説

資金調達をする際に求めるポイントの1つはスピードです。

即日、翌日とすぐにでも資金が必要という状況が生じることもありますので、スピーディーに調達できる手段をあらかじめ知っておくのは、経営者にとって大事なことです。

その点、ファクタリングは最短即日ですぐに現金を調達できる方法として注目されています。

目次

ファクタリング 即日/即日現金化が可能な仕組み

まず、そもそもファクタリングというのがどんな手法なのか、その特徴はどこにあるのかをチェックしてみましょう。

売掛金をファクタリング業者へ譲渡することで即日現金化が可能

これは売掛金を債権化して専門業者に譲渡し、その売掛金分の現金を早ければ即日で得るというものです。

売掛金は1か月後から数か月後かに支払いがあるということが確実に分かっているものの、その期日前までに現金が必要になることがあります。

その場合に、その売掛金を回収する権利を業者に譲渡することによって、現金を受け取るというシステムです。

負債にならずに即日現金が手に入る

売掛金を譲渡するのがこの方法の仕組みですので、業者からお金を借りるというわけではありません。

あくまでも売掛債権を譲渡、言い換えると債権の売却をするわけですので、借金をするのではないのです。

そのため、銀行融資などに付き物の負債を抱え、その後支払いの負担を持ち続けるということも生じません。

ファクタリングには担保や保証人が必要ない

そもそも売掛債権自体を譲渡することで現金を得るという手法ですので、他に担保や保証人などは必要ありません。

売掛金そのものがいわば担保、保証となっていますので、それ以外に業者に提供する必要はないのです。

そのため、売掛金さえあれば現金を得られるという、とても気軽に使える現金調達方法です。

ファクタリングは融資ではない

こうしてまとめてみると、この方法はあくまでも債権の譲渡益を得るものであり、融資とは全く別の資金調達方法となることが分かります。

経営状況や過去の融資履歴の関係で、銀行などの金融機関からもう融資を受けられないという状況にあるとしても、現金を得られるというのが大きな強みでもあります。

ファクタリング 即日/ファクタリングのメリット

factoring-sokujitu

最短即日のスピード資金調達

最短即日でスピーディーに現金を調達できるというのが、この売掛債権譲渡の大きなメリットの一つです。

売掛金を証明することができる契約書や台帳などがあれば、すぐに審査がなされ、問題ないと判断されると最短で即日銀行口座などに振り込まれます。

一般的な融資のように、申込者の情報をしっかりと精査して、信用状況がしっかりしているか、返済能力があるかなどをチェックする必要がありませんので、より早く現金を渡すことができるのです。

多くの業者でこのスピーディーさを売りとしていて、中には3憶円までなら最短即日対応が可能な業者もあるほどです。

経営者にとっては、まとまった額の資金を調達するために、一日を争う状況が生じるというのは少なからずありますので、そんな厳しい状況において即時受け取りが可能なこの手法は大きな助けとなるのです。

償還請求権なし、売掛金の完全買い取り

売掛金はたまに回収不能となってしまうことがあります。取引先が倒産してしまった、資金繰りが苦しくなり代金の支払いができなくなったなどの理由によります。

こうした事態が生じても、業者には償還請求権がありません。

つまり、業者は利用者に支払ったお金を返すように求めることはできないのです。

売掛金の回収をするという権利そのものを譲渡している、つまり完全買い取りをしているわけですから、売掛金の回収が不可能になったらその責任を負うのも業者というわけです。

こうしたことから、取引先の会社の経営状況に疑問を持っている、初回の取引で支払いがなされるか不安という時に、このサービスを利用することで、回収不能という事態を防ぐこともできます。

単なる資金調達だけでなく、リスク回避という目的でサービスを利用するのもありなのです。

黒字倒産・連鎖倒産リスクを回避

経営状況が良好で黒字経営をしているのに、取引先の倒産によって連鎖的に倒産してしまうという危険を多くの企業が抱えています。

取引先の倒産によって資金の流れが途絶え、キャッシュフローが滞ってしまって、期日までに支払いや仕入れのための資金を手に入れられないという事態に落ちることにあります。

その点、売掛債権の譲渡という手段を使うことによって、より早く確実に資金を手元に確保できます。

また、前述のように取引先の倒産リスクを回避する形で、売掛金を回収できるのです。

継続利用で買取り率が向上

売掛債権譲渡では、一定の手数料を業者に支払うことになります。

しかし、同じ業者を継続利用することによって、その手数料を抑え買取り率を上げることができます。

業者としても、売掛債権を購入するということにはリスクが伴います。

そのため、ある程度高めの手数料を受け取る必用があるのです。

しかし、すでに何回も債権を持ち込んできて、きちんと回収できているということが分かればリスクは減ります。

その分、手数料を下げてサービスを提供できるというわけです。

来店不要で審査が可能

多くの業者ではホームページでの申し込み、連絡通知を行っています。

そのため、申し込み手続きには来店の必要がありません。

審査が完了して買取りを実行する際にもメールなどで連絡を行います。

さらに、代金の支払いは銀行口座への振込となっていますので、全く来店の必要性がないのです。

信用情報に影響せず、融資NGでも利用できる

売掛債権の譲渡は融資ではありませんで、業者は信用情報機関に照会をして信用状況をチェックするという審査をしません。

売掛債権そのものが存在して虚偽がないということが分かれば、それで十分だからです。

そのため、一般ローンやカードローンなどの融資はブラックリストに入っていて無理という人、法人であっても問題なく資金調達ができるのです。

負債にならず 資本構成に影響しない

すでに手元にある売掛債権を譲渡して、その買取り代金としてお金を受け取るというのが、このサービスの仕組みです。

そのため、負債を抱えるわけではありませんので、企業の資本構成に影響を及ぼすことは一切ありません。

担保や保証人が不要 売掛債権を、いわば商品として売却するのがこのサービスですし、融資を受けるわけではありません。

そのため、サービス利用にあたっては担保も保証人も必要ありません。

誰かに迷惑をかけることもありませんし、担保に不動産などを取られてリスクを負うということもありません。

リスクなしで現金をすぐにもらえるというのが、このサービスの大きなメリットなのです。

運転資金の確保により新たな投資も可能

キャッシュフローを改善、もしくは早送りできるのがこのサービスの良いところです。

早めに得た資金を使って、さらに投資を進めることも可能です。

前倒しで資金を得て、それを活用できるというのは経営者にとってはかなり大きなプラス材料です。

より攻めの経営ができますので、事業拡大をしたい時などに大変役立つ手法と言えます。

ファクタリング 即日/ファクタリングのデメリット

上記のように、売掛債権譲渡にはたくさんのメリットがあります。

しかし、気を付けなければならない点もいくつか存在するのも事実です。

そのデメリットをあらかじめ確認しておき、サービス利用の際に留意しましょう。

ファクタリングの方法によっては手数料が高くなる

売掛債権を引き受ける業者も、回収不能というリスクを抱えます。

そのため、買取りにあたっては、相場として10パーセントから20パーセント程度の手数料を徴収しています。

会社や売掛金の種類、取引先の状況によって手数料が上がることがあります。

また、取引の形態によっても手数料が高くなることもあります。

一般的な融資の金利よりも高くなることが多いので、損のない資金調達方法なのかどうかを検討する必要があります。

売掛先へ通知する場合がある

3社間取引をする場合、つまり業者が直接売掛金の回収をするケースでは、売掛債権の譲渡がなされたということが通知されることとなります。

これにより、取引先との信頼関係が危うくなることもありますので注意が必要です。

もし、相手に売掛債権を譲渡したことを知られたくないのであれば、2社間取引をしている業者を選ぶべきです。

これは、通常通り取引先からの売掛金回収は自分で行い、その回収した代金の中から業者に支払いをするという方法です。

債権譲渡登記をする場合がある

2社間取引をしている業者の中には、債権譲渡登記を求めるところもあります。

確実に売掛債権を引き渡したということを、法的にも証明するためです。

特に売掛金の額が大きい場合に行われます。

債権譲渡登記には1万円超の手数料がかかりますので、その分トータルで支払う手数料の額が上がることになります。

売掛金の額の範囲内でしか資金を調達できない

売掛債権の譲渡では、あくまでも売掛金が商品となりますので、その代価以上の買取り金は付きません。

それ以上の資金が必要な場合には、他の手段を考える必要があります。

ファクタリング 即日/業者への必要書類

ファクタリングで即日に資金調達する場合、いくつか書類を提出する必要があります。

事前に準備しておき、手続きをスムーズに進められるようにしましょう。

社印及び印鑑証明書(発行日より3ヶ月以内のもの)

契約書を発効させるために捺印が必要となります。

法人としての申し込みをすることになりますので、社印とそれを証明する印鑑証明書を持参します。

商業登記簿謄本(発行日より3ヶ月以内のもの)

法人としての証明をするために商業登記簿謄本の提出を求める業者もあります。

これは必ずしも必須というわけではありませんが、売掛金の額によっては必須としているところもあります。

事前に書類提出が求められるかどうかを確認しておきましょう。

登記簿謄本の発行のために、事前に法務局に行かないとならず、手間と多少の手数料がかかるからです。

売掛債権の契約書

本当に売掛金があるのかどうかを知るために、それを証明できる何らかの契約書を持参します。

これが売掛債権買取りの最も大事なところですので、売掛の内容、代金の額、期日などがはっきりと記されているかどうかを確認するようにしましょう。

法人税確定申告書(税務署の印のあるものを3期分)

これは業者によって提出の要不要が異なります。

主に利用申込者の与信のために、本当に法人としての活動がなされているのか、どのくらいの規模の経営をしているのかをチェックする目的として利用します。

通常の経営活動で生じる取引額よりも明らかに大きな売掛債権が持ち込まれたら、業者が怪しいと判断することもあります。

審査のためには大事な書類となりますので、必要であると言われたら確実に準備しておきましょう。

今期の試算表(決算より半年以上経過の場合)

法人税確定申告書と同じように、利用者の審査のために用います。業者によって要不要は異なります。

請求書・納品書・発注書等、入金日記載の資料

売掛金の真正さを判断すると共に、その額や回収の可能性について判断する材料となります。

細かい資料となりますが、必要な場合はきちんと整理して提出しましょう。

預金通帳など(売掛先からの入金など過去の取引状態を確認します。) 売掛先から過去にきちんと入金があったかなどを判断するために用います。

取引状況が分かるページを見せることになります。

ファクタリング 即日/業者対応サービスの流れ

ファクタリングを即日取引したい場合にどのような流れで利用申し込みをするのかを確認しましょう。

ファクタリング 即日/申し込み

申し込みはホームページもしくは電話で行います。会社の住所や売掛先の情報、欲しい金額などを入力して審査結果を待ちます。

ファクタリング 即日/与信調査

業者による与信調査がありますが、早いと10分程度で終わります。取引先、利用者、売掛の内容をチェックして問題がないとなれば、かなり早いです。

ファクタリング 即日/面談

必要に応じて直接店頭や電話での面談を行います。ただし、これは売掛内容に疑問がある場合、代金が高額の場合などに限られます。

ファクタリング 即日/契約の締結

審査にパスしたら契約を結ぶことになり、正式に契約書を交わします。きちんと内容をチェックして捺印、署名しましょう。

ファクタリング 即日/振込み

代金はすぐに銀行口座へ振り込まれます。早ければ申し込み即日振込となります。

ファクタリング 即日/業者対応サービスまとめ

ファクタリングの最大のメリットは最短即日、遅くとも1週間程度で現金を調達できる点です。

ただし、ファクタリング会社は審査を行い、利用者や売掛金に問題がないか精査します。

また、ファクタリング業者がサービス対応する中で、所定の書類のチェックなどの審査手続きに時間を要しますので、即日の取引は時間に余裕を持って行う必要がある点は注意しましょう。

例えば、その日の夕方に書類を用意してファクタリング業者へ即日お金を用意してほしいと依頼しても、その日のうちに審査から決済、振込まではできません。

そう考えるとファクタリングを即日で行いたい場合は、当日の午前中なるべく早い段階で必要書類をすべて整え、業者へ対応してもらえるよう依頼することが大事になります。

今すぐお金が欲しい!資金調達診断